勤務地から求人情報を探す

職種から求人情報を探す

新着から求人情報を探す

介護バイトの面接ココが大事

  • 丁寧な姿勢がGood!

    丁寧な姿勢がGood!

    介護・福祉業界における仕事は、人の命にかかわる仕事もあるため、ミスは許されません。そのため、面接では単に資格やスキルを持っているかだけでなく、責任感をもって慎重に業務にあたれる人材かがチェックされています。受け答えはもちろん、面接時に提出する書類の書き方1つとっても性格が出るため、丁寧な字で内容もしっかり書くことが大切です。面接では、これまでの経験をもとに、どのような意識でどのような業務に携わってきたかをアピールしましょう。なるべく具体的に伝えることが必要ですが、長々と話すのではなく、簡潔にまとめて、スキルのレベルを伝えることが大切です。また、仕事でミスをしないため自分なりに気を付けていることなどを、具体的に説明しましょう。

  • コミュニケーション力をアピール

    コミュニケーション力をアピール

    介護・福祉の案件は地域を問わず介護施設・医療機関や企業など様々な場所で必要とされます。たとえば介護施設で働く場合は、他のスタッフとのコミュニケーションを密にとることも大事です。面接の際にコミュニケーション力があるかどうかは重要なポイント。人と関わるのが好きであるという点を具体的な例を添えてアピールすると良いでしょう。また、介護・福祉系職種には資格を持たなくても働ける仕事も多くあります。どれだけ意欲的に仕事に取り組もうと考えているか、前職ではどのような業務に就いて、どのような分野が得意であるかををアピールすると良いでしょう。

  • 介護・福祉の仕事は努力が大事!

    介護・福祉の仕事は努力が大事!

    以前介護関連の仕事をされていた方が、改めて復帰を希望するケースが増えています。こうした求人で求められていることは、業務を正確にこなすことができる確実性です。介護現場での仕事では、非常時でも慌てない落ち着きも必要です。このような資質を兼ね備えている以外にも必要なことは、学ぶ姿勢です。介護業界は日進月歩で進化しています。応募される方が働いていた時代とは介護の方法も変わってきていることが多く、常に学び続ける姿勢は欠かせません。努力し学び続ける気持ちがあることをはっきりとアピールすることで、信頼を得ることが出来るでしょう。

介護バイトのアンケート調査

  • 収入状況

    収入状況

    どれくらい稼げるの?

    国家資格の有資格者に、いま幾らくらい稼げるのかを聞いてみました。すると、全国的に人材不足が叫ばれている世の中があってか、どの機関でも人材確保に躍起のようす。時給は他の職種に比べても高く設定されており、1日4時間から8時間程度、定期的に働けば10万円以上は軽く稼げるとのことでした。また夜勤専従で夜勤手当が加算されれば、月の3分の1程度働くだけでも10万円以上に到達することになります。このようにアルバイトでも10万円以上を稼いでいる人が多い職種ですが、目立つのが月の稼ぎが5万円以上10万円未満にとどまっている人々です。これは主婦の方に多く見られ、ご主人の配偶者控除の適用を受けるため、敢えて労働時間を抑えて、年収が103万円を超えないようにコントロールしていることが影響しているのでしょう。結婚や出産で夜勤もある正規職員としての働き方は難しくても、アルバイトなら日勤専従や、週に数回、数時間だけといった働き方も可能だということがわかりました。

    調査対象人数:35人
    実施期間:2014年12月25日~2015年1月1日
    調査手法:インターネット調査

  • いいね!ポイント

    いいね!ポイント

    他のバイトとの違いは?

    高齢化が進み、介護業界は人手が常に求められる状況となっています。そのせいか介護・福祉系のアルバイトは前提として看護師や准看護師、介護福祉士や社会福祉士など国家資格が必要になる分野ばかりと思われがちですが、資格を持たなくても働ける仕事もあり、受付や未経験者でも歓迎している募集が他業種に比べて増えつつあります。また、介護資格取得者に違いをインタビューしてみたところ、夜勤があり重労働で辛いイメージのある仕事ですがアルバイトは時間や働き方が選べるとのこと。1日数時間、週に数回だけの働き方や、夜勤なしで日勤専従、または夜勤専従で月に数回だけで高収入を得るなど、自分の希望や体力、ライフスタイルに合わせて選べるのだそうです。正職員としてフルタイムで夜勤をこなすより、体力的にも精神的にも楽と思えることもしばしば。国家資格を取得しているとできる仕事に関しては、収入が高い傾向がみられるようです。

    調査対象人数:35人
    実施期間:2014年12月25日~2015年1月1日
    調査手法:インターネット調査

  • 介護・福祉業界あるある

    介護・福祉業界あるある

    images
    images資格が活かせる
    介護系の資格を一度取得してしまえば、いつでも何処でも需要があるのが、このバイトの魅力。全国いたるところで人材不足が問題となっているため、働きたいと思えば直ぐに仕事が見つかります。
    images
    images時間の融通が利く
    介護系の経験があるのに、結婚や育児などの事情で仕事ができなくなることはもったいない。正規の職員とは異なり、バイトであればパートや日勤、または夜勤専従、週に数回の勤務など、自分の都合に合わせて働けます。
    images
    images時給が高いバイトを探しやすい
    人の命に関わる仕事もあり、国家資格やスキルが必要な業務もあることから、時給が高いバイトを探しやすいのも業界あるあるです。夜勤専従を選んで、週に数回の勤務でも、生活に困らないだけの収入を得て、残りは自分の時間に充てているという人も存在しています。
    images
    imagesやりがいがある
    介護系バイトの一番の魅力は、やりがいがあるところ。バイトであろうと正規職員であろうと、利用者さんに対する責任は変わりません。日々の仕事を通じて、スキルやキャリアがアップするのも、やりがいに繋がります。
    images
    images感謝される
    この仕事は責任も重くて大変ですが、利用者さんやご家族から感謝をされる仕事でもあります。悲しい別れに無力感を感じることもありますが、楽しそうに毎日を過ごしている姿を見ると、この仕事を選んでよかったと感じます。