デザイナーのアルバイトを探すならデザイナーバイトル

エリアから探す

エリアを選択してください

チューイチ

エリアから探す

新着仕事一覧

この条件で探している人に、人気の条件はこちら

アシスタントデザイナーのお仕事内容

アシスタントデザイナーのお仕事は、デザイナーの手足となってサポートする業務全般を指します。通常デザイナーは、同時にいくつもプロジェクトを抱えているので、アシスタントデザイナーにサポートして欲しい業務も多岐に渡ります。例えば、デザインを行う場合、いきなり書き起こす訳ではありません。最初にクライアントからの依頼内容を確認し、必要となる資料や情報を探すことから始めるのです。アシスタントデザイナーのお仕事にはこのような付随業務も含まれます。言い換えると、この作業だけがアシスタントデザイナーの業務という基準はなく、例えば型紙を起こして洋服の設計図を作れれば、それに付随する幅広い業務を担当することになります。最初は実務未経験でバイトやパートで働き始めたとして、現場の経験を積んでいずれはデザイナーを目指して行くのであればさまざまなことを学んでいくことが重要です。特に現場で見聞きしたことは、デザイナーとして働く上でとても貴重な経験となります。アシスタントデザイナーとして働くのであれば、経験を積むためにも任せてもらえる仕事を増やして行けるようにしましょう。また業務の進め方によっては、コンピュータを積極的に使用することがあるので、ペイント系やドロー系のアプリケーションを扱うことも珍しくありません。

ファッションデザイナー(アパレル系)のお仕事内容

ファッションデザイナーのお仕事は、プロジェクトの規模によって異なります。もちろんデザイナーなので洋服などをデザインすることが求められるのですが、自らが中心となって独自のブランドを持っている場合とメーカーから指示されてデザインする場合でもデザイン方法が変わります。また、国内にとどまらず、海外マーケットにも販路があるプロジェクトに関わるケースでは、生活の拠点を海外に置くことも珍しくありません。当然、周囲のスタッフとは日本語以外の言語で話す必要があったり、世界の文化やマナーに精通していることも求められます。さらに、ファッションデザイナーには必ずクライアントと呼ばれる相手が存在します。例えば洋服を購入してくれる消費者やプロジェクトの資金を提供する会社がクライアントにあたるでしょう。クライアントに求められているニーズを読み取り、そこにデザイナーのセンスや個性を取り入れながら、期待以上のデザインを生み出すことが欠かせません。成果が上がれば、依頼されるプロジェクトも大きくなり、さらに自由度が増した環境の中でデザインを行えるようになるからです。センスや個性がデザイナーに求められると思われがちですが、それ以上にクライアントに満足してもらえる仕事ができることが基本になります。

未経験からデザイナーになるには

ファッション業界に身を置くためにはも、服飾系の学校で知識を学んでおくと有利でしょう。また実務未経験でも、実務経験を積ませてデザイナーまで育てようと考える企業もあります。特にファッションデザイナーには、コミュニケーション能力が求められるでしょう。自分のデザインを説明するときや相手の考えや想いを聞き出すときにも大切なスキルだからです。なので、例え実務が未経験でも面接ではチェックされるポイントの1つと言っても良いでしょう。さらに型紙を起こせるようになっておくこともポイントです。型紙はパターンとも言いますが、これができるとデザインしたものを実際の洋服として作ることができるので、アパレル系デザイナーとして身につけておきたいスキルです。デザイナーになるためには、なにより洋服が好きで幅広く情報収集するリサーチ力もポイントです。流行のデザインやコーディネートに敏感であれば、デザイナーとしてクライアントの要望に応えることができます。未経験からデザイナーになるためには、服飾としての知識や経験と流行やニーズを収集する情報力の両方が必要です。特に服飾系の知識が少ないと、せっかくイメージしたデザインも形にすることができません。働きながら現場で学んだり、学校や独学で身につけるように工夫すると良いでしょう。

時給制と業務委託契約の違い

バイトやパートで働くときの契約には、一般的なものとして時給制があります。これは1時間あたりの時間給が契約で決まっていて、働いた時間に応じて給与が支払われるシステムになります。それ以外に、業務委託契約というものもあります。こちらの契約では働いた時間の長さで給与が決まるのではなく、作業内容に着目し支払われるのが特徴です。具体的には、型紙を起こせばいくらと事前に決められていて、成果に応じて給与が支払われます。特にファッション業界の場合、仕事の進み方にどうしても波があります。場合によってはプロジェクトがしばらく動かないこともあれば、いきなり動き出して忙しくなることも珍しくありません。そんな実情に合わせて業務委託制を採用する企業もあるのです。また、デザイナーのようなクリエイティブな職種の場合、依頼されたプロジェクト単位で管理すると便利だったりします。委託制であれば、時間的に融通が利くので、例えば新規のデザイン案を考える際にも自宅やお気に入りの場所で仕事ができます。業界ごとのスタイルによって、または個々のプロジェクトによって、適した契約方法は一概には決められません。しかし、アシスタントデザイナーのケースでは、一般的に時間給を採用していることが多いようです。

デザイナーのバイト/アルバイト/パートの求人情報

デザイナーのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。短期の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!
ページトップへ