新着記事リリースのお知らせ

【アルバイト・パートの就業実態・就業希望 7,000人調査】

新型コロナウイルスが‟仕事探し“にも影響 4割強が心境の変化あり

テレワーク・在宅ワークの活用は3.8%から11.7%に増加、正社員とは15.6pt差



ディップ株式会社(以下「当社」)のディップ総合研究所は、アルバイト・パートまたは派遣社員※1として就業している15~69歳の男女を対象に「就業実態、就業希望調査」を実施しましたので報告いたします。
※1 本リリースでは、調査対象者のうち、アルバイト・パート(SC調査28,701サンプル/本調査7,047サンプル)の結果を使用

【調査結果サマリ】

1.新型コロナウイルスが‟仕事探し“にも影響 4割強が心境の変化あり
2.アルバイト就業者の3割強が正社員を希望、10・20代、30代の男性は約6割
3.新型コロナウイルスの影響で3割以上が正規雇用化への希望が強くなった 理由は‟給与アップ“と‟雇用の安定”など
4.待遇・制度・条件の希望1位「交通費支給」は54.9%、「テレワーク・在宅ワークができる」は14.9%
5. テレワーク・在宅ワークの活用は3.8%から11.7%に増加、Webクリエイター・編集、ITエンジニア、営業は20%以上


その他、調査の詳細は下記URLにて公開しています。
「アルバイト・パートの就業実態、就業希望調査」:https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=422https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=423

調査結果からわかるアルバイトの就業実態・就業希望

新型コロナウイルスの感染拡大はアルバイト就業者の仕事探しへも影響しており、4割強が「心境の変化がある」と回答しました。 アルバイト就業者の3割強が「正社員」を希望しており、特に10・20代、30代の男性は約6割と高くなっています。また、その希望は新型コロナウイルスの影響により3割強が「希望は強くなった」と回答しています。
待遇・制度・条件の希望は交通費支給が1位となりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため少しずつ浸透し始めた「テレワーク・在宅ワーク」についても約15%が回答しています。しかし、アルバイト・パートにおけるテレワーク・在宅ワークの活用は1割強に留まっており、これからの導入・活用が待たれます。

調査結果概要

1.新型コロナウイルスが‟仕事探し“にも影響 4割強が心境の変化あり
仕事探しに対する心境の変化


2.アルバイト就業者の3割強が正社員を希望、10・20代、30代の男性は約6割
正社員で働くことへの希望


3.希望する雇用形態が「正社員」と回答したアルバイト就業者のうち、3割以上が新型コロナウイルスの影響でその希望が強くなったと回答 理由の上位は‟給与アップ“と‟雇用の安定”
正社員で働くことへの希望の変化


正社員として‟働きたい理由”と‟働けていない理由”


4.待遇・制度・条件の希望1位「交通費支給」は54.9%、「テレワーク・在宅ワークができる」は14.9%
求職者が希望する待遇・制度・条件


5.テレワーク・在宅ワークの活用は3.8%から11.7%に増加、Webクリエイター・編集、ITエンジニア、営業は20%以上
アルバイト就業先でのテレワーク・在宅ワークの導入・活用の変化

※サンプル数について SC調査にて実査のため、他データとサンプル数が異なりますが、調査手法、実査対象、実査期間は同じです。

業種・職種別のテレワーク・在宅ワークの導入・活用実態と正社員との比較


<ご参考>
雇用形態別のテレワーク・在宅ワークの導入・活用実態

※アルバイト・パート以外の雇用形態について 調査手法、実査期間は同じです。

その他、調査の詳細は下記URLにて公開しています。
「アルバイト・パートの就業実態、就業希望調査」:https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=422https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=423

【調査概要】

調査設計・分析 ディップ総合研究所 ディップレポート編集室 川上由加里
調査名 ディップ総合研究所 「アルバイト・パートの就業実態、就業希望調査」
調査手法 インターネット調査(GMOリサーチ利用)
調査期間 2020年7月2日(木)~2020年7月10日(金)
調査対象者 47都道府県内でアルバイト・パートまたは派遣社員※1として就業している15~69歳の男女
有効回収数 SC調査35,803サンプル/本調査11,129サンプル
※1:本リリースでは、調査対象者のうち、アルバイト・パート(SC調査28,701サンプル/本調査7,047サンプル)の結果を使用

※当調査結果を引用・転載される際は、下記表記をお願いいたします。
出典:アルバイト・パートの就業実態、就業希望調査(https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=422https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=423
※インターネットメディアへご掲載いただく場合は、ディップ総合研究所TOPページ(https://www.baitoru.com/dipsouken/)または、アンケート調査結果ページ(https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=422https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=423)のURLを記載ください。

ディップ総合研究所 概要
ディップ総合研究所は、アルバイト・パート・派遣社員・正社員など働く人すべての気持ちや本音・許容や理想を、調査を通して明らかにするため、2019年1月17日に開設しました。経営層から人事・採用担当者向けに、“採用活動やその後の育成・定着を成功に導く”実践的なコンテンツを提供することで、「採用された人材が活躍し、働く人と企業がともに輝ける社会」の実現を目指します。
ディップ総合研究所:https://www.baitoru.com/dipsouken/

当社概要
「私たちdip は夢とアイデアと情熱で社会を改善する存在となる」の企業理念のもと、”Labor force solution company”をビジョンに掲げ、『労働力の総合商社』として、人材サービス事業とAI・RPA 事業を提供しています。
社名:ディップ株式会社
代表:代表取締役社⾧ 兼CEO 冨田 英揮
本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:03-5114-1177(代表)
設立:1997年3月
資本金:1,085百万円 (2020年2月末現在)
従業員数:2,234名(2020年4月1日現在の正社員)※契約・アルバイト・派遣社員除く
事業内容:求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの運営、看護師転職支援サービス、RPAサービス「コボット」の開発・提供、他
上場証券取引所:東京証券取引所(市場第一部)
売上高:売上高464億円(2020年2月期)
URL:https://www.dip-net.co.jp/
 

<この報道資料のお問い合わせ先>
ディップ株式会社 広報担当 川上 由加里(ディップ総合研究所)
TEL: 03-6628-4075/e-mail: dipsouken-info@dip-net.co.jp

PDFダウンロードはこちら

PDFダウンロード

PDFダウンロード
いますぐ無料で会員登録

会員限定で、新着情報メルマガをお届けします。
平均時給・記事詳細データのダウンロードもできます!