トータルテンボス★スターアルバイト烈伝(前編)|バイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

トータルテンボス★スターアルバイト烈伝(前編) 小学生の同級生コンビ・トータルテンボス。学生時代から下積み時代まで、何度となく同じアルバイト先で働いたという、二人のアルバイトエピソードとは……?

トータルテンボス

Profile

(写真左から)大村朋宏/1975年生まれ。藤田憲右/1975年生まれ。

小学校の同級生だった二人で、1997年にコンビを結成。東京NSC3期生。『よしもと下剋上』(TBSラジオ)、『くさデカ』(テレビ静岡)、『爆裂バラエティー シャバダバの空に』(関西テレビ)などにレギュラー出演中。

前編

トータルテンボス

小学生時代から友人だった二人
初アルバイトは揃って焼肉屋へ

藤田:初めてのアルバイトは高校1年の冬休み、二人で一緒にやりましたね。地元の焼肉屋でした。とはいっても、忙しい時期だけの短期バイトで1週間ぐらい。僕が厨房で、大村がホールで。
大村:働くのは、こんなに苦痛なものなのかと(笑)。ただ、自分たちで勝手にふざけて楽しんでましたけどね。お客さんの残した肉をつまんだり、店長をおちょくったり。店長、すごくマジメで、誰よりも接客に熱心だったんです。バイトが「いらっしゃいませ」と言ったら、どんなに遠くにいても「いらっしゃいませ!」と、入口まで走っていくような人で。それに気づいて、お客さんが来ていない時にも「いらっしゃいませ」と叫んで、店の奥から走ってくる店長を見てニヤニヤしてましたね。「誰もいないじゃないか!」って、よく怒られましたけど。
藤田:それから5、6コ、同じバイト先で働きました。焼肉屋の次が、高速道路のサービスエリアにあるレストラン、その次が大手居酒屋チェーン。
大村:一緒に面接に行くと、二人とも希望を出してないのに、なぜかどの店でも藤田が厨房、僕がホールと、振り分けられたんですよ。ホールって女のコばっかりだから、僕は女のコたちと仲よくなれるじゃないですか。それに比べて藤田は、異国の方とすっげぇ友達になっていて……。
藤田:あー、サービスエリアの時ね。イランだか、バングラデシュだかから来た、留学生のパンくんと仲よくなりました。日本語を教えながら、何分で皿を洗いきれるか、二人で勝負したりして。
大村:そんな藤田を見て、僕はホールでよかったなぁと思ってましたね(笑)。

トータルテンボス

芸人を目指しながら居酒屋でアルバイト
店長から言われた、まさかの一言とは!?

藤田:居酒屋でバイトしていたのは、ちょうどNSC(吉本総合芸能学院)に入って芸人を目指していた頃です。僕ら、オープニングスタッフだったんですよ。
大村:そこでも、藤田が厨房、僕がホール(笑)。近所では「あの店ができたぞ!」と話題になっていたから、めちゃくちゃ忙しくて。ホントにつらかったです。
藤田:僕は楽しかったですね。持ち場がローテーション制だったので、焼き場とかフライヤーとか、串とか、いろいろ経験できて。飽きはなかったです。それに、ニラ卵がおいしい店だったから、こっそりレシピを覚えて、家で同じ味を再現してました。レシピを盗めるのは、厨房の特権かもしれないです。……そういえば、大村はこの店でもよくイタズラしてたよな。
大村:開店前、藤田が「エプロンがない! 帽子がない!」と騒いで、厨房のスタッフみんなで探してたんですよ。ま、僕が隠したんですけど(笑)。で、料理を運ぶエレベーターにエプロンと帽子を乗せて、1階から黙って2階の厨房に上げて。
藤田:エレベーターが来るとビーッて音が鳴るので、「エレベーターが来たぞ」、「なんで開店前に?」と、みんなで注目してたら、僕のエプロンと帽子が……。「大村くんの仕業だね」と、笑いましたけどね(笑)。
大村:まあ、おもしろいバイト先でしたけど、だんだん面倒になってきて。「すみません、今日ライブが入って」と、二人で何度かズル休みしちゃったんですよ。
藤田:そんな若手に仕事なんてあるはずないのに。そうしたら、ある時、店長に呼び出されて「二人はもう、お笑いに集中したほうがいいね」と(笑)。
大村:「だいぶ軌道に乗ってるようだし」ってね。結果、こうして世に出られたからいいですけど、ずっと売れなかったら「なんだったんだ、アイツら」と言われてたでしょうね。
藤田:でも、優しい店長だよな。普通は「あんまり来られないならクビだから」って言うじゃないですか。それを「お笑いに集中」って(笑)。今、思い出しても笑えますね。

スターたちからのカラーバイトルユーザーへの熱烈&応援メッセージはこちら!きっと、きっと、あなたの元気になる!ヒントになる!ぜひ、ご覧ください。