読者インタビュー:ガソリンスタンドのアルバイト体験

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

カラーバイトル読者インタビュー 先輩たちに聞いてみよう!バイトをしていて楽しかったこと、面白かったこと、つらかったこと、忘れられないエピソードなどCOLORバイトル読者の皆さんに聞きました!

走って、笑顔で、接客スキルもバッチリUP!運動好きな女子にオススメしたい◎バイト!

M.Nさん
PROFILE
M.Nさん(22歳)

高校まではバスケットに夢中だった。出身は長野県。大学進学で東京へ。ガソリンスタンドのほか、焼き鳥専門の居酒屋、アパレルショップのほか、派遣登録で薬局の新商品の試験販売のバイトも経験している。

家から近くて、時給にも満足。そして、
何より“走りまわる”ことが魅力!

ガソリンスタンドでバイトを始めたのはなぜですか?

大学2年の時に、ガソリンスタンドのバイトを始めたのですが、動機は“からだを動かしたい”でした(笑)。ガソリンスタンドなら、走りまわることもあると思って、家の近くという条件で、バイトルを検索してみると、家から3分の場所で募集の情報を見つけました。調べてみると時給も高くて、1,100円。それも魅力でしたね。大学の講義が午後からの日もあって、朝から午前中だけ働くこともできました。そういう意味でも好都合でしたね。夏休みの時期には夜まで働くこともありました。私のまわりでは時給900円くらいのバイトが多いようですけど、200円の差はとても大きいと思います。もちろん、体を動かすことの爽快感も心地よかったです。

M.Nさん

常連さんや顔なじみのお客様ばかりで
働きやすい環境に恵まれた。

具体的には、どんな仕事をしているのですか?

接客が中心です。基本は車の誘導と給油、それに灰皿の掃除や窓ふきなどをスピーディーに行います。そのほかには、洗車の場合、洗車機への車の移動があります。手洗い洗車の時は、文字通り手で洗います。また、私が働いていたガソリンスタンドではレンタカー事業も行っていたので、その対応もしていました。事務の方のお手伝いで簡単な事務作業やコピー取りなども担当していました。女の子ということもあって、スタッフの皆さんからは大事にされていると思います。都心という場所柄、社用車が多く、常連さんとか顔なじみのお客様ばかりというのも働きやすかった理由ですね。時には、お菓子やジュースを差し入れしてくれるお客様もいて、うれしかったですね。芸能人の方が来たときは、『ラッキー!』なんて、内心思っていました(笑)。ほかにも日ごろ縁のない高級車を間近で見られることも、このバイトの特権でしたね。

女の子には、『隠れ特典』がいっぱいで
働きやすさがグッドなガソリンスタンド

ガソリンスタンドのバイトを考える人にアドバイスをください。

体を動かす爽快感を得られることはもちろんですが、特に女の子にとっては穴場だと思います。ぜひ、チャレンジしてほしいと思います。やさしくしてもらえるし、差し入れもありますから(笑)。お客様との会話の中から、いろいろな知識も得られることは、良い経験になります。コミュニケーションを楽しめる人には、お勧めですね。一度、灰皿を壊してしまったことがあって、それでもお客様への真摯な対応をしたことで、「もともと具合が悪くて買い替えようと思っていたから気にしなくていいんだよ」と声をかけていただいたことがありました。日ごろから親しくコミュニケーションしていたから、お客様との信頼関係みたいなものがあったのだと思います。女の子だったからというのも大きかったのかもしれませんね(笑)

M.Nさん

「バイトで稼いだお金は、趣味や娯楽のために使います。特に食べることが大好きなので、美味しいものをたくさん食べちゃいます(笑)」

ワンポイントJOBアドバイス イメージ

取材を終えて~ワンポイントJOBアドバイス

バイトは、人生経験の場だと思います。ガソリンスタンドのバイトを通じて、人との接し方を身につけることができた気がします。それは、就職活動を通じても、感じました。お客様との会話の中で、小さな気遣いや丁寧な言葉遣いが大切なことを、知らず知らずに学んでいたのだと思います。私のような学生にとっては、社会に出る前に社会を学ぶ重要な場になりました。同世代だけではなく、ガソリンスタンドのように自分より年上の方たちと接して、いろいろなことを学べるのは、貴重な時間だと思います。(M.Nさん)

-->