ガッチリ稼ごう!

Powered by バイトル

バイトル

深夜(夜間)バイト特集

バイトル  > 深夜(夜間)バイト特集

深夜(夜間の)のバイトをエリアから探す

北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

深夜(夜間)バイトで求められる人材とは

深夜(夜間)のアルバイトでは、体を使う会場設営のようなアルバイトから、コンビニやガソリンスタンドの夜間スタッフ等の職種が多くあります。
昼間の時間とは異なり、夜間の仕事の方がスタッフも少ない事も多い為、きっちりと仕事をされる方が求められます。

深夜(夜間)バイトをこだわり条件から探す

エリアを選択

関東の深夜(夜間)バイト

東海の深夜(夜間)バイト

関西の深夜(夜間)バイト

北海道・東北の深夜(夜間)バイト

甲信越・北陸の深夜(夜間)バイト

中国・四国の深夜(夜間)バイト

九州・沖縄の深夜(夜間)バイト

 

深夜バイトの面接ココが大事

  • 体力あります!

    体力あります!

    深夜バイトは居酒屋などの飲食店のほか、24時間営業のコンビニやファミレス、イベントの設営スタッフや閉店後のお店やビルの清掃、工事などの仕事があります。
    深夜に仕事ができる人は限られ、公共交通機関も動いていない時間帯ですから基本的に代替性が効きません。遅刻や欠勤をしないこと、健康で体力があることが望まれます。
    イベント設営のように大量のスタッフが動くこともありますが、一般的には1人や数人で任される業務も多くなっています。あらゆる業務を多彩にこなし、突然のトラブルにも臨機応変に対処できるような責任感が強くしっかりした性格であることをアピールしましょう。忍耐力を持って真面目に取り組めることも、アピール材料です。

  • 夜型体質をアピール!

    夜型体質をアピール!

    深夜バイトの代表と言えばコンビニバイトかと思いますが、面接の際の注意点をいくつか紹介しましょう。
    まず一番大切なのは、面接時のあいさつや態度、言葉遣いです。これらが悪い人には時間を守れない人が多くいるため、雇う側は敬遠するケースが多いと言えます。
    次に、夜に強い体質でなければ当然長続きはしません。寝ぼけ眼で接客をされては、店のイメージダウンにつながります。深夜でも元気に明るくきびきび働ける人、笑顔が素敵な人、お客さんの質問にしっかり答えられる人をお店は必要としているため、その事を念頭に置いて面接に臨むと採用に結びつくと思われます。

  • 遅刻・欠勤、ありません!

    遅刻・欠勤、ありません!

    深夜バイトはコンビニやカラオケ店、居酒屋などの飲食店、工場のアルバイトなど様々な業種があります。
    深夜バイトは時給も高めになるため、学生などを中心に人気です。ただ昼夜逆転の生活であったり、不規則な生活を強いられることになりますから、体調を崩しやすい事もありますので、できれば体力がある方が好ましいと言えるでしょう。
    また深夜の時間帯に仕事に入る事ができるスタッフ・人員は基本的に少ないものですから、原則遅刻や欠勤が少ない方が望ましいです。面接では体力があるという点を自己PRに加えたり、遅刻や欠勤はせず、真面目に勤務していきたいという姿勢をアピールしておくと好印象を与えることができます。

深夜バイトのアンケート調査

深夜(夜間)バイトの主な仕事内容

深夜(夜間)のアルバイトは、業種問わず多くの仕事があり、昼と比較して時給が高い傾向にあります。 会場設営のような少し力を使う仕事から、コンビニスタッフまで幅広く案件があります。
夜という事もあり、スタッフが少ない場合もありますが、自分のライフスタイルに合わせた仕事ができると思いますよ

バイトルからのワンポイントアドバイス

深夜(夜間)は、お客さんも少ないので自分の仕事に集中できます、時給も比較的高く、まとまった時間 の仕事ができるので、短期間から長期間までのアルバイトにはもってこいですよ♪