バイトGET完全マニュアル │ 面接時のマナー編

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

バイトGET完全マニュアル

希望のアルバイトがみつかったら、「Web 応募や電話」「履歴書の書き方」「面接時のマナー」などのポイントを確認しよう!

STEP4面接時のマナー

面接の時は自分から挨拶しよう!敬語を使うのはもちろん、話を聞く姿勢も大事なポイント。質問や答えを事前に用意して、練習しておこう!

STEP4-1.面接前の要チェック!

面接中に携帯電話がなるなんて、絶対ダメ!マナーモードにしていても、静かな面接の場では、振動音が結構聞こえる。ちゃんと電源はオフにしてから面接に臨もう。

面接直前、身だしなみチェック!

  • 携帯電話の電源は切ったか
  • 時計のアラームなど、音が出るようなものはオフにしたか
  • 服装は、その仕事の面接にふさわしいか
  • 髪型や化粧は、相手に不快感を与えないか

STEP4-2.まずは自分から挨拶!

面接場所についたら、「アルバイトの面接で伺った○○です」とまずは自分の名前を伝えよう。 特に、大きな会社の総合受付では、尋ねるべき部署や相手の名前をきちんと伝えないと、取次ぎがうまくいかないこともあるので注意しよう!

img*まずは自分から挨拶!

受付での対応例

自分
本日、アルバイトの面接で伺いました○○と申します。業務部の△△さんをお願いしたいのですが
相手
はい、少々おまちください。ただいま、△△が伺いますので、そちらのソファにおかけになって、お待ちください
自分
ありがとうございます

※相手を待っているときは、きょろきょろしたり、携帯電話はいじったりせず、静かに待とう!

STEP4-3.相手をきちんと見て話そう!

面接は誰だって緊張する。でも話をするときは、できるだけ相手の顔を見て姿勢良くしよう。緊張するけど、これはコミュニケーションの大前提!

こんな態度は要注意!

  • ずっと目を合わさない
  • きょろきょろしている
  • 下を向いたまま
  • 足を組んだり、貧乏ゆすりをしている
  • しきりに髪を触るなど、手が落ち着かない

STEP4-4.質問はよく聞いて、答えよう!

近頃はスマートフォンを活用した動画面接も出てきていますが、対面であっても画面越しであっても相手を知る事が出来る重要な機会です。自分の事ばかりを話すのではなく、互いに理解しようという気持ちで臨む事で言葉のキャッチボールにも繋がります。素直に、その時の会話を楽しみながら自分をアピールしていきましょう!

img*質問はよく聞いて、答えよう!

自分から状況を提供していこう

相手の質問に、ただ「はい」「いいえ」「それはあまり気にしません」など、単語だけで返していては話は膨らまない。自分から『情報を提供していくこと』も重要だ。

[ 面接での受け答えの例 ]

相手
この仕事は、コンピューターを使うことが多いのですが、大丈夫でしょうか?
自分
日頃は、学校のレポート作成でワードを使うのと、インターネットやメールをする程度ですが、それでも大丈夫でしょうか?
相手
ええ。コンピューターに触るのも嫌というのでなければ、操作方法や入力の仕方などは指導しますから大丈夫ですよ
自分
それであれば、問題はないと思います。新しいことを覚えていくのは好きなので

STEP4-5.自分からも質問しよう!

求人サイトや求人誌の情報だけではその企業の事は分からないので不安になりますよね。不安になると相手の質問を受け身でとらえがちですが、自分から積極的に質問する事も大切!そうする事で実際に働き始めてから後悔する事もなく、楽しくお仕事ができるでしょう。

面接で改めて確認してみよう

仕事内容、勤務時間、勤務地、時給・日給など、給与の支払い条件、社会保険の有無(長期アルバイトの場合)、職場環境、その他 自分が気になっていること

STEP4-6.最後に「ありがとうございました」の一言を!

面接が終了したら、「ありがとうございました」と挨拶!最後まできちんとした対応を心がけよう。気が抜けて、ダラダラ歩いたり、ドアを乱暴に閉めたりするのはNG!会社やお店を出るまでが面接だと意識しよう。

こんな態度は要注意

  • 出口に向かって、ダラダラ歩く
  • 乱暴にドアを閉める
  • 好奇心からオフィスの中を覗きこむ
  • ロビーやエレベーターの中で電話をかける(ビルを出るまでは、まだその会社の中!)

STEP4-7.敬語が苦手でも丁寧に話せばOK!

敬語が苦手という人は多い。でも無理やりおかしな敬語をつかうくらいなら、丁寧に話すほうが、話に集中できて安心だよ!

言葉を丁寧にするには

たとえば、「好きなスポーツは何ですか?」に対して、「サッカー」では乱暴。「サッカーです」と、語尾に「です」「ます」をつけるだけでも印象は大違い!つまり、言葉を丁寧に話すこと。また、緊張すると、自分が思っている以上に早口になって、聞き取りづらいことが多い。

そこで以下の3つを意識しよう!

  1. 言葉を付け足して、丁寧に話す
  2. 意識して、ゆっくり話す
  3. 語尾までしっかり、相手に伝えるように心がける

面接時のマナー編

もっと見る

img*INDEX

img*WEBで応募する

img*電話で応募する

img*履歴書の書き方

img*面接の準備

img*面接時のマナー

img*バイト初日にむけて