これまでの求人募集が変わる! 求職者が応募したくなる採用のヒント~アルバイト・パート3,000人アンケート~

調査概要

●調査主体:ディップ株式会社
●調査手法:インターネットアンケート(株式会社インテージのモニター利用)
●調査実施時期:2018年9月28日(金)~2018年10月2日(火)
●対象者条件:全国 16~69歳 男女 現在、長期(6カ月以上)前提での仕事を探している、
または直近1年以内に長期(6カ月以上)前提での仕事を探していた人
●サンプルサイズ:n=3,036サンプル

調査背景

リーマンショック後、10年で採用を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。少子高齢化などにより、様々な人が働くようになったと同時に、ライフスタイルや働く目的の多様化により、働き方も変化しました。採用を成功させるためには、求職者の実態を把握したうえで、最適なコミュニケーションが必要です。企業と求職者との最初の接点である「募集」という重要なプロセスを最適化する処方箋を探ります。

本レポートについて

本レポートでは、求職者が求人を検討する際の基準を「募集条件」「待遇・制度・条件」「環境・雰囲気」の3つのカテゴリに分け、調査を行いました。
容易に変更しづらい項目も存在しますが、求職者のニーズを把握したうえで募集をすることで、より良い採用につなげることができます。属性別データもダウンロードいただけますので、属性に合わせた「条件の変更・緩和」「情報提供・表現の見直し」にお役立てください。併せて、これまで訴求できていなかった属性への「ターゲット拡大」をご検討ください。

 

【index】
応募を検討するための大切な要素
○求職者が知りたい仕事内容
○求職者が知りたい給与関連の情報
○求職者が希望するシフト
○職種の許容と希望
○求職者が希望する待遇・制度・条件
 「交通費支給の有無」の応募意欲への影響と、「希望する支給タイミング」
 「希望するシフト」と「シフトの申請タイミング」
 「履歴書返却・履歴書不要」の応募意欲への影響
○応募前に知りたい職場の環境・雰囲気
 応募前におこなう職場の下調べ

ダウンロード版では、
すべてのデータを属性別にご覧いただけます。
また、本編で取り上げていない「未経験者の仕事の探し方」や、「正社員登用への希望」、「給与の支払いサイト」に関する希望などについて取り上げています。


 

応募を検討するための大切な要素

求職者が仕事探しをする際に譲れない条件は、企業にとって変更しづらい項目が多数存在します。
しかし、募集時の工夫により応募効果向上を図ることが可能です。求職者の譲れない条件に対し、各項目ごとに応募意向を高める秘訣を探っていきます。

まずは、求職者が仕事探しをする際に“希望を満たしていなければ「応募の検討もしない」”ランキングを
ご覧ください。


Q.希望を満たしていなければ「応募の検討もしない」を1位~3位でそれぞれ選択してください。(1位~3位合算)n=3,036


求職者が重視しているのは、「仕事内容」「給与」「職種」「勤務シフト」など企業にとっては変更しづらい項目が上位を占めました。次のページからは、実際に「どんな条件を希望しているのか」「どんな働き方を希望しているのか」「どんな情報を知りたいと思っているのか」などを詳しく見ていきます。

この記事がお役に立ちましたら、
いいね!・ シェアをお願いします

記事内で扱ったデータの
詳細版がダウンロードできます!

記事内で扱ったデータから
さらに詳細なデータがダウンロードできます!

詳細データダウンロード
会員限定
いますぐ無料で会員登録

会員限定で、新着情報メルマガをお届けします。
平均時給・記事詳細データのダウンロードもできます!

人気記事
編集部おすすめ