藤岡弘、★スターアルバイト烈伝(前編)|バイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

スターアルバイト烈伝★藤岡弘、(前編)

50種類以上ものアルバイトを経験した藤岡弘、が語る「働く上で大切な3つのこと」とは……? みんなのヒーロー・藤岡弘、からの熱いメッセージをお届けします!

藤岡弘、

Profile

俳優・武道家。1965年松竹映画にてデビュー。1971年『仮面ライダー』で一躍ヒーローに。映画『日本沈没』『野獣死すべし』『大空のサムライ』他、主演多数。テレビ『勝海舟』『白い牙』『特捜最前線』『あすか』『藤岡弘、探検シリーズ』他、主演多数。アクションシーンにおいてはスタントを使わず自らこなすアクション俳優として映画界を牽引してきた。

1984年にハリウッド映画『SFソードキル』に主演し、日本人で初めて全米映画俳優組合の会員となる。その後、海外の映画でも『香港・東京特捜刑事』『K2』等で主演。斬(真剣による演武)を行う武道家としても知られ、柔道、空手、刀道、抜刀道、小太刀護身道他、あらゆる武道に精通。国内はもとより世界数十カ国の紛争地域、難民キャンプにて救援や支援活動を展開してきた。

2014年春、映画『仮面ライダー大戦』で38年ぶりに本郷猛(仮面ライダー1号)を演じることで、更に注目を集めている。

●藤岡弘、オフィシャルサイト
http://www.samurai-hiroshi.com/
●藤岡弘、オフィシャルブログ「藤岡弘、の侍道」
http://ameblo.jp/samurai-do/

■『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』
2014年3月29日(土)公開

15人の平成ライダーと仮面ライダー1号を始めとする15人の昭和ライダーが激突する、禁断のストーリー。その結末は、はたして!?

あきらめない

■『あきらめない』藤岡弘、著  メタモル出版 発売中

今こそ、“変身(心)”せよ!!
もうマニュアルを頼みの綱とし、合理的に要領よく生きることは通用しない時代!
藤岡弘、が今、大切だと感じていること、伝えたいことを網羅した、
すべての人に伝えたい熱きメッセージ。

前編

藤岡弘、

何を学びたいのかを意識すれば
アルバイトは素晴らしいものになる

 アルバイトは、お給料をもらうことだけを目的にするのではなく、自分がそのアルバイトを通して何を学びたいのかを考え、意識することが大切だと思います。  私は50種類以上のアルバイトをやりましたが、一つとして無駄なアルバイトはなく、すべてが自分の糧になりました。職人の匠の世界から接客業、普通の企業まで、そこには様々な人間関係があることを知ると同時に、すべてにおいて基本となるのは人間関係なんだなと学びました。

 大切なのは人の縁、ですよね。人と人が関わり合う心こそが、仕事そのものやそこで働く人の人生を左右するんだなと。仕事においては、モノ、人、言葉の3つが重要です。モノに対する心の持ち方、人との気配りや気づかい、言葉で表す人への尊敬の念、思いやる心、そうしたことを意識できるかどうかで仕事の結果も違ってきます。 ただお金が欲しいという気持ちだけでは、やがて、お給料が安い、なぜあいつばかり優遇されるんだなどと、心の中に不平、不満、愚痴が生まれてくる。それでは仕事も楽しくないですよね。心の持ち方ひとつで、人間関係を学びながら、一生の付き合いとなる素晴らしい出会いもあるはずです。ハッキリとした目的意識が、アルバイトで大切なことだと思います。

藤岡弘、

怒られたりするのは当たり前
愛情や叱咤と考えればいい

 初めてアルバイトをしたのは中学生の時。春の花見の席でお酒やドリンク、アイスクリームを売りました。その時のバイト代で買ったのは中古の自転車です。安いからと買ったら、乗ってるうちにどんどん壊れてしまうんですね。部品を探し、修理し、また壊れて、また修理する。そんなことを繰り返していたら、いろんな部品が組み合わさったオリジナルの自転車ができあがってしまった。そうすると愛着がわく。のちにバイクを買った時も、壊れては修理する、の繰り返しでしたね。

 高校時代は柔道部にいましたが、同級生の皆は新しい柔道着なのに、私の柔道着だけが古着でボロボロなんです。柔道着に書かれたそれまで着ていた人の名前を何度もこすって消して、その上に自分の名前をマジックで書いて……。

 様々な職人さんのところで働いた時は、何度も怒鳴られ、怒られましたが、職人の方々の生き様、真剣に仕事に向き合う姿に感動しました。キツイ、危険、汚いなんて当たり前の世界でしたが、モノづくりに対する心意気に圧倒され、ここまで真剣に向き合えば、できあがったモノへの感動が生まれる。アルバイトで怒られたり、怒鳴られたり、そんなことに落ち込んでいてはダメです。それはむしろ愛情、叱咤をいただいていると思えばいい。

-->