読者インタビュー:テレフォンマーケティングのバイト体験

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

バイトル読者インタビュー 先輩たちに聞いてみよう!バイトをしていて楽しかったこと、面白かったこと、つらかったこと、忘れられないエピソードなどバイトル読者の皆さんに聞きました!

電話の営業で、しっかり稼いで、コミュニケーションスキルも向上。自分を強くしてくれたテレマ(※)バイト!

※テレマ:テレマーケティングのこと。お客様が問い合わせのために電話をかけてくる「インバウンド業務」と、商品やサービスを案内する「アウトバウンド業務」がある。

A.Iさん
PROFILE
A.Iさん(22歳)

北海道の北部の出身。そのためウインタースポーツ、特にスノーボードは得意。またロック系の音楽も大好き。以前はバンドも組んでいたが、今は休止中。オフタイムに部屋にいる時は、ギターを弾いていることが多い。

『人と話すのが好き』を活かして
海外旅行資金作りのために
あえて挑戦した電話による営業。

なぜテレマのバイトをはじめたのですか

大学4年生になって時間もできたので、『空いた時間をうまく使って、稼ぎたい』というのが大きな理由です。できることなら週5日のペースで働きたかった。それまで、フード系のバイトをしていたので、そのまま継続することもできましたが、ずっと立ちっぱなしで毎日働くのは、体力的に厳しいかな、と。それでオフィスでの仕事で、しかも稼げる“テレアポ”をキーワードにネットで検索しました。見つけたのは、大手通信サービスのテレマのアウトバウンドの仕事。もともと人と話すのも好きでしたし、アウトバウンドに近い電話の営業は、以前少し経験したこともあるので、すぐに応募しました。時給1,500円と高時給だったのも魅力です。1日8時間、週に5日間働けたら、まとまった金額になりますので、これなら旅行資金を貯めるにも大丈夫かなと思って始めました。オフィスワークも、社会人になる前に経験しておきたかったということもあります。

A.Iさん

苦労したことはどんなことでしたか

オフィスの中で電話でのご案内が仕事ですから、服装は自由。一緒に働く仲間たちは、同世代のほかに年上の人たちも結構いましたけど、オフィスの雰囲気は和気あいあいとして、仕事はしやすかったと思います。最初の試練は、働き始めてから3週間ほど経った時に訪れました。アウトバウンドの仕事なので、リストをもとに、企業や個人事業主の方たちに電話をかけていくのですが、1日で10件以上のクレームが続いたことがありました。通信サービスを案内するのに、説明することに熱心になりすぎて、クレームになってしまったんですね。その時は、さすがにへこみました。でも、自分のやり方に課題があったことが分かりましたし、『こんなことで負けたくない』という気持ちもあって、翌日から切り替えて、また電話をかけ始めました。“お客様のお話をよく聞く”ということと“お客様のお話を否定しない”の2つに注意して、お電話をするということに心がけたんです。すると、お客様と電話でお話する時間がふえ、契約もとれるようになってきました。

自分で考え、話し、判断して進めていく
だからこそ、苦労のあとの達成感も大きい

嬉しかったのはどんな時ですか

ある会社の社長と電話でお話をしていた時に、『通信サービスのメリットはよくわかったけど、うちの場合は、システム会社に全て任せているから、そちらと相談してください』とおっしゃられたんですね。それから、システム会社と連絡をとって、様々な手続きをこちらで行って、無事に契約にこぎつけました。その時はものすごく達成感がありましたね。また、クレームが続いてへこんだ時にそこで辞めなくてよかったなと、改めて思いました。そこでふんばったからこそ、味わえた達成感だと思いますし、その時に、『ここで辞めたら、この先、社会人になってもすぐに負けちゃう』と思って、こらえたのが良かったと思います。それに、しっかりやれば稼げますから。始めたばかりで辞めてはもったいないですよね。失敗したことでコツもつかめたので、続けたことで自分の力にもなりました。社会人になる前に経験できたことが本当によかったと思います。

A.Iさん

「海外旅行は、東南アジアを回りたいと思っています。今、注目されているエリアですから、自分の目でしっかり見ておきたい。卒業までには行く予定です」

 

読者のワンポイントJOBアドバイス イメージ

読者のワンポイントJOBアドバイス

話すのが好きで、めげない気持ちがある人なら、絶対にオススメしたいバイトです。オフィスの雰囲気も、服装がカジュアルなこともありますが、とてもフレンドリーでした。テレマのバイトでは、ドリンクは必須アイテム。1日に2?も飲む人もいます。話をする仕事なので、口も喉もカラカラになりますから。でも、テレマでアウトバウンドの場合は、お客様から厳しいことを言われたり、すぐに切られることも多いので、気持ちを強く持つことが大切。電話のあとに気持ちを切り替えたり、うまく行った時はみんなで盛り上がったりしながら、仕事をすることがうまくいくコツかもしれません(A.Iさん)

-->