バイトルシフト導入事例紹介 「日本の御馳走えん様」

日本の御馳走えん様
販売(飲食)
38人

店長様に導入後の変化や使い方についてお話を伺いました。

●シフト作成に変化はありましたか?

パソコンを開くと、スタッフからの申請が既に反映されているので、そこから微調整をするだけでシフト表が完成します。配置人数が設定できるので、予算枠を超えるなどのミスも発生しなくて便利です。

足りない日や急な欠員が出た時は、一斉メール配信機能がとても便利です。返信が会社のパソコンで受信できるので、一人ひとりに電話連絡するよりも連絡スピードが早くなりました。チェック1つで全員にメールを送れるのは良いですね。お店のニュースや新人紹介、私が不在時には注意事項や頑張れメールなどにも使っています。オープニングの店舗であれば、オープニング前に連絡することが多いので便利だと思いますし、定着も早いと思います。

シフトを作成すれば、人件費を自動計算してくれるので、正確な人件費予測ができるようになりました。

●スタッフの方々はどうでしょうか?

画期的、前のやり方より良いという意見が出ています。
面接時に、シフト作成はこんなツールを使っているという説明をすると、好感を持ってくれるスタッフが多いです。
採用につながるので、その点でも助かっています。

シフト管理の悩みをバイトルシフトが解決します!
「バイトルシフト」トップへ
「バイトル」トップへ
このページのトップへ