休日課長 インタビュー - 激的アルバイトーーク!│求人情報ならアルバイト・パートのバイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

休日課長 インタビュー - 激的アルバイトーーク!

応募はこちら!

日本最大級のアルバイト求人情報サイト“バイトル”とSkream!による“激的アルバイトーーク!”の今回のゲストは、ゲスの極み乙女。やDADARAY、ichikoroのベーシストである休日課長。プログレッシヴなゲスの極み乙女。の曲の中でもテクニカルに曲を彩り、またがっちりと歌心を支えるプレイヤーであり、またその名前にもあるような頼り甲斐のありそうなキャラクターも相まって人気の高い人物だ。理系の大学出身で、大学院へと進み、バンドとしてプロになる以前は会社員として働いていた経験もあるので、今回は働くということについてもいろいろ話を訊いた。また今回は休日課長にインタビューをするドリームバイトに選ばれた大学生、夏目泰造さんもSkream!編集部員として取材に参加。ベースをやっているということで、マニアックな質問をしてもらった。

休日課長

-休日課長さんの初めてのアルバイトはいつ、どんな仕事でしたか?

休日課長高校時代はバイト禁止の学校だったので、大学1年生のときにやったハンバーガー・ショップが最初のバイトでしたね。埼玉の店舗だったんですけど、接客とキッチン両方をひとりでやるような感じで。いきなり混むこともあって、そういうときは大変でしたね。繁華街にあったので、夜中はいきなり人がすごい来るんですよ(笑)。前触れもなく大人数のお客さんが来て一斉に頼むみたいなことも多かったから忙しかったですね。

休日課長

-なぜそのアルバイトを選んだんですか?

休日課長なんででしょうね。大変じゃなさそうに見えたという不純な動機だったと思いますね(笑)。でも入ってみたらすごく大変だったという。2年間くらい働いたんですけど、大学3年生からは都内でひとり暮らしを始めたので、そのタイミングで辞めました。

-3年生からはどんなバイトを?

休日課長実は、そこからはバイトをそんなにやっていないんです。封筒に何か封入するみたいな単純作業系のバイトとか、イベントの搬入出のバイトをしたことはありましたね。それからは大学での研究が忙しいのもあってバイトはしていないんです。理系の大学で、そのあと大学院にも進んだのでずっと研究漬けでしたね。

-そうなると学校と家との往復のような生活ですね。

休日課長そのときは軽音部に入っていてバンドもやっていたので、勉強とバンドばかりの生活でした。

-ひとり暮らしを始めて、しかもバンドの活動はいろいろとお金もかかることが多いと思いますが、そこはどうしていたんですか?

休日課長奨学金でしたね。実家から大学まで通えないこともなかったんですけど、家賃が2万5千円のところを見つけたから資金援助をしてくれないかと親にお願いをして、ひとり暮らしをしてましたね。木造のアパートで、ドアを蹴飛ばしたら鍵を開けなくても入れちゃうくらいのボロいところだったんですけど(笑)。

-なぜひとり暮らしをしようと?

休日課長単純に学校までの往復の時間がもったいないなと思ったんです。埼玉から東京の小金井にある東京農工大という学校まで通っていたので、往復すると3時間くらいかかるんですよ。その時間がもったいないし、バンドもいろいろやり始めていたので、時間が惜しいなと思ったんですよね。

-ではバイト経験としてはかなり少ない方かもしれないですね。2年間働いたハンバーガー・ショップは居心地も良かった感じですか?

休日課長良かったですね。わざわざお店に行ってラーメンを食べるというのをやり始めたのが、そのバイトからなんですよ。バイト先の店長がラーメンを好きな人で、仕事が終わると車を出していろんなラーメン屋に連れて行ってくれたんです。

-今はブログやSNSでラーメン屋さんやいろんなお店を紹介していますが、当時からしっかり繋がっているんですね。

休日課長繋がってます。あのときのバイトの店長にはすごく感謝してますね。

-そのときの店長さんは今、休日課長さんがこうして音楽活動をされていたり、ブログでいろんなお店を紹介していたりすることは知っているんですか?

休日課長その店長は、そのあと違うお店に行ってしまって、そこからは連絡を取っていないのでわからないんですけど、会いたいですね。気づくのかな? 僕、当時すごく痩せていたんですよ。ガリッガリだったので、相当風貌が変わっているかもしれないです(笑)。しかも“休日課長”だと絶対にあのときのバイトだとわからないと思うんですよね。そのときは普通に“和田君”だったので。

-たしかにそうですね(笑)。バイトをしていくなかで、これは面白いなと思ったことはありましたか?

休日課長ハンバーガーひとつでも、例えばバンズにちょっとマスタードをつけるかつけないかとか、レシピがちょっとでも違うと味がこれだけ変わるんだっていうことがわかったのは楽しかったですね。あと、ハンバーガーって包むのが上手い人とそうでない人がいるんですよ。そういうことがだんだんと面白くなっちゃって。どれだけきれいに作れるかとか包めるかとか、こだわってやってましたね。ハンバーガーを食べるときにソースを上側に垂らしておけば、食べている間にどんどん下に浸みていって、満遍なくソースが行き渡ってきれいに食べられるとか。そういうことを楽しんでやってました。凝り性なところで適性があったのか、そういうところでハンバーガー・ショップにはハマりましたね。

工夫して仕事することで、働くことは楽しくなる

休日課長

-では学んだことや意外と今も役に立っているなということはありますか?

休日課長手を抜いたりごまかしたりすると、後々すごく面倒くさくなるということですかね。集中してその場できっちりひとつひとつ片付けていく、そういう基本が意外と大切だなという。それってバイトや会社での仕事に限らず、ベースにしてもそうなんですよね。ひとつひとつきっちりやるというのは、バイトで学んだことだなと思います。手を抜くとそのぶん、のちに苦労するという。

-たしかに、少人数でお店を回すとなるとそこはより大事になってきそうですね。

休日課長そうですね。店長に“急ぐと焦るは違う”みたいなことを言われたんです。“急いで!”って言われたときに焦っちゃダメだよって。簡潔でよくまとまった言葉だなって思いました(笑)。焦ると結局時間がかかっちゃうじゃないですか。

-その言葉はどんなときに言われたんですか?

休日課長焦ってハンバーガーのパテを100枚床にぶちまけちゃったことがあったんです。もちろんその100枚は廃棄。そのときに言われた気がするんですよね。僕はもちろん、みんな顔が青ざめてましたね……あれは人生で一番失敗したかもしれない。本当に申し訳ないなと思いましたね。でも店長は優しかったから、終わったあとラーメンに連れて行ってくれて(笑)。

-それで辞めたくなったりしなかったんですね。

休日課長ないですね。むしろ申し訳ないことをしてしまったのでちゃんと働かないとなと思いました。

-店長さんはラーメンを教えてくれたり、いろいろといい影響を与えている人ですね。

休日課長これまでもそういういい上司と巡り会ってきたんですよね。バイトもそうだし、会社員のときもそうで。それはすごく良かったなと思いますね。

-学生時代は勉強や研究、そしてバンド活動を両立してきて、そのあと大学院へと進んで会社勤めもしていますが、10代のころって、今のように自分がプロでバンド活動をすることっていうのは想像してましたか?

休日課長まったくです。10代のときはバンドをやっていくとも思っていなかったし、大学で軽音部に入ったときもコピー・バンドだったので。オリジナルの曲をやっている人も少なかったので、音楽でやっていこうというのはまったく考えていなかったです。なんとなくそういうことを考えたのは、indigo la Endに入ったときですかね。でもindigo la Endをやめたときは、“会社員になって一生働いていくんだろうな”って思っていました。

休日課長

-人生何が起こるかわからないものですね。

休日課長そうですね。でも全部のことが生きていると思いますね。さっきのバイト先の店長が“急ぐと焦るは違う”と教えてくれたことや、あとは会社員時代に上司から言われたいろんな名言も残ってますね。“良さそうなことに騙されるな”とか。“なんとなくのアンチ”もその一例かと。今のSNSとかでもそうですけど、なんとなく反論しておけば、“言っている俺かっこいい”みたいなのがあるじゃないですか。それっぽい正論を見つけて反論することは簡単。でも、そういうことじゃないよねっていう。自分でちゃんと考えて、それが本当にいいっていうロジックになっているかどうかが大事なんですよね。メーカーで開発の仕事をしていたので、120パーセントでもなく、80パーセントでもなく、常に100パーセントの仕事をしなきゃいけなかったんです。だから、そこはすごく言われましたね。“「なんかこれ良さそう」っていうので仕事やっちゃダメだよ”って。そういう蓄積が、今にも生きているなって思うんです。それは今の僕なりの、ベースに対してのスタンスになっているし、ベースだけでなく、日々判断することの糧になっているなと。

-本当に、これまでいい方に出会っているんですね。

休日課長これまで出会ってきた方には本当に感謝してます。イヤな人も含めてですけどね(笑)。バイトや仕事をしてみると、いろんな考え方の人がいるなっていうのも思いました。

-会社を辞めて音楽の道に進むことというのは、結構な決断だったのでは?

休日課長上司と飲んでいたときだったと思うんですけど、言われたんですよね。上司がふたりいたんですけど、上司Aさんが、“人生には3回くらい大きな決断をするタイミングがある”と言って。それは絶対に訪れるからという話をしていたのと、もうひとりの上司Bさんには“今答える必要はないけど、10年後、音楽でも仕事でもうまくいっているときにどっちを選ぶ?”って言われたんです。“「どちらを選ぶ?」って言われたときに現時点で答えがパッと出てくるなら、そっちの道に早く進んだ方がいいんじゃないのかな”って。もし仕事を続けていきたいのなら、来年こういうポストを用意しているからそこに入ってほしいという話をされて、そこで決断したんですよね。それだったら音楽をやっていきたいなって思って、決断するきっかけになったんです。

-ふたりとも考えさせてくれる方だったんですね。

休日課長結局人生は出会いだなって。どんなバイトをするかよりも、そのバイト先で誰と出会うかということだと思うんです。そこの面白さは一番デカいと感じていて。人間関係が面白そうな、コミュニケーションができるバイトの方が私個人としては面白いんじゃないかなって、今こう話していても思いますね。

-バイトや会社員としての経験から、休日課長さんにとって“働く”ということや、その醍醐味はどういうものだと思いますか?

休日課長難しいですね。これは答えに繋がっていくかわからないですけど、工夫するということですかね。工夫して仕事することで、働くことは楽しくなると思うんです。この仕事をどう楽にしようかとか、楽にする目的だけに限った話じゃなくて、楽しむためにどう工夫するかという。その工夫がまた楽しいんですよね。働くということは、工夫をすることを常に意識していると楽しくなるのかなって。

-まさにハンバーガーを作っていたときのような感じですね。

休日課長そうですね。そうすると、ただ作る2時間とハンバーガーをきれいに作る挑戦の2時間では捉え方が違うし、あとに残るものも変わると思うので。工夫する癖をつけた方が人生面白い。

休日課長

-会社員時代もそういう感じでしたか?

休日課長開発という仕事で、工夫すること、何かをどんどん良くしないといけないという仕事でしたからね。“もっと短時間で仕事を片付けるにはどうすればいいか”とかも、同時に考えなきゃいけなかったので。その工夫をするときに、さっき言ったような“良さそうなことに惑わされるな”っていう言葉が生きてくるというか。“これを全部表にまとめることが仕事を早く終わらせることなの? 表を書くのに時間がかからない?”とかね。“なんでもまとめれば、それが本当にいいの?”とか。そういうことにも疑問を持つことができるし。基本は、工夫をするということを楽しめばいいのかなって思うんです。そうすればどんな仕事も楽しくなるんじゃないかなと。

-なるほど。

休日課長就活のときも、やりたい分野はありましたけど、ひとつに絞らずにいろんなところを見たんです。医療機器から電化製品から、ものづくり全般の会社を受けて。入りたい会社に就職できても、実際にやりたい部署に入れるかというのはわからないじゃないですか。だから、もっと根本の、“作ることを楽しもう”くらいの感じで。あとは、所属された部署で楽しむには、工夫することを楽しむっていう脳があると、何を作っていても楽しいかなって思うんですよね。

-今日はためになるいいお話をありがとうございました。ではここで、ドリームバイトの夏目さんにバトンタッチします。

夏目夏目です、よろしくお願いします。以前、根岸孝旨さんとのトーク・ライヴ“根岸課長のプレミアムフライデー”に行ったんですけど、そのときは時間がきてしまって考えてきた質問ができなかったので、今日はそのぶんもここでお聞きできればと思います。

休日課長はい、こちらこそよろしくお願いします。

夏目僕もまだ始めたくらいなのですが、ベースを弾いているので今日はベースのことをたくさんお話できたらと思います。休日課長さんは普段音楽を聴くときと自分がプレイするときで共通点や、何か意識することはありますか?

休日課長よく軽音部の先輩から、聴くようにプレイできるかが大事というのは言われていましたね。音楽を聴くときってリラックスして聴けるじゃないですか。それと同じように弾ける、それくらいリラックスした状態で弾けるかということはすごく言われましたね。まずそこから練習を始めました。とはいえ、だんだんとプレイするうえで難しいこととか出てくるじゃないですか。最近はその言葉を忘れていたなと思いました(笑)。必死なときは必死になっちゃうしね。最初ベースを始めたときは、その聴くように弾くというのを意識していたんですけど、今はもしかしたら意識をしてないかもしれないです。

夏目今はどんな感じですか?

休日課長聴くことと弾くことは分けて考えてやっているかもしれないですね。それだけ弾くっていうのは特別な環境というか。僕は周りの楽器を結構聴きながら弾くんですけど、今歌っているなとか、ゲスの極み乙女。で言うと隣にいる川谷(絵音/Vo/Gt)の顔を見たりとか、ドラムのほな・いこかを見たりとか。普通に聴いている感覚よりも、今はやっている方が楽しいんですよね。あ、でも聴くのも楽しいな。

夏目(笑)

休日課長なので、結論は“まったく別物”ですね(笑)。

夏目普段音楽を聴くときはリラックスしているんですね。

休日課長そうですね。そこもまた、自分に取り入れようかなってインプットするときと、そういうのはなしにしてレコード・バーで聴くとときとで、分けているかもしれないです。今はリラックス・モードっていうときは、バーに行ってレコードを流してもらって飲みながら聴くみたいな。逆に今は自分のネタを集めようとインプットをしているときは、集中してイヤホンとかで家で聴くっていう。酒飲むと忘れちゃうので、そこは分けてやってますね。

夏目ありがとうございます。次の質問です。ベースを弾くときの自分のキャラクターとか、バンドでの立ち位置というのはどういうものだと思いますか?

休日課長僕は、そこは固定しないようにしていますね。“自分のプレイ・スタイルはこれだ”っていうのをあまり持たないようにしているんです。50歳くらいでそういうのが出てきたらいいなというので、今はわりといろいろやってみて、己はこういうプレイ・スタイルですって言う段階ではないのかなっていう感じですね。

なかなかインタビューでは聞かれないですけど、実はこだわってますというところはいろいろあるんですよ

休日課長

夏目次の質問は、ベースの音作りについてです。ベースとしては、曲を支える部分と、また弾きまくる部分があると思いますが、それぞれ音作りについてのこだわりはありますか?

休日課長音はこだわっていますね。でも意外と指先でどう弾くかというのが音に一番影響するというか。どんなアンプを使っていても、結局指──特に右手がどうピッキングするかが重要なのかなと思っているんです。ピッキングで音に表情をつけられるので。ネックに近いところで弾くのか、もっとブリッジ寄りなのかとか、指をどう当てるのか、垂直に当てるのか平行に当てるのか、その中間を狙っていくのかとかは、実はすごくこだわっています。そこをコントロールするだけの余裕を作るというかね。そのために1年間くらい時間をかけて基礎トレーニングをしましたね。もちろんアンプの設定とかも大切なんだけど。特にゲスの極み乙女。って、さっき言ってくれたように、動いていたり支えたりというセクションが1曲の中でもたくさん変わるんですよね。そのたびにアンプの設定をいじるわけにはいかないし、そうなると指で違いを出していくしかないんです。そっちの方が早いんですね。だから、ピッキングでどう音を変えるかっていうのは、意識してプレイごとに合わせています。

夏目その練習法というのはどういうものですか?

休日課長これはトライ&エラーでしたね。ベースってどう弾けば正しいというのがないと思っていて。だって、上手い人を思い浮かべたらみんな弾き方が違うじゃないですか。

夏目たしかにそうですね。

休日課長自分でどれだけ試すかだと思いますね。どういう音が欲しいか、その音を出すためにはどうしたらいいかというのを、たくさん試して蓄積していくということでしかないので。弾いて、音を出して、自分で判断するということを何度もやるしかないですね。そこは手間のかかることだと思うんだけど、やらないといけないというか。そういう意識を持つだけで変わるはずなんです。毎日ちょっとしたときにできることだしね。一日中練習をやるのは大変だけど、ちょっとずつそういう意識を持って“こういう音はどう弾いたら鳴るんだろう”っていうのを試すのって、1日5分でも、蓄積したら相当なものになると思うんです。だから、そういう意識を持つのが大事なのかなって。

夏目今でも毎日ベースに触っているような感じですか。

休日課長触っていないと不安ですね。すごく下手になる気がして。ピッキングはここ数年のテーマでもあるんです。意外と1本のベースでもこれだけ音が変わるんだっていうことに気づいて。でもバリエーションがない人が悪いのかとか下手なのかとかっていうのは違うんですよ。1本のベースでいつも同じ音を出して、すごくかっこいい人もいるので。それは人それぞれのスタイルなんですけど。僕は変幻自在なというか、いろいろ表現できる方が好きなので、そういう意識を持って練習をやっていますね。

夏目僕は、ゲスの極み乙女。の「もう切ないとは言わせない」(2018年リリースの4thアルバム『好きなら問わない』収録曲)のサビ部分のベースがすごく好きなんです。あの曲では、サビごとにベースが変わっているじゃないですか。あれはどういう意図があったのかなっていうのが、とても気になります。

休日課長お! 嬉しい。よく聴いてますね。そういうのを聞いてほしいんですよね、普段のインタビューでも(笑)。あそこは派手じゃないんですけど変えていて、違いを出すというのが大きいんです。最後のサビは疾走感と言うまではいかないけど、8ビートで刻みたいというのがあったので、そこに持っていくまでに1サビ、2サビでどういうふうに聴かせるかは、たしかに考えたところでした。1サビ、2サビもロング・トーンの入れ方を微妙に変えてますね。これは意外とロング・トーンでいっても成り立つのかなっていうセクションでもあったので、それぞれのサビで表情を変えたらどうなるかな、試しにやってみたらいいじゃんっていう感じであのアレンジになったんです。

夏目そういうことだったんですね。

休日課長“あの曲のスラップはどうなっているのか”とかよりも、こういう質問をされることが好きで(笑)。実はこういうところってすごいこだわっていたりするんですよ。試してみるというのが良かったですね。8ビートで弾くとこんな感じになるだろうなというのは、理屈ではわかるんですけど、ロング・トーンっていう選択肢はやってみないとわからないところもあるので。アレンジは、わりと思いついたらやってみてダメだったらすぐにやめるっていう方法でやっていますね。嬉しいな。これ聞かれたの人生で初めてだな。

夏目僕自身とても聞きたかったことだったので、良かったです(笑)。

休日課長普段はどうしても派手なフレーズにフォーカスされがちで、それはそれで答えたいことでもあるんですけど、“あそこのサビで、なんで違うアレンジになっているんですか”っていう質問は、すごく嬉しいです。なかなか聞いてくれる人がいないですから。でもあのサビって、実は弾いていて楽しいところでもあるんですよ。

夏目聴くのが本当に好きなんです。ベースのコピーとかも、これまで受験があったのでなかなかじっくりとはできなかったので、聴く専門だったんです。“なんでだろうな”って思っていたけど、なかなか質問をする機会がなかったので、今日は本当に良かったです。

休日課長

休日課長実はこっそりこだわってますというところはいろいろあるんですよ。でもなかなかインタビューでは聞かれない部分でもあるので、そこがインタビューのたびにもやもやするところでもあるんですね(笑)。アーティスト同士だと結構あるんですよ。例えば真船(勝博)さんという僕の好きなベーシストがいらっしゃるんですけど、レコード・バーでご一緒させていただいたときに、“「私以外私じゃないの」(2016年リリースのゲスの極み乙女。の2ndアルバム『両成敗』収録曲)のAメロのベース・ラインのフレージングを、すごく細かいところの意図まで言い当てられて。“この部分はこう考えてやっているんだよね”とか聞いてくれるんです。自分も聴いてる人に意図まで伝わると思ってなかったところを言い当てられると、なんだか嬉しいですよね。

夏目ほんの少しの違いでも曲が変わってくる感じは面白いです。

休日課長前後のノリがどうなっているかというのは、結構重要だと思いますね。例えばBメロからサビに行くときに、サビが8ビートだからBメロの終わりにちょっと8ビートを入れるとか、そういうところもこだわっています。曲の繋ぎ目をどうアレンジするかは大事ですね。どういう雰囲気にしたいかで、実はちょっとずつ変えたりしているんですよ。ちょっと変えるだけ、簡単なフレーズをちょっと入れるだけで変わるから、ベースは面白いなって思いますね。

夏目あと「サイデンティティ」(『両成敗』収録曲)で一発だけプルがあるじゃないですか。あそこにもこだわりがある感じですか。

休日課長曲のアクセントが欲しいときには、たまに入れたりしますね。だんだんとニクいことをしたくなるんですよ。ずっとやっているものより、たまに出てくるフレーズがだんだん好きになってくるんです。性格なのかわからないですけど、わりとそういうアレンジは多くなってきていますね。「私以外私じゃないの」は弾きまくっていますけど、あれはあれで気に入っていて。でも最近はどちらかというと、たまに入れちゃうみたいな、「ドグマン」(2018年11月リリースのゲスの極み乙女。の配信シングル)とかもそうですね。そういうのにハマってます。

夏目今日はとても勉強になりました。これからベースも頑張ります。ありがとうございました。

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 石崎祥子

 

サイン入り”乙ショルダーポーチ”

  • <応募方法>
  • ①バイトルのアプリをダウンロード
  • ②コンテンツのフッターメニューをタップ

※メニュータブは、アプリ起動後画面の左上 「横の三本線」をタップするとでてくるよ!

お知らせをタップ!
  • ③下の赤枠で囲んでる画像をタップして応募メニューへGO!
応募メニューへGO!
  • ダウンロードはこちら
  • App Storeからダウンロード
  • Goole Playから無料で手に入れよう
  • ※バイトルアプリをインストール済みの場合はアプリがダイレクトに開きます
    (機種によってはアプリが開かない場合がございます)

skream

バイト求人探すならバイトル