雑貨販売のアルバイト・バイト・パートの求人情報特集~短期・単発などの仕事情報も満載!

雑貨販売バイト特集
バイトル  >  雑貨販売バイト特集

雑貨販売バイトをエリアから探す

北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

雑貨販売で求められる人材とは

雑貨にもいろんな分野がありますから、自分が好きな分野の品物であれば興味や愛着を持って仕事に打ち込むことができるでしょう。商品知識が豊富になってくればお客様とのコミュニケーションを楽しみながら、よりお客様が喜んでくださる関連商品も併せてお薦めしたり、お客様のお役に立つ、さらに喜んでいただける情報提供などもできるようになります。商品ひとつひとつを愛情を持って大切に取扱うことで商品に対するお客様の思い入れも大きくなるため、細かく丁寧な仕事が好きな人に向いています。 接客中はお客様との会話が仕事の中心になりますから、仕事を逸脱しない範囲でおしゃべりが大好きな、自分の話のペースに相手をまきこんでしまうようなコミュニケーション力の高い人にお勧めのお仕事です。

雑貨販売バイトをこだわり条件から探す

エリアを選択

関東の雑貨販売バイト

東海の雑貨販売バイト

関西の雑貨販売バイト

北海道・東北の雑貨販売バイト

甲信越・北陸の雑貨販売バイト

中国・四国の雑貨販売バイト

九州・沖縄の雑貨販売バイト

 

雑貨販売バイトの仕事求人一覧

雑貨屋バイトの面接ココが大事

  • 試されるコミュ力…

    試されるコミュ力…

    雑貨屋のバイト面接に臨むには、ナチュラルメイクでこざっぱりした服装で出かけましょう。面接では笑顔で明るく受け答えをします。商品販売の仕事であるとともに、お客様に雑貨の商品説明をしたりコーディネートをしたり、お探しの品を案内する仕事ですから、コミュニケーション力が必須。
    面接の場では、コミュニケーション力が試されていることを忘れないでください。雑貨の知識は必ずしも必要なく、仕事をしながら覚えていくのでかまいません。もっとも雑貨が好きなことや、お店のコンセプトに共感していることなどをアピールするといいでしょう。ただ販売をするだけより、販売する商品に興味や愛着がある方が望ましいためです。

  • お店のイメージに合わせる

    お店のイメージに合わせる

    まわりを華やかな気分にしてくれる雑貨屋で働くためには、スタッフとして店のイメージに合ったファッションを身に着けることです。洋服やアクセサリーなど身に着けている物にこだわり、メイクで雰囲気を作ることが大切です。
    面接の前に店舗を下見してどのような商品が販売されているか、または店内の雰囲気を掴むと良いでしょう。 そして接客業になりますので、お客様とのコミュニケーション能力が必要になります。話すのが得意だったり、簡単な知識を事前に覚えておくのも好ポイントです。
    また、商品のレイアウト替えや仕入れの管理など、機転が利いて積極的にアイディアを発案出来るような人材が求められます。面接時には自分の考えや今後どのような商品を販売したいかなど、雑貨屋で働く向上心をアピールしましょう。

  • お店のコンセプトを知る

    お店のコンセプトを知る

    雑貨屋は、それぞれの店舗で特色のあるお店づくりを心がけているのが特徴です。バイトの面接でもお店の特色にマッチするのか、というのが採用の大きなポイントになります。漠然と雑貨が好きだというだけではなく、お店のコンセプトに興味や関心を持っている部分をアピールするといいでしょう。
    また店舗での商品陳列やディスプレイの他、ポップが書けるといった特技や経験も強みになりますので、イラスト等が出来る人はアピールしてみるのも良いでしょう。
    お店によっては多くの商品を取り扱っている所も多いですから、集中力や理解力が求められます。また、てきぱきと仕事をこなしていく姿勢が重要視されます。ハキハキとした対応を心がけましょう。

雑貨屋バイトのアンケート調査

雑貨販売の主な仕事内容

雑貨販売のアルバイトは、お客様にグッズの説明をしたり商品選びのお手伝いやお薦めをしたりという接客を中心とした仕事と在庫管理や品出し・梱包~発送といったバックヤード中心のお仕事に分かれます。規模の小さなショップでは両方をひとりでこなす場合もあります。仕事に慣れてくれば商品の仕入れなどに携われる可能性もあり、仕入れ商品のチョイスなどで自分の知識やセンスを活かすチャンスも増えるかもしれません。 ある程度接客を任されるようになると、自分のショップの商品知識だけでなくその分野の幅広い知識なども身につけ、お客様へ総合的なアドバイスをするといったレベルの高いお仕事も任されるようになってきます。チェーン店などの場合はチーフや店長などへのステップアップのチャンスも巡ってくる可能性があります。

バイトルからのワンポイントアドバイス

小さなショップの場合は、しばらく働いているうちに「小売業の基本とコツ」のようなものがひと通り学べます。「将来自分のお店を持ってみたい」という方にはチェーン店よりも小~中規模の個店の方が向いているかも知れません。 人気ショップなら、有名人に会えたり、雑誌の取材を受けたりといった、ちょっとドキドキすることがあるかもしれません。 雑貨販売のお店は、お店を好きになってたびたびお買い物してくださるリピーターのお客様の存在が欠かせません。お客様への感謝の気持ちや商品への愛情を大切にしてください。