警備業で今後も継続したい約4割!理由は希望に合った日程、したくない理由は体力的な負担、割に合わない給与

調査概要

●調査主体:ディップ株式会社
●調査手法:インターネット調査(インテージモニター利用)
●調査実施時期:2019年12月19日(木)~2019年12月24日(火)
●対象者条件:47都道府県在住の警備業就業者
●有効回収数:1,565サンプル


調査背景

リーマンショック以降、上がり続けた有効求人倍率は、2019年12月1.68倍※1となり、2009年12月0.47倍※1(同)と比較すると1.21ポイントも高くなっています。
このことからも企業の人材採用が非常に難しくなっていることがわかります。
なかでも、警備員が該当する保安の職種については8.32倍※1(同)と、全職種中、最も高い水準で、深刻な人手不足が続いています。
警備員の所定内給与額は平均237,200円※2であり、全職種の平均306,200円※2(同)と比較して非常に低く、労働者が集まらない要因の1つとなっています。

また、2020年東京オリンピックでは民間の警備員1万4,000人の動員が決定しており、今以上の採用難が予想されます。
この最も採用が難しい職種の就業実態を明らかにし、現在警備業で働いている正社員(警備員1号・2号)や有期雇用社員(警備員1号・2号)の方々、4属性それぞれの「働く理由」や「警備会社に対して満足している点・不満な点」などから、給与以外の面でいかに警備員として就業したいと思ってもらえるようになるか、就業後に定着してもらえるようになるか、そのヒントを探ります。

参考元
※1 厚生労働省 一般職業紹介状況(職業安定業務統計)有効求人数(新規学卒者を除きパートタイムを含む)
※2 厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査

 
【index】
〇警備業で働いている人の実態
○継続意向とその理由
○就業意向を高めるための改善点
〇警備会社への満足な点・不満足な点

警備業で働いている人の実態

警備業で働く理由

まずは、現在、警備業で働いている人の「働く理由」を見ていきます。

Q. 警備業で働いている理由としてあてはまるものをすべて選択してください。 n=1,565


 

正社員(1号・2号)、有期雇用社員(1号・2号)の4属性において、大きな差はなく、1位「経験がなくてもできるから」(20.1%)、2位「勤務日数が希望と合っているから」(17.4%)に続き、「仕事内容が簡単だから」「人との関わりが適度だから」「勤務時間が希望と合っているから」と、仕事の難易度と適度な勤務日程が可能な点を評価していることがうかがえます。

続いて、これからの継続意向とその理由を見ていきます。

【Pick Up】

ひとつ前の職業・職種

Q. 現在のお仕事で就業する「1つ前」のお仕事の業種・職種を教えてください。 n=1,565

警備業以外からの転職が約9割と、ほとんどが別業種・職種から就業していることが明らかになりました。
この別業務からの就業が多いことも、前出で「働く理由」として挙げられた仕事の難易度に関係しているかもしれません。
また、わずかな差ではありますが、正社員、有期雇用社員を比較すると、有期雇用社員の方がより警備業以外からの転職比率が高くなっています。

前職の職種別に見てみると、4属性で大きな違いは見られませんでしたが、「工場・製造」からの転職は、2号の方がやや高く、また、「営業」からの転職は、正社員の方がやや高い傾向となっています。

継続意向とその理由

継続意向

Q. 今後も継続して警備業で働きたいですか。n=1,565

どの属性でも「とても働きたい」「やや働きたい」と約4割が継続意向を示しました。
一方で、4割以上が「どちらとも言えない」、2割弱が「やや働きたくない」「まったく働きたくない」と回答しています。

正社員(1号・2号)、有期雇用社員(1号・2号)それぞれで大きな違いは見られませんでしたが、やや2号有期雇用社員の継続意向が低いようです。
次項では、継続意向を示した方の「継続したい理由」、継続意向を示さなかった方の「継続したくない理由」を探っていきます。

【Pick Up】

「短期就業予定者」の実際の就業期間

Q.現在の仕事を始めた際予定(計画)していた就業期間を教えてください。また、現在の仕事にはどれくらい就業しているか、その期間を教えてください。 n=485(予定〈計画〉していた就業期間が短期の方のみ)
※予定(計画)していた就業期間において「1年未満」「期間は決めていないが、短期間を予定」の回答者のみ




ここでは、短期間のみ就業しようと思っていた方の実際の就業期間を明らかにしました。
警備業に就業する際に、短期間を予定していた方々のうち、3割弱が1年以上の長期就業をしていることがわかりました。
今後さらに就業が長期化する人が増える可能性は大いにあり、短期就業予定者の就業後の長期就業にも期待ができそうです。

継続して就業したい理由(メリット)

Q. 継続して就業したい理由としてあてはまるものをすべて選択してください。n=605


継続して就業したくない理由(デメリット)

Q. 継続して就業したくない理由としてあてはまるものをすべて選択してください。n=960

継続して就業したい理由は、1位「勤務時間が希望と合っているから」「勤務日数が希望と合っているから」(共に22.0%)、3位「人との関わりが適度だから」(19.3%)に続き、「シフト対応が柔軟だから」と、働く日程に関わる項目が上位を占め、「仕事内容が簡単だから」「体力的な負担が小さいから」なども挙がっています。
これらの回答は、1号・2号共に有期雇用社員からの回答が高く、「働く理由」でも勤務日程に関わる項目は上位に挙げられていることから、警備業で働くにあたり重要な点と言えるでしょう。

一方、継続して就業したくない理由の1位「体力的な負担が大きいから」(26.5%)、2位「仕事内容の割に給与が低いから」(26.1%)は、3位以下を10ポイント上回る結果となりました。
「体力的な負担が大きいから」については、1号・2号共に有期雇用社員からの回答が高い結果となっています。
また上位ではないものの、「精神的な負担が大きいから」は正社員からの回答が高い傾向がありました。

次ページからは、継続して就業したい理由・継続して就業したくない理由で上位に挙げられた項目において、どのような希望が多いのかを見ていきます。

この記事がお役に立ちましたら、
いいね!・ シェアをお願いします

記事内で扱ったデータの
詳細版がダウンロードできます!

記事内で扱ったデータから
さらに詳細なデータがダウンロードできます!

詳細データダウンロード
会員限定
いますぐ無料で会員登録

会員限定で、新着情報メルマガをお届けします。
平均時給・記事詳細データのダウンロードもできます!

人気記事
編集部おすすめ