読者インタビュー:東京ディズニーランドのアルバイト体験

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

頑張る先輩に聞いてみよう!頑張っている先輩の経験からアルバイトのやりがいや楽しさを皆さんにお伝えします!

ゲストの皆さんにハピネスをお届けするために最善をつくしたい!

澤田麻梨子さん
PROFILE
澤田麻梨子さん(27歳)

「ゲストにハピネスを届けることで、逆にゲストの皆さんから元気をいただいています」という澤田さん。その元気を原動力に、笑顔を絶やすことなく、大勢のキャストたちと力を合わせて仕事に取り組んでいます。

親子連れのゲストとのふれあいから
後日、お手紙や写真が届けられた。
それは彼女の大切な宝物。

素敵なエピソードをお持ちだとお聞きしました。

閉店間近の店舗の扉付近で、ゲストの方々をご案内していた時のことです。小さな女の子と男の子と連れたお母さんが、私に近づいてきて、ハピネス・シェアスポットの場所を尋ねられました。5ヶ所のチェックポイントにアクセスしていただくというプログラムなのですが、そのご家族は4ヶ所をクリア。あとひとつだけでした。時間は迫っていましたが、何とかしてあげたいという思いが湧きあがって。調べてみると、残りのポイントが私の店舗のそばだったので、急いで一緒に行って、試してみました。すると、間に合ったのです。もう、みんなで喜び合いました。お母さんの目には涙も浮かんでいました。エントランスまでお見送りしている間、女の子は手をつないでくれて、記念写真まで撮っていただいて。私まで幸せな気持ちになることができました。その後、写真を同封したお手紙をいただきました。写真は、私の部屋に飾ってあります。もう、宝物ですね。

澤田麻梨子さん

運命を感じた採用の知らせ。
アメリカ留学ではなく、
キャストになることを決断。

東京ディズニーランドで働きたいと考えたきっかけは?

私は出身が和歌山県ですが、東京ディズニーランドは、小さい頃から何度か両親に連れてきてもらっていて、とても大好きでした。小学生の時、親切に対応してくれたキャストの優しいお姉さんに憧れて、漠然と私もいつか働いてみたいと思うようになっていました。ところが、具体的にどうすればいいのかわかりません。時が経って、短大を卒業し、私はアメリカに留学していました。子供の頃の憧れも忘れていましたが、たまたま冬休みで帰国した時に、ウェブサイトでキャスト募集の告知を見つけたのです。応募しましたが、応募結果をいただくまでに時間が必要なこともあり、『冬休み期間中には間に合わないかも』と思い始めた矢先に採用の知らせをいただきました。アメリカに発つ前日でした。もう、運命だと感じました(笑)。そして、留学を継続せずに、東京ディズニーランドで働くことを決断したのです。3年前のことでした。

お仕事の魅力はどういうところですか?

私が働くグランドエンポーリアムは、パーク内最大のショップで、ぬいぐるみやステーショナリー、インテリア用品まで、豊富な品ぞろえを誇っています。アルバイトを始める時はまず導入研修を受け、その後それぞれの配属先でOJTを受けます。配属先では必ずマンツーマンでトレーナーがつき、キャストデビューまでつきっきりで仕事を教えてくれます。今でも私のOJTを担当してくれたトレーナーには相談することもあり、とても心強い存在です。キャストには「M・A・G・I・C」という5段階のグレードが設定されていて、頑張り次第でグレードアップにトライすることができます。私は現在、Gキャストとして、後輩の育成にも取り組んでいるところです。キャスト同士も仲良くて、本当に楽しみながら働き、成長することができます。パークに入ってすぐの、エントランスに近いショップなので、ゲストの方々の「帰りたくない」という言葉を耳にすると、一日楽しんでいただけたのだと心からうれしくなります。ゲストの皆さんに最善を尽くす。それが私たちの役割だと信じて、これからもゲストの皆さんにハピネスをお届けしたいと思っています。

澤田麻梨子さん

ゲストにハピネスをお届けする2つの店舗

グランドエンポーリアム

パーク最大の店舗「グランドエンポーリアム」

東京ディズニーランドで最大のショップが、グランドエンポーリアム。ミッキーがオーナーのお店としても、広く知られています。約250名のキャストが力を合わせて、ゲストの皆さんと、ホスピタリティの心で触れ合うショップです。エントランスに近く、東京ディズニーランドでの一日をたっぷり楽しみ、思い出づくりに立ち寄るゲストが多いのも特徴。キャストは、そんなゲストの皆さんに最後までハピネスをお届けするという、大切な役割も担っています。

ボン・ヴォヤージュ

パークの雰囲気が感じられる「ボン・ヴォヤージュ」

ボン・ヴォヤージュは東京ディズニーランドと舞浜駅の間に立地し、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーどちらの商品も扱う園外の大型店舗。約200人のキャストが所属しています。東京ディズニーランドや東京ディズニーシーだけでなく、イクスピアリを訪れた方もお越しになり、グッズや店内の装飾からパークの雰囲気を感じることもできると好評です。もちろん、キャストも東京ディズニーリゾートの一員として、ハピネスを届けるために、笑顔でイキイキと働いています。

(c)Disney

お仕事情報を見たい方はこちら
-->