人気アーティストにインタビュー!Da-iCEが登場!│求人情報ならアルバイト・パートのバイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

チュ~モクARTIST LOCK ON - Da-iCE

旬のアーティストをゲストに迎え、その素顔に迫るスペシャル企画。今回は、“顔面偏差値75”のイケメンダンス&ボーカルグループ・Da-iCEが登場!学生時代&デビュー前に経験したさまざまなアルバイトエピソード、高校時代の思い出など、たっぷり話していただきました。

チュ~イチのぬいぐるみとDa-iCEのメンバー

Profile

大野雄大、工藤大輝、和田颯、岩岡徹、花村想太の5人で2011年に結成された、4オクターブボーカル&ダンスグループ。11月には、10枚目のシングル『恋ごころ』をリリース。来年1月には日本武道館での公演を控えた、今、大注目のアーティスト♪

『恋ごころ』ジャケット画像

ニューシングル『恋ごころ』2016.11.2 Release!
さらに、2017.1.25には待望の3rdアルバム「NEXT PHASE」をリリース決定!

高校時代の颯さんが直面した、大ピンチとは…?

――今回のゲストは、誰もが恋する“顔面偏差値75グループ ”のDa-iCEさんです!はじめましてー!

想太:そのキャッチコピー、いつ聞いても恥ずかしくてしょうがないですね。

雄大:インタビューが始まる前、スタッフさんに「キャッチコピー、はずせないですか?」とお願いしたんですが、「ダメだ」と(笑)。

想太:コレが大人の圧力!

――みなさんのキラーフレーズですからね。今日はよろしくお願いします。さっそくですが、みなさんはどんな高校生活を送ってましたか?

大輝:高校時代は、もうダンスをやってましたね。

:僕は、Da-iCEとしての活動を始めてました。

雄大:そうだよね。制服でライブ会場まで来て「すみません、遅れましたー!」って事件があったもの(笑)。

:当時、地元の群馬から通ってたんですけど。電車が遅延して、ライブに間に合わなくなって…。

――えー!で、どうなったんですか?

:ライブの開始時間を遅らせてもらいました。2回目のライブにして、早くも「終わったな」と思いましたね(笑)。

――それは大変でしたね。ちなみに、Da-iCEさんが結成されたきっかけは?

大輝:今のチーフマネージャーに「新しいダンスボーカルグループを作りたい」と、声をかけられて集まりました。それまで雄大はアカペラグループのボーカルでしたし、それぞれ別の活動をしていたので、けっこうめずらしい結成パターンだと思います。

雄大:大輝くん以外は、音楽を学ぶアカデミーなどで顔見知りではありましたけど、一緒に組むことになるとは!ビックリしたし、おもしろくなるだろうなぁって気持ちが大きかったですね。

雄大さん&徹さんは、バイト中に大惨事が!?

――ところで、みなさんは、今までどんなアルバイトを経験していますか?

大輝:僕はアパレルです。高校生の夏休みは、テレビクルーの雑用バイトもしてました。

雄大:お寿司屋さんと塗装屋さんですね。塗装屋さんでは、10年近く働いてました。

:一番長く続いたのは、コンビニです。

想太:古着屋さん、某中華料理チェーン店、某量販店、某レンタルビデオ店……。いろいろやりましたね。

:僕は、たこ焼き屋さんで、たこ焼きを焼いてました。

――みなさん、いろいろなバイトを経験されてますね。では、おひとりずつ詳しく伺っていきたいんですが、まずは、雄大さん!アルバイト中、おもしろかったエピソードは?

雄大:塗装中の屋根から落ちました(笑)。

全員:えーーっ!

雄大:屋根を塗装する時、塗料を塗った直後はすべりやすいので、絶対にのっちゃいけないんですよ。塗料を踏まないように注意して塗っていくんですけど、真剣にやり過ぎて、自分で塗ったところを踏んでしまって。しかも、落ちた反動で刷毛がどこかへ飛んでいっちゃったんですよね。で、隣の家の壁を見たら、僕が塗っていた塗料の色がぽつんと(笑)。幸いケガもなく、隣の家の方に謝りにいって、壁を塗り直して許してもらった……という、おもしろエピソードがあります。

想太:あはは。「おもしろエピソード」って、自分で言う?(笑)

:そういうのは、まわりが言うもんだよ!

――ケガがなくてよかったですけど、危なかったですね。

雄大:友達と一緒に現場へ行ったんですけど、落ちた瞬間、友達は大笑いしてましたね。「骨って丈夫なんだな」と思いました。

――ありがとうございます(笑)。では、徹さん。コンビニのバイトで、やりがいを感じた瞬間は?

:とある事件が起こってから、ですね。コンビニって、誰もが行く身近なお店ではあるんですけど、商品の置き方ひとつでも、お客さんに手に取ってもらえる・もらえないというのがあって。そういうノウハウを学んでからは、やりがいを感じるようになりました。

雄大:で、とある事件とは?

:それはですね…。入ってすぐの研修の時、「レジにお客さんが並んだら、このボタンでスタッフを呼んでね」って、レジの下にある呼び出しボタンを押すように言われたんです。で、バイトの初日、さっそくお客さんの列ができちゃって、言われた通りにボタンを押したら、まさかの非常用通報ボタンで…。

全員:えーっ!

:入り口の外についているランプが光り出して、サイレンが町中に鳴り響くわ、パトカーが何台も来るわで、大惨事になりました(笑)。「ボタンの位置を確認するのは大事だ」と、仕事への意識が芽生えましたね。

想太:そりゃ、芽生えるわっ!(笑)

Da-iCEのメンバーのみなさん

想太さんのアルバイト極意は、“まずは面接に行ってみるべし!”

――では、想太さん。アルバイト前に不安だったことは?

想太:やっぱり面接ですね。いろんなバイトを経験しましたけど、バイトを始める前、絶対に受けなきゃいけないものですから。でも、たくさん面接を受けてきて思うのは、「まずは行ってみるのが大事」だってこと。初めての場所は誰でも不安だし怖いですけど、面接を受ける側も、面接でバイトの空気感とか、上司の雰囲気とかを見てから“ココで本当に働けるのか”を考えてもいいと思うんですよね。

――なんだかイイお話ですね。面接では、どうやって自分を見せていましたか?

想太:基本的には“ありのまま”です。もちろん、落ちることもありましたけどね(笑)。

――では、続いて、大輝さん。バイト先の人間関係はどうでしたか?

大輝:アパレルでバイトしていた頃の同期とは仲がよくて、今でもつながってますね。当時、僕は音楽の世界、彼は美容師と、お互いにめざしている夢があったんです。バイトをやめて数年後、「Da-iCEに入ったよ」と久しぶりに連絡をしたら、彼も美容師になっていて。「じゃあ、髪を切りに行くよ」と、すぐ会いに行きました。その彼が、今の僕のスタイリスト。毎月、必ず彼に髪を切ってもらってます。もう10年ぐらいの付き合いになりますね。

――すごい!バイトがつないでくれた縁ですね。

大輝:めざしていた世界も違いましたし、バイトが同じじゃなかったら、出会ってなかったですよね。

――では、雄大さん。“バイト内ラブ”はありましたか?

雄大:……オフコース? 

全員:あははは(爆笑)。

雄大:お寿司屋さんでバイトをしていた頃、帰り道が同じ方向だった女のコと一緒に帰ってドキドキした経験はありますね。付き合うまではいかなかったですけど、きっとコレが“バイト内ラブ”じゃないかと。まわりにバイト先の人と付き合っていた友達も多かったですし、そういう意味でも、バイトは無限の可能性を秘めた場所だなぁって思いますね(笑)。

想太:めっちゃカッコイイ~!(笑)

――ありがとうございます(笑)。では、想太さん、印象に残っている“バイト内業界用語”をひとつ、教えてください。

想太:「エンザーキー、イーナーホー」。

全員:あー、沖縄のおいしいお菓子ね。

――それは、「サーターアンダギー」ですね(笑)。どこかで聞き覚えがあるんですけど…。

想太:某中華料理チェーン店の業界用語で「唐揚げひとつ、お持ち帰りで」って伝える時の言葉です。「エンザーキー」が唐揚げ、「イー」がひとつ、「ナーホー」は持ち帰る…という意味でございます。

雄大:「唐揚げひとつ、お持ち帰りで」でよくない?短くなってないじゃん!

想太:知らん!僕が作ったんじゃないもん!

雄大:僕も、行きつけのごはん屋さんに行くと、「セル・リャン」って頼みますよ。「牡蠣、ふたつ」って意味でございます。

全員:うわ、めんどくさい客だな~(笑)。

――あはは。では、最後に颯さん。今、もしバイトをするならやってみたいのは?

:アパレルです。昔はホント服に興味がなかったんですけど、今は好きなので。服に詳しくなれるし、情報ももっと得られるから、いろいろ勉強になるかなと。さすがに今、バイトはできないですけどね。

――そうしたら、古着屋さんでバイト経験のある想太くんに教えてもらうといいかもしれませんね。

想太:はいはいはいっ!任せてください!

:そうですね。洋服のことは、うちのファッショニスタに聞いて勉強します。
うちの「アパレルくん」でしょ?

想太:誰が「アパレルくん」や!「あばれるくん」みたいやん(笑)。

――ありがとうございます(笑)。さて、そんなDa-iCEさん!来年1月25日にニューアルバム『NEXT PHASE』のリリースが決定しましたね。大ヒット中のバラードシングル『恋ごころ』も収録されるとのことですが、こちらは、どんなナンバーでしょう?

雄大:『恋ごころ』は、Da-iCEにとって10枚目のシングル曲でもあります。まさに、タイトル通り、誰しもが抱いたことのある、切ない恋ごころを歌った曲。特にティーンの方、バイト内ラブをしている方には、胸に刺さるんじゃないかと思います。ぜひ聴いてください!

――発売、楽しみにしています。本日は、ありがとうございました!

Da-iCEにとってアルバイトとは?

  • Da-iCEの花村想太さん直筆の色紙
  • Da-iCEの岩岡徹さん直筆の色紙
  • Da-iCEの工藤大輝さん直筆の色紙
  • Da-iCEの大野雄大さん直筆の色紙
  • Da-iCEの和田颯さん直筆の色紙
インタビュアー
バイトル BOMS記事担当者
  • 藤原恵子
  • J-WAVEでラジオパーソナリティ(ナビゲーター)としてデビュー。 TV・ラジオ・CM等、幅広くナレーション活動実績を持つ。 環境問題に関心を持ち、自ら取材しコラムを執筆するなど、市民ジャーナリストとしても活動中。

バイト求人探すならバイトル

-->