内職のアルバイトを探すなら内職バイトル

エリアから探す

エリアを選択してください

チューイチ

エリアから探す

新着仕事一覧

この条件で探している人に、人気の条件はこちら

掛け持ちしやすいポイント

バイトやパートをしている人は、それぞれの家庭の事情や自分の都合に合わせて内職を掛け持ちすることが可能と言えます。主に働いているバイトやパートで拘束される時間以外の、隙間の時間を上手に活用すれば、楽しみながら内職することができるでしょう。掛け持ちしやすい内職としては、手作業系のほかにネットを使った内職があります。これは自分で作った作品をネットで販売したり、ポイントサイトなどでギフトカードを得たりするお仕事などがあります。隙間の時間にコツコツとできる内職は、他のお仕事との掛け持ちがしやすいメリットがあります。また自分の都合でお仕事を進めやすいので、家事や育児にかける時間も確保できます。内職をする上で気をつけたいことは、仕事量の自己管理をしっかりして納期や納品量に配慮することが大切です。また内職で得た収入と扶養控除の関係や、確定申告の必要があるのかについての知識も必要です。確定申告する所得額や扶養控除の額は決まっているので、自分の内職収入についてはいつも把握しておくことが必要です。内職の収入にかかる税金について理解しておくことで、後になって困ることがなくなるでしょう。

扶養控除の範囲内でお仕事をするには

近年では主婦に限らずバイトやパートのほかに内職を掛け持ちしたり、希望したりする人が増加の傾向にあるようです。空いた時間にできる内職は収入アップになる、掛け持ちしやすい仕事と言えるでしょう。内職は「手作業」が主で初心者でも始めやすい仕事ともいえます。ネット環境やスキルが必要な「パソコン」を使った仕事があります。自分に合った仕事を選ぶことで収入を得ることができるので、生活が充実したものになるでしょう。ただ、このようにして得た内職の収入は、税金の対象になることを忘れてはいけません。 まず、バイトやパートをしている方ご本人について、年間収入103万円(給与所得控除65万円+基礎控除38万円)までは所得税がかかりません。 次に、バイトやパートをしている方が、夫や家族の扶養に入っている場合、気になるのは配偶者控除や扶養控除についてですが、妻や家族にパートやバイトによる収入があっても、扶養者である夫や家族は一定の金額の控除が受けることができます。例えば、配偶者控除の場合、バイトやパートをしている妻の収入が103万円以下であれば、扶養者の夫は38万円の配偶者控除を受けることができますし、103万円を超えても141万円までは段階的に、「配偶者特別控除」を受けることができます。ただし、この給与所得控除は、内職と言っても「給与所得」として支払われている人のみ対象になるので注意しましょう。(2017年7月現在)

内職のバイト/アルバイト/パートの求人情報

内職のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。短期の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!
ページトップへ