2020.08.12

【ケース別の回答例あり】面接で印象のいい退職理由とは?転職を有利にするためのポイントを解説!

面接で印象のいい退職理由とは?
転職を有利にするための
ポイントを解説!

面接で印象のいい退職理由とは?転職を有利にするためのポイントを解説!

転職の面接では、退職理由を聞かれることがほとんどです。
退職理由は人によりさまざまですが、どのように伝えれば良い印象を与えられるのでしょうか。
本記事では、面接官に良い印象を与える退職理由の考え方や、回答のポイントをまとめました。
また、ケース別の退職理由を例文として紹介していますので、ぜひ役立ててください。

面接ノウハウ関連記事

面接で退職理由を聞く理由とは?

転職の面接において、企業が退職理由を聞くのはなぜでしょうか。
その理由は大きく2つに分けられます。きちんと理解し、質問の意図に沿った回答を行いましょう。

あなたの性格や考え方を知るため

1つ目の理由は、退職に至った理由を聞くことで、あなたがどのような性格や考え方をしているのかを知るためです。
面接官は、組織や仕事に対してどう考え、どのようなことを大切にしているのかを見ています。
あなたが企業の求める人物像にマッチしているのか、今後活躍してくれる人物かどうかを判断するのが狙いです。
いくら納得がいく退職理由であっても、それが企業のスタイルに合っていなければ、採用は難しくなります。
例えばバリバリ働いて成果を上げるために、年功序列の組織を退職する人が、同じような企業文化を持つ会社に入社することは、ミスマッチでしかありません。
企業や組織にはそれぞれの文化や風土があります。
応募者が会社にしっかりと馴染み、長い間働くことができる人物であるかが判断のポイントです。

同じ理由で辞めることがないか、適性を知るため

2つ目は、同じような理由ですぐに辞めてしまわないかを見るためです。
企業としては、当然、新たな戦力になる人材は長く働き続けてほしいと考えています。
どのような理由であっても、一度会社を辞めたという事実がある以上、また退職を繰り返すのではないかという視点は、面接官の多くが持っています。
早期に退職されてしまうと、会社は採用コストや育成にかけた時間を無駄にし、新たな人材の補充に時間を割かねばなりません。
そのようなリスクを避けるために、きちんと退職理由を確認し、自社と適性が合う人材かどうかを見極めています。

面接で退職理由は正直に伝えるべき?

面接で退職理由は正直に伝えるべき?

では、実際の面接において、退職理由をどのように伝えるのがいいのでしょうか。
人にはそれぞれの退職理由があり、なかには正直に伝えるべきかどうかを迷うものもあるかもしれません。
ここでは、退職理由の伝え方について、基本的な方針を紹介します。

基本的には本当の理由を正直に伝えよう!

どのような理由であっても、基本的には正直に退職理由を伝えましょう。
もちろん何もかも赤裸々に語る必要はありませんが、できるだけ正直に話すことが大切です。
きれいな理由でなくてもかまいません。
あなた自身の言葉で正直に伝えることが、結果的に好印象につながります。
嘘をつけば、その場をうまく切り抜けることもできるかもしれませんが、後々トラブルを引き起こす可能性があるため、やめておきましょう。
また、嘘をつき通すことに自分自身が辛くなってしまうこともありえます。

言いづらい理由は嘘ではなく言い換えで印象悪化を防ごう!

ものごとを正直に話すことは、面接に限らず仕事や対人関係において基本的なことですが、なかには言いづらいこともあるでしょう。
例えば人間関係の悪化により退職した場合など、デリケートな内容をすべて話す必要はありません。
すべてをありのままに語るのではなく、工夫して伝えることで、印象の悪化を防ぐことができます。
決して嘘をつくわけではなく、言い回しを変えたり、話のポイントをずらしたりすることで、ポジティブで意欲的な転職理由に変換し、好印象につなげましょう。

面接の印象をよくする退職理由の
答え方のポイント

好印象を与える退職理由の答え方について、ポイントをまとめました。
退職理由に関する質問の意図を理解したうえで下記のポイントを押さえ、正直に話すことを心がけましょう。

退職理由とセットで志望動機を話す

退職理由と志望動機は、ストーリーに一貫性がなければなりません。
現職で実現できないことが、志望する企業では実現できる、という話の流れを意識してください。
この部分があやふやだったり、整合性がとれていなかったりすると、面接官からの印象も悪くなりかねません。
きちんと一貫性のあるストーリーを話すことで説得力が増し、好印象につなげることができます。

前向き・ポジティブな伝え方をする

退職理由には、程度の差こそあれ、ネガティブな要素が含まれてしまいます。
しかし、ネガティブな退職理由でも、切り口を変えることで前向きな理由として伝えることが可能です。
前向きに考え、話すことができる人は、どのような企業であっても良い印象を持たれます。
退職理由に限らず、面接での受け答えは前向き・ポジティブに話すことを心がけましょう。

希望を叶えるためにした行動や努力を伝える

退職理由は、現職において自分の希望が叶わなかったことを意味します。
今の会社において、その希望を叶えるためにどんなことを行ったのか、職種を変えるため異動を申し出たなど、できるだけの行動をとったという事実を伝えましょう。
きちんと説明することで、改善のための行動ができる人だという印象を与えることができます。

具体的な退職理由にする

退職理由は、必ず具体的に話しましょう。
例えばキャリアアップであれば、今後どのようにキャリアを積み上げていきたいのかをきちんと説明する必要があります。
具体的な内容を知ることで、応募先企業の文化や働き方にフィットするかを判断することができます。

答えるときは自信を持ってハキハキと

退職理由というデリケートな問題については、特にはっきり話すことを心がけてください。
声が小さく、自信がなさそうに話すと、聞く側の人間も不安に感じてしまいます。
大きな声で元気良く話すことで、同じ話でも受け取る印象は大きく変わります。
どのような理由であっても、自信を持ってハキハキと話すことが大切です。

面接でマイナス評価になる?
避けるべきNGな退職理由

面接でマイナス評価になる?避けるべきNGな退職理由

退職理由には、避けるべき表現がいくつか存在します。
これらの理由を面接で話すことは、どのような企業であってもマイナスの評価を受ける可能性が高いです。
避けるべき退職理由について紹介します。

愚痴や悪口だけを言う

面接は文句を言う場ではありません。
愚痴や悪口などネガティブな発言は面接では避けましょう。
面接官も人間です。愚痴や悪口などは聞いていて気持ちの良いものではありません。
不快なだけでなく、場をわきまえない人だという印象を与えてしまうため、絶対に避けるべきです。
愚痴や悪口はポジティブな表現に変更し、前向きに自分の意欲を伝えることで好印象につなげていきましょう。

嘘の転職理由を言う

先ほども紹介しましたが、嘘の転職理由を言うことはやめましょう。
転職活動では、企業が求めるスキルと人間性がマッチすることが大切です。
嘘をついて面接に合格したとしても、実際にマッチしていなければ、今後働き続けることが難しくなるかもしれません。
そのため、できるだけ正直に伝えることを心がけ、伝わりにくい表現は避けたり、切り口を変えたりするなど工夫をして話すようにしましょう。
きちんと本音でマッチした企業で働くことが、結果的にあなたにとってプラスに働くはずです。

人間関係の理由をそのまま話す

人間関係を理由に会社を辞める人は多いですが、面接で転職理由を話すときにそのまま伝えることは避けた方が無難です。
現職に限らず、転職先でも当然組織で働くことになります。
組織で働く以上、たくさんの人と関わることになりますが、そのなかにはどうしても合わない人も出てくるかもしれません。
人間関係が理由で退職したことをそのまま伝えてしまうと、転職後も人間関係のトラブルがあれば退職してしまうのでは?などと思われる可能性があります。
そのようなことを避けるためにも、例えば「チームワークがしっかりした組織でコミュニケーションをとりながら働きたい」といったように、組織や働き方を切り口としたポジティブな表現に変更して話すのがいいでしょう。

これでバッチリ!
退職理由の例文をケース別に紹介!

ここまで、退職理由を伝える際の注意点や気をつけるポイントについて紹介してきました。
今までのポイントを踏まえ、ケースごとに退職例文を紹介します。

給料が不満で退職した場合

「私の会社では、年功序列で職級が上がり、業務の面でも自分たちが中心になって取り組む機会がなかなかありません。
私は、若いうちから大きなプロジェクトに取り組みたいと思っており、そのような働き方が実現できる御社に大変興味を持ち、志望しました。」

「現職では、新商品の営業担当としてトップの売り上げを上げることができました。
自分自身大きな情熱を持って取り組んだ案件でしたが、その成果が評価や給与に反映されることはなく、モチベーションを維持するのが難しいと感じています。
営業担当として多くの売り上げを上げることが、会社に対する一番の貢献であることは承知しておりますが、成果に対する評価が得られる環境で、より仕事に情熱を注ぎたいと考え、退職することを決意しました。」

「給与」や「収入」といった言葉の使用は控えめにしつつ、評価制度や組織についてフォーカスした話をすることで、やりがいのある職場で働きたいという意思を示すことができます。

残業や休日出勤が多くて退職した場合

「現職では、残業や休日出勤が常態化しており、月に80時間から100時間程度の残業を行っています。
たくさんの業務をこなすことでさまざまな経験を積むことができた半面、余暇はどうしても体を休めることが最優先になってしまい、自己啓発などに時間を割くことができていません。
働き方についての見直しを何度も提案しましたが、なかなか受け入れてもらえず、この現状を変えたいと思い転職を決意しました。」

「今の職場は業務量が非常に多く、毎年多くの退職者が出ている状況です。
その都度新しい人材を採用しているのですが、同じような理由で辞めていく人がとても多く、悪循環に陥っています。
このような状況下で長期的な人材育成を行うことは難しく、結果的に既存社員の業務量が増加しています。
改善を上司に訴えましたが、1年経っても状況は変わらないままでした。
私自身もこのままでは良いパフォーマンスで働くことは難しいと感じており、退職することを決意しました。」

どんな企業で働いたとしても、残業時間をゼロにすることは難しいものです。
しかし、回答例のような極端な長時間労働は、転職を決意する十分な理由になります。
また、そのなかでも何らかの提案を行ったり、改善を試みたりしたという内容を加えれば、より説得力のある話をすることができます。

キャリアアップのために退職した場合

「現職における営業の主な業務内容は、決まったルートのお客様に定期的に商品を販売することです。
業界的にも非常に安定しており今後も売り上げが見込めるのですが、将来的な自分の成長を考えると、より競争の激しい環境に身を置くことで実力をつけるべきだと思うようになりました。
御社は競合の多いなかでも高いシェアを獲得し続けており、ぜひ自分もその一員として実力を発揮し、成長していきたいと考えております。」

「現職では派遣社員として、経理関係の事務作業を担当しています。
事務作業を行うなかで少しずつ経理の業務知識を身に付け、私自身も経理という仕事にとても興味を持つようになりました。
しかし派遣社員という立場上、自分の業務の範疇を超えて新しいことにチャレンジすることは難しく、退職することを決意しました。」

キャリアアップという言葉は抽象的でぼんやりとしてしまうため、より大きな仕事や責任のある仕事といった具体性のある言葉に置き換えることが重要です。
今後のキャリアプランとあわせて、将来的なことも考えて伝えるようにしましょう。

将来性のある安定した会社へ転職するために退社した場合

「今の会社では、××部門の売り上げが大きく減少しています。
そのため、私が勤める国内工場の生産部門においては配置転換や早期退職が始まっており、今後もこの仕事を続けることは難しいと判断しました。
私はものづくりが好きで、この仕事に誇りを持っています。
御社のようなトップシェア製品を多数抱える会社で、よりよいものづくりに貢献したいと考えております。」

「今の職場では、経営陣の意向により、製品設計に対して非常に短いサイクルで対応せざるを得ない場合が多く、十分に検討や確認がされていない製品を納品しているのが現状です。 そのため、いざ使用してみると不具合が多く、トラブル対応に追われる日々を過ごしています。 お客様は我々を信頼して商品を買ってくださっているため、このようなやり方には強い抵抗があります。 経営陣に提言したものの、方針は変わらないため、転職することを決意しました。」

業績悪化による人員削減など、将来性に不安を覚え転職を考えるケースは多くあります。
将来性がないと考える理由を、なるべく具体的な説明を交えながら話すことで、説得力のある内容になります。

体調や家庭の事情で退職した場合

「前職では、業務量の多さと、持ち前の責任感の高さから、すべての業務に全力で向き合い体調を崩す結果になりました。
しかし、これまで経験してきた業務を今後も続けたいという気持ちを強く持っており、経験を活かせる御社で働きたいと考えております。
体調に関しては、療養の末無事に回復することができました。現在は業務を行うことに支障はありませんが、健康面には十分に留意して仕事に臨みたいと思っております。」

「母が体調を崩し、家族全員で介護をすることになったのですが、会社に通いながら介護を続けることが難しく、退職することを決めました。
御社は私のこれまで経験してきた業務スキルを活かすことができ、かつワークライフバランスも整っているという印象を持っております。
現在、私以外の家族が介護を行ってくれているので、母の体調はずいぶんと回復していますので、業務に支障はなく、仕事に集中することが可能です。」

体調や家庭の事情を抱えていると聞くと、企業側は長く働くことができるのか不安に感じてしまいます。
そのため、今後業務を行っていくうえで支障がないという点を強調して話すことが大切です。

人間関係が理由で退職した場合

「現職では、各メンバー個人の能力の範囲で業務を進めることがほとんどでした。
実際には厳しいノルマが課されており、個人の力だけで業務を進めていくのは難しいというのが現状です。
組織の在り方や業務の進め方については部長の一存ですべてが決まってしまうため、業務改善の提案などはすべて却下されてしまいました。
そのため、私はチームで何かを成し遂げる組織に転職したいと考えております。」

「今の会社では、自分の意思表示をして仕事に取り組むことが難しく、与えられたことに対して淡々と取り組むといった働き方になっています。
私はさまざまな人と相談をしながら作り上げていくのが好きで、コミュニケーションに重きを置いた働き方をしたいとずっと思っていました。
新聞記事で読んだ御社の双方向のコミュニケーションを重視した組織づくりに感銘を受け、自分もそのなかで働きたいと強く感じています。」

ハラスメントも人間関係の一例です。
ハラスメントにあっていたから退職したと明言しても全く問題ではありませんが、中には「思い込んでいるだけじゃないの?」と疑惑の目を向ける担当者がいないとも言い切れません。
そのため、面接の場ではハラスメントという言葉を使うことは避け、人間関係やチームや組織の問題としてとらえることで、前向きな志望動機に変えていきましょう。

入社後すぐに退職した場合

「現職には開発チームのマネージャー職として入社する予定でした。
しかし、私が入社する直前に採用担当者が退職してしまい、私の配属は白紙になり、現在は当初の予定とは異なり企画部で業務を行っております。
企画の仕事に精いっぱい打ち込んではいますが、やはり開発の仕事をしたいという気持ちは変わりません。
人事や開発の方とコミュニケーションをとりながら異動の可能性を探っていますが、少なくとも数年はこの組織で進めたいという会社の意向もあり、難しいのが現状です。
そのため転職し、開発者として、これまでの経験を存分に活かして働いていきたいと思っております。」

短期離職の場合は、誰が聞いても納得できるような理由を答える必要があります。
「長期で働くつもりだったが、やむを得なかった」ということがしっかり伝わるようにしましょう。

履歴書の退職理由と一貫性を持たせるように意識しよう!

履歴書の退職理由と一貫性を持たせるように意識しよう!

中途採用の面接を受ける際、ほとんどの場合は履歴書や職務経歴書などの書類を事前に送付し、その情報をもとに選考が行われています。
つまり、面接官はあなたに関する書面上での経歴は理解したうえで面接が行われるため、書類に記載した内容と異なる話をすることがないよう注意しなければなりません。
履歴書や職務経歴書の記入内容と面接で話す内容に一貫性を持たせ、矛盾がないように話すことを心がけてください。
一般的に、履歴書の職歴欄には退職理由の概要のみを記入します。履歴書はスペースが限られているため、退職理由について詳しく書くことはできません。
そのため、面接時にはその内容を深掘りして詳しく説明することになります。前向きな転職理由を、自信を持って大きな声で伝えましょう。
面接においては、人間性や話す内容など、すべての面で一貫性を持たせることが大切です。
退職理由に限らず、履歴書や職務経歴書の記載内容と、面接での受け答えに相違がないよう気をつけましょう。

まとめ

ネガティブな理由での退職でも、前向きな表現ではっきりと話すことで、面接官の印象は大きく変わります。
うまく志望動機と結びつけ、あなたのやる気と熱意を伝えることができれば、合格をぐっと手繰り寄せることができるでしょう。
まずはなぜ自分が退職するのかについてきちんと言語化し、ポジティブに表現するところから始めてみましょう。



【面接関連記事】
【面接対策】バイトの面接マナーまとめ(服装・髪型・当日マナーなど)
アルバイトの面接に応募する時の不安を解消!電話のかけ方のマナーを徹底解説!
【何分前が最適?】面接の到着時間のマナーと遅刻したときの対処法を解説
バイト面接の服装まとめ!男女別に好印象な服装やバッグを紹介、Web面接の対策も!
バイトの面接で緊張しないための4つのポイント・コツを紹介
【アルバイト・パート】面接でよくある質問・答え方まとめ【年代・職業別】
バイトの面接に遅刻しそう!電話?メール?内容とタイミング
【面接Q&A】30.面接終了後は御礼するべき?(電話・メール)

【面接お役立ち記事】
転職の面接後に内定辞退をするときのマナーと連絡の例文を紹介!
「ほかに受けている企業は?」面接で聞かれた場合の回答方法(ない場合の回答例あり)
30代半ばの転職で、採用・不採用を決める5つのポイント
【例文で解説】志望動機の面接での答え方【転職・新卒・バイト・パートに対応】
【面接の心得】転職の面接で知っておきたい鉄則7カ条
異業種への転職は難しい?志望動機の書き方や面接の回答例も紹介
ベンチャー企業の面接で刺さる!志望動機の答え方をOKとNGの例文付きで解説!
20代は未経験でも転職のチャンスあり?年収アップの戦略や失敗例も紹介!
面接でキャリアプランを聞かれたときの答え方は?似たような質問も一緒に対策!
1年以上、仕事にブランクのある人が転職で注意するべきポイントとは
転職の面接で希望年収を聞かれたらどう伝える?伝え方や書き方についても解説
【面接Q&A】「転職理由は何ですか?」の答え方のポイントを例文付きで解説
転職の最終面接の対策まとめ!服装・よくある質問・逆質問・合格する人の特徴など
転職回数が多い場合面接の自己紹介・自己PRはどんな内容にする?
【転職の面接Q&A】現在の会社(前職)の名刺を渡すのはOK?もらう時はどうする?
転職の最終面接でよくある質問と回答のポイントを例文付きで解説!
【転職の面接】「最後に何か質問はありますか?」逆質問で好印象を与えるポイント・例文を紹介
転職の面接の時間は30分だと短い?1時間だと合格?長さで合否が変わるって本当?
【転職の面接】自己紹介の答え方を徹底解説!職業別の例文やNG例も紹介!
【転職】最終面接の合格率ってどれくらい?役員面接の突破率を上げるためのポイント
転職の最終面接の結果は何日くらいで連絡が来る?合否連絡が遅い理由とは?
就職・転職の面接で服装自由や指定なし、平服の場合は私服でいいの?スーツの方がいい?
就活・転職の面接で腕時計は付けるべき?理由や選び方、注意点を徹底解説!
【女性の転職】面接の服装でもう迷わない!スーツ・インナー・バッグなどの選び方、着こなし方を紹介!
【転職活動】面接の電話の受け方やかけ方、折り返し方などを例文付きで解説!
転職面接の服装(男女別、年代別、職業別等)の選び方と注意点
面接の印象をよくする長所の答え方を例文付きで紹介!
中途採用・転職の面接でよく聞かれる100の質問
【面接対策】面接でよくある質問まとめ(社員編)
【例文つき】面接から入社まで、面接後の対応「お礼メール・辞退」はこれで完璧!
社員・転職の面接マナーまとめ(受付・入退室・服装・Webの面接対策など)
「是非会ってみたい」と思わせるWeb応募のアピールポイントはココだ!

カテゴリ一覧