Q&A相談室|キャバクラとガールズバーの違いは?|高時給・高収入バイトならバイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

Q&A相談室 人間関係で悩んだ!お仕事で迷った!お金で困った!みんなの悩みや疑問を編集長が解決!!

ナイトワーク不動の人気、キャバクラとガールズバー。
お店の違い、お仕事の違いが知りたい!

Q&A相談室 TOP

お仕事相談

キャバクラとガールズバー、どんな仕事?どこが違う?

A

客席に座ってお客様と一緒に飲んだりできるかどうかが大きな違いです。 

 お客様の横に一緒に座って、いろいろと話をしたりお酒を飲んだりの「接待」をするのがキャバクラのお仕事。一方、ガールズバーはあくまでも「バー」なので、バーテンダーとしてお酒を作り、カウンター越しに接客するのが基本です。
また、キャバクラがきらびやかなドレスで接客をすることが多いのに対して、ガールズバーでも制服があるお店もあるようです。露出度が高いケースもあるので、自分のOKラインかどうか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。
また、そもそもの営業形態も異なっています。キャバクラは「風俗営業の接待飲食等営業」として各都道府県の公安委員会の許可を得て営業しています。業種としての「風俗」ではなく、あくまでも営業種別の問題。ゲームセンターやパチンコなどもこれに該当します。午前0時から日の出までの深夜は営業できないことになっています。
「ガールズバーは「深夜酒類提供飲食店」の許可が多く、その場合は終夜営業が可能。「風俗営業の接待飲食等営業」の許可の場合は深夜0時まで営業できる。

-->