YouTuber(ユーチューバー)がYouTube動画で稼ぐ方法(1)「YouTuberとは?」|バイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

「動画配信で高収入」の実態に迫る!YouTuberってどんな仕事?

FacebookやtwitterなどのSNSツールを使って文章や画像・動画をアップしたり、オモシロネタを共有したりと、気軽に情報を発信し合うこの頃。YouTubeやニコニコ動画といった投稿動画配信サービスを開けば、自作の動画を投稿している人がたくさん。すごい儲かっている人もいるって噂もよく聞く話。今回はそんなYouTubeを主戦場にしているYouTuberの実態に迫ります!

YouTuberってどんな人

YouTuberってどんな人

パフォーマーや俳優の卵から、ごく普通の会社員、大学生や子どもまでいるYouTuber。特技やネタをおもしろおかしく披露するなどして、ファンを増やして収入を得ている様子。

「いっちょやってみるか」とやる気が湧いてきた!でも、どうやって動画を撮ればいいのか、編集ってどうするのかなど疑問だらけ。そこで[動画 カンタン]など片っ端から検索してみると、ためになるサイトを発見!

今すぐ儲かる、その仕組みとは

今すぐ儲かる、その仕組みとは

じゃあどうやってお金が稼げるのかというと「動画に広告を入れて、その再生回数に応じて広告主から報酬をもらう」という仕組みなのだとか。以前は一部の提携法人だけ広告掲載ができたけど、今はYouTubeのアカウントさえ持っていれば一般ユーザーでもOKになったんだって。

広告タイプは大きく分けて3種類

1.インストリーム広告
動画の最初に流れるCMみたいなもの。30秒以上視聴されるか、その広告を視聴者にクリックしてもらえると報酬が発生。
2.In Video広告
再生されてから数秒後に、ピロッと画面の下に横長で現れる広告(オーバーレイ広告)。残念ながらこのタイプは視聴者が広告をクリックしないと報酬が発生しない。
3.ディスプレイ広告
再生されている動画の画面右側に表示されるバナー広告。これも、視聴者にクリックされないと報酬が発生しない。ちなみに、このディスプレイ広告は、一番クリック単価が低いらしい。

YouTubeへアップのフロー

じゃあ、実際にどんな流れでアップすればよいのか、わかりやすく解説しよう。

YouTubeへアップのフロー図

詳しい操作手順はこちらをチェックしよう

※利用規約や著作権などルールもいっぱいあるのでよく理解したうえでおもしろ動画をアップしよう!

儲かる動画デクニック

本気で始めたい人には、儲かるテクニックやノウハウがわかるサイトもチェック!

みんなに見てもらえる人気動画の作り方やコツを13のポイントで完結に解説した"WAYOHOO.COM"

時間があってじっくりゆっくり勉強したいならGoogle公認のオンライン講座"YouTubeクリエイターアカデミー"が最適。世界中の人気YouTuberが「動画ノウハウ」を伝授!※英語(日本語字幕あり)

次のページではあのカリスマYouTuberを徹底取材!

-->