【前編】複数店舗で働く「エリア採用」、導入企業の8割が継続意向、8割が効果を実感

調査概要

<アルバイト・パート採用企業>
 ●調査手法:インターネット調査(楽天インサイトモニター利用)
 ●調査対象:アルバイト・パートを採用している企業の採用担当者
  (人事担当者・エリアマネージャー・SV職・店長・拠点長・施設長・ホーム長・所長)
 ●調査実施時期:2019年12月27日(金)~2020年2月4日(火)
 ●有効回収数:1,976サンプル

<アルバイト・パート就業者>
 ●調査手法:インターネット調査(GMOリサーチモニター利用)
 ●調査対象:アルバイト・パートとして就業している、47都道府県に在住の16~69歳の男女
 ●調査実施時期:2019年12月26日(木)~2020年1月10日(金)
 ●有効回収数:3,832サンプル

 

本レポートについて

複数の店舗を運営するなかで、店舗ごとにアルバイト・パートの採用数に偏りが生じることがあります。
その課題を解決する手段の1つに、「エリア採用」という採用手法があります。
「エリア採用」とは、勤務地を一定のエリアに限定した上で、特定の店舗ではなく、複数店舗での就業を前提とした採用を行い、”企業が指定した店舗で就業する”という手法です。
※「エリア採用」の他に、「ラウンダースタッフ」「社内派遣」といった呼称もありますが、本レポートでは「エリア採用」と表記を統一しています。

本レポートでは、エリア採用を導入しているアルバイト・パート採用企業の導入実態を中心に
アルバイト・パート就業者の就業実態を交えながら
期待できる効果や、実際に導入する際に意識するとよいポイントを探ります。

「エリア採用」レポートについて
■【前編】アルバイト・パート採用企業編(本レポート)
「導入の効果」と「導入企業が考慮している待遇」の2つの視点から、エリア採用を導入する際のヒントを探ります。    
■【後編】アルバイト・パート就業者編(近日公開予定です)
求職者の継続意向や満足したこと・要望などを明らかにし、より効果的にエリア採用を活用していくためのポイントを探ります。

【index】
○エリア採用の継続意向
 └Pick Up:人材確保の理想の対応
○導入企業が感じる効果
 └応募・採用段階で感じる効果
 └採用後に感じた効果
○導入の際のヒントになる、待遇・考慮・時給・勤務エリア範囲
 └待遇・考慮について
 └時給について
 └勤務エリア範囲について
 └Pick Up:【求職者データ】エリア採用の場合に許容できる通勤時間
○終業後の転換
 └1つの店舗での就業に切り替えなかった理由
 └Pick Up:1つの店舗での就業に切り替えた理由

★会員限定特典の詳細データ版では、記事未収録の情報や、記事で取り上げたデータを職種別でご覧いただけます。
詳しくご覧になりたい方は、ぜひ下記の「詳細ダウンロードはこちらから」、または本レポートの一番最後にある「詳細ダウンロード」ボタンよりダウンロードし、ご活用ください。

▼詳細ダウンロードはこちらから

エリア採用の継続意向

まずは、エリア採用を導入している企業の継続意向を見ていきます。


Q.今後の採用において、「エリア採用」の導入を継続していきたいですか。継続意向とその度合いについて教えてください。(単一回答) n=1,976
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ず100とはならない可能性があります。


エリア採用を導入している企業の継続意向は、「とても積極的」47.7%と「やや積極的」35.9%を合わせて83.6%と、継続意向が高いことがわかりました。
職種別に見ても大きな偏りはなく、8割以上が「継続に積極的である(とても積極的+やや積極的)」という結果になりました。
一方で、清掃・オフィス(事務・企画)・介護などの一部の職種に関しては、他職種と比べ、意向度が少し弱い結果となりました。
<職種別にご覧いただく場合はこちら> ※別ウインドウで立ち上がります。

続いては、様々な人材確保の方法があるなかで、理想とする人事確保の方法について探りました。

【Pick Up】

人材確保の理想の対応

Q.欠員による急な人材確保、繁忙期などで通常よりも多くの人材確保が必要な場合についてお伺いします。
本来はどのような対応が理想か、あてはまるものをすべて選択してください。(複数回答)n=1,976



理想とする対応については、1位「求人広告でアルバイト・パートを採用して対応する」18.6%、2位「エリア採用で対応する」17.9%という結果になりました。

※新型コロナウイルス感染症、拡大前のデータとなります。


次は、応募・採用段階で感じる、通常採用と比較した際の効果と、採用後に感じた効果について順に見ていきます。

導入企業が感じる効果

応募・採用段階で感じる効果


Q.「通常のアルバイト・パート採用」と「エリア採用」を比較した際の、エリア採用の効果を5段階で教えてください。(単一回答) n=1,976
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ず100とはならない可能性があります。

通常の採用と比較し、応募・採用段階で企業が感じた効果は、1位「募集時に応募者が集まるのが早くなる」44.1%、2位「応募者が増える」「既存スタッフの負担が軽減する」ともに42.2%、3位「店舗間の人員調整の手間が減る」41.9%という結果になりました。
応募獲得までのスピード向上や応募数の増加、調整の手間や既存スタッフへの負荷の軽減を感じていることがわかりました。

続いて、採用後に感じる効果について見ていきます。

採用後に感じた効果


Q.「エリア採用」をして、応募・採用など直接的な効果以外で、よかったと感じる項目を教えてください。(複数回答) n=1,976

採用後に効果を感じたという回答は8割以上になりました。
効果を感じたことの1位は「柔軟な働き方が従業員に浸透する」36.4%という結果でした。
エリア採用スタッフは固定の店舗に出勤するわけではなく、流動的であるため、受け入れる側の従業員にも新しい働き方が浸透していきやすいのかもしれません。

2位は「定着率が上がる」36.0%となりました。
その他の効果としては、既存の従業員や他店舗とのコミュニケーションの円滑化や、知見やノウハウの共有といった、多店舗勤務態勢ならではの効果も感じているようです。

次ページからは、実際に導入する際のヒントとなる、待遇・時給・勤務エリア範囲についてより具体的に見ていきます。

この記事がお役に立ちましたら、
いいね!・ シェアをお願いします

記事内で扱ったデータの
詳細版がダウンロードできます!

記事内で扱ったデータから
さらに詳細なデータがダウンロードできます!

詳細データダウンロード
会員限定
いますぐ無料で会員登録

会員限定で、新着情報メルマガをお届けします。
平均時給・記事詳細データのダウンロードもできます!

人気記事
編集部おすすめ