【バイト面接Q&A】バイト面接のベストな到着時間は何分前?|ボムスbyバイトル編集部

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

アルバイト履歴書は封筒に入れるべし!持参方法、渡し方を伝授

アルバイト履歴書は封筒に入れるべし!持参方法、渡し方を伝授

「履歴書はなんとか完成させられたものの…これ、面接会場まで何に入れて、どうやって運んだらいいの?渡すときはどんなタイミングでどうやって渡せば失礼にならないの?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。ここではそんなあなたの悩みを解決するために、定番マナーと知恵をご紹介します。

 

履歴書をそのままカバンに入れるのは避けよう!

せっかく完成させた履歴書をそのままカバンに入れてしまうのはNG。汚れたり折れたり、貼った写真がはがれてしまったりしてはせっかくの努力が水の泡ですよね。何より、面接会場でカバンからむき出しの履歴書が出てきたら、採用担当者はどのように感じるでしょうか?自分の履歴書さえ丁寧に扱えない人だと感じてしまうかもしれません。
そもそも、インターネットが普及しているような時代、わざわざ履歴書を持参させる意味を考えてみてください。これから仕事をしようと思っている人が自分をアピールするために作成した書類をどう扱うかということは、採用担当者が注目している点でもあります。履歴書はそのものが面接のための資料になっていると共に、その扱い方が人となりを判断する材料にもなっています。どんな人でも履歴書をむき出しでカバンに入れたら汚れたり折れたりしやすいことや写真がはがれやすいことはわかるはずですから、それにも関わらず履歴書をむき出しで直接カバンに入れて運ぶことを選んだと判断されかねません。面接前からマイナスの印象を持たれてしまいますから注意しましょう。

 

封筒は白色封筒を使用!大きさはどれくらいがベスト?

履歴書は封筒に入れて運ぶのがマナーです。封筒というと郵送に使うものというイメージかもしれませんが、ビジネスの場では大事な書類を運ぶときにも使うものです。きちんと封筒に入れて持って行かないと、マナーを知らないという判断をする採用担当者もいますから気を付けましょう。
封筒のサイズは履歴書を折らずに入れられるものがベストです。せっかく書いた履歴書も折り目が付いてしまうと読みにくくなってしまいます。採用後にファイリングされることも考えて、折り目が付かないように持って行くとよい印象を持ってもらえます。ですから、A4サイズの履歴書を持ち運ぶのであればA4サイズ以上の封筒を選ぶのがおすすめです。郵送の場合はハサミで切って開封することを考えなければならないため、少しサイズに余裕を持たせる必要がありますが、持参する場合は封をせずに持って行くため、中身を取り出しやすいサイズであれば問題ありません。
また、郵送するのでなければ送付状も必要ありません。色は茶ではなく白を選ぶようにします。封筒の色で採否が決まるわけではないという声もありますが、茶の封筒の方が安価なため、白を選んでおいた方が印象はよくなります。白い封筒を選ぶのがマナーだという採用担当者もいますから、不安材料はできるだけ減らしておくという意味でも白い封筒を選んだ方が無難です。

 

履歴書を持ち歩く時に!封筒に記入しておく必要性は?

履歴書入りの封筒を郵送する際には住所や宛先などを書かなければならないことがわかるけれど、持参する場合は何を書いたらよいかわからないという人もいるでしょう。そもそも何か書かなければならないのかどうかもわからないという人もいるかもしれません。
履歴書の封筒は、持ち歩く場合は直接提出するわけですから宛名を書く必要はありません。しかし、書かなければならないことはいくつかあります。まず、封筒の表面には履歴書が入っていることがわかるように赤い文字で「履歴書在中」と書き、その周りを四角く囲っておきます。
宛名の部分が空白になるため、書く位置は左下になります。裏面は、基本的に誰が提出する封筒かがわかるように、郵送するときと同様に住所や氏名を書きます。その際に、履歴書を提出する年月日も記入しておくようにします。ただし、履歴書は封筒ごと提出しない場合もあるため、封は糊付けせずに持参します。

 

シワを作らないために!クリアファイルも活用しよう

履歴書を折らずに入れられる、B5サイズやA4サイズの透明ファイルと白色の封筒を用意しましょう。どちらか一方に入れて持って行ってもよいのですが、おすすめは両方使いです。クリアファイルに入れ、さらに白色封筒に収めれば汚れや折れを防止できて安心です。封筒だけでも十分に履歴書を保護できると思うかもしれませんが、クリアファイルを1枚入れるだけで、履歴書も封筒もシワになりにくくなります。カバンの中で封筒の角が折れてしまうのも防げます。また、万が一の水濡れ防止にもなるうえに、封筒からの取り出しやすさもクリアファイルがあるのとないのとでは大違いです。多くの履歴書を扱う採用担当者にとって、ストレスなく履歴書を取り出せることはありがたいことですから、履歴書がきちんとクリアファイルに納まっているのを見れば、丁寧で細かい気配りができるという印象を持ってもらえるはずです。クリアファイルは無職の透明か半透明のものを選びましょう。

 

封筒の持ち歩き方!カバンに入れるのはありなの?

クリアファイルと封筒で保護されているとはいえ、中身のごちゃごちゃしたカバンに押し込んだら、モノに圧迫されて履歴書にシワがついてしまうのも心配です。なるべくカバンの中身はスッキリさせて、履歴書が折れにくい状態を整えるようにしましょう。ついついありがちなのが、冷たい飲み物入りのペットボトルなどのそばに入れてしまって、うっかり大事な書類が湿ってしまったというケース。飲み物をカバンに入れる際は細心の注意が必要です。ペットボトルの結露だけでなく、突然の雨などでカバンごと濡れてしまうこともありますから、封筒の外側にもクリアファイルを使用して万全を期しておくと安心です。

 

渡す時は封筒から出す!綺麗な状態を意識しよう

面接官には、封筒・クリアファイルから出した状態で渡すことになります。「なんだ、渡すときは使わないんだから何に入れて行っても同じじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。しかし相手の目の前で履歴書を準備するときに、カバンの中から直接ゴソゴソ引っ張り出すよりも、きれいなファイルから出したほうが、相手にはきちんとした印象を与えることができます。履歴書が折れ曲がったり汚れたりしないように気を付けて持参したことがさりげなく伝わったうえで、相手が読みやすい向きを考えて渡していることもわかれば、さらに気配りができている人だというイメージを持ってもらえるので一石二鳥です。

 

三つ折りはNG!履歴書を折る場合の正しい作法は?

市販の履歴書を使用する場合、最初から二つ折りになっているため、その状態は折ったという判断にはなりません。履歴書で三つ折りというのは、二つ折りの状態から三等分に折った状態を指します。
市販の履歴書に付属している長封筒に入れようとすると三つ折りにせざるを得ないわけですが、なるべく折らないようにするのが履歴書のルールですから、その点は矛盾しているかもしれません。履歴書に長封筒が付いているのは、そのサイズの履歴書を最も安い料金で郵送できるからで、受け取った採用担当者の印象や読みやすさは度外視されています。履歴書は折り線が入ると読みにくくなりますし、ファイリングがしにくくなるため、採用担当者のことを考えればできるだけ折らないようにするのが親切です。
もちろん、三つ折りにしたということだけで不採用になるということはないかもしれませんが、きっちり角を揃えて3つに折っていない場合は雑な印象にもなりやすいのは確かです。パートやバイトの場合は三つ折りでも構いませんが、バイト先の採用者の読みやすさなどを考えるのであれば、折らないのがベストです。特に、持参するのにわざわざ折りたたんで小さな封筒に入れて持って行くのは不親切に感じられますからやめた方がよいでしょう。

 

面接官への渡し方!これ1つで印象が変わる可能性も?

たいていの場合、会場に入ったところで面接官から履歴書の提出をするよう指示があります。指示を受けたら封筒・ファイルから出した状態の履歴書を広げて、両手で渡しましょう。そのとき、あいさつ・自分の名前・面接してもらえることへのお礼などを手短に伝え、「よろしくお願いいたします」という言葉を添えると好印象です。
履歴書は面接官に目を通してもらわなければ意味がありませんから、面接官がすぐにでも読めるように向きを考えて渡すようにします。その際、封筒やファイルの中に入れたまま渡さないように気を付けましょう。封筒やファイルはあくまでも履歴書を運ぶ際に汚れや折れ目が付かないように保護するためのものです。
しかし、履歴書の下に封筒とファイルを添えて渡すと、受け渡しがしやすくなるので、下に重ねるようにして一緒に渡すとよいでしょう。丁寧に履歴書を扱っていることも伝わります。自分の名前を述べたうえで「本日はお忙しい中お時間を割いていただきありがとうございます。履歴書を持参いたしましたのでご確認のほどよろしくお願いします」などとあいさつしながら手渡すと好印象です。

 

履歴書を郵送するなら!送り方と書き方のマナー

履歴書は郵送する場合には送付状を添えて送ります。履歴書に限らず、ビジネス上の書類は送付状を付けて送るのがマナーです。
そのため、企業では送付状を確認することで誰からどんな内容の書類が送られてきたかをチェックする習慣があります。ですから、企業宛てに履歴書を送る際には、送付状を添付することで、そのことをよく理解していることが伝わります。ただし、送付状はビジネス文書の体裁で書くことになります。一般的な手紙の書き方とは異なるため、どの位置に名前や宛名を書くか、頭語と結語はどのように使って書くのかといった基本的な書き方をきちんと確認しておくことが大事です。
郵送の場合も、履歴書はクリアファイルにはさんでから、なるべく折らないで入る封筒を選んで送りましょう。切手代が不足するのは問題外ですが、切手を余分に貼って送ってもいい加減な人だと受け取られる可能性があります。履歴書を郵送するのなら、できるだけ郵便局の窓口まで行き簡易書留で出すようにしましょう。

 

バイトの履歴書でも!封筒は絶対に欠かせないもの!

バイトの面接に履歴書を持参するなら「こうすればベター」という定番マナーをご紹介しました。業種や面接官のタイプによっては履歴書の出し方にこだわらないケースもありますが、そんなときこそ渡す時の挨拶や笑顔を欠かさないようにしましょう。履歴書をどのように渡すかで印象が大きく変わります。いくら履歴書の出し方にこだわらない業種や面接官でも、しっかりと心遣いができているかどうかは伝わるため、きちんとした形で渡して損することは少なくともありません。バイトであってもアピールしたいことがきちんと伝わるように、できるだけマイナス評価になることは避け、プラス評価になることを積極的に取り入れるようにしましょう。

この記事が役に立ったらいいね!してください

バイト求人探すならバイトル

-->