早朝

チューイチ

早朝のバイト・アルバイト・パートの求人情報

早朝のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。早朝の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    早朝勤務のアルバイトの代表例としては、新聞や牛乳などの配達、弁当屋やパン屋、コンビニエンスストア、ファミリーレストランといった店舗内での早朝シフト業務などが挙げられます。配達業務は道を覚えるまでは大変ですが、1度覚えてしまえば徐々にスムーズに配達できるようになるでしょう。店舗内での早朝シフトでは、仕込みや調理、品出しといった開店準備に関する業務を行うのが一般的です。また、早朝のうちに施設内の清掃を終わらせるために、清掃員の仕事で早朝勤務を募集していることもあります。基本的なことですが、いずれのアルバイトも勤務開始時間が早いため、寝坊をしないよう注意が必要です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    早朝勤務のアルバイトをするメリットとして挙げられるのは、毎日早起きが当たり前となり、自然と規則正しい朝型の生活スタイルが身につくことです。また、弁当屋やパン屋の早朝シフトでは、商品の仕込みや盛りつけを行うこともあるため、将来、食に関連する仕事に就きたい人にとっては現場での流れや作業を覚えられるというメリットがあります。早朝の仕事は時間帯が特殊なため、昼間の仕事より時給が高めに設定されているのが通常です。早朝から午前中の間に仕事を終えることができると、そのあとに学校に通ったり、ほかのアルバイトに向かったりと時間を有効に使うことができます。会社員が通勤前に副業として働く際にも早朝の仕事は適しているといえます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    同じ早朝勤務のアルバイトでも、勤務する場所や給与、勤務時間は職種によって異なります。新聞や牛乳の配達であれば、当然、屋外で仕事をする時間が長くなります。給与の仕組みは、勤務先によって異なり、時給制、歩合制のどちらかが一般的です。配達業務は、個人で進める作業が多いため、職場での人間関係が心配な人でもはじめやすいでしょう。弁当屋やパン屋、コンビニエンスストア、ファミリーレストランでの早朝の仕事は、屋内での作業がほとんどで、給与は時給制が多いようです。時給は多くの場合、日中勤務よりも高くなります。早朝勤務のアルバイトでは、主婦・主夫、フリーターや学生など、幅広い年齢の人が早朝に活躍しています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    早朝勤務のアルバイトとひとくちにいっても、職種によって必要な資格や役に立つスキルは異なります。新聞や牛乳の配達業務では、原付きバイクや自動車を使用する場合も多いため、原動機付き自転車免許や普通自動車運転免許を持っていると役に立つでしょう。弁当屋やパン屋の早朝シフトであれば、仕込みや盛りつけ業務のほかに接客対応を行うこともあるので、明るく挨拶ができる人やまわりの状況を見ながら行動できる人により向いているといえます。面接の際には、普段から規則正しい生活を送っていることや早起きに自信があることをアピールすることも大切なポイントです。これまでに早朝勤務の経験があれば、ぜひそれを伝えましょう。

オススメの早朝バイト

早朝のアルバイトやパートを決める際には、仕事内容も大切ですが自宅から通いやすいものを選ぶと続けやすくなります。遠方のアルバイトだと早朝からの交通手段がなく、特に高校生の場合は非常に通いづらくなってしまうからです。多くの地域にあり、学生でも簡単に始められる職場としてはコンビニやスーパーマーケットが挙げられます。コンビニはともかく、スーパーマーケットでは早朝から接客をする機会はあまりありませんが、代わりに品出しと呼ばれる作業で忙しくなります。品出しは前日に売れた商品を売り場に補充する大切な仕事です。開店前の時間帯に品出しを完了させることで1日の売り上げにも影響が出るため、品出しを行ってくれる早朝アルバイトの需要が高まります。開店前の準備が忙しいといえばパン屋も挙げられるでしょう。パン屋は朝食や職場でのお弁当用にパンを求めるお客様で午前中は混雑する傾向があります。焼きたてのパンを店頭に陳列するために早朝アルバイトを求めている店舗は数多く存在します。その他、24時間営業のファミリーレストラン、牛乳配達、新聞配達などが主な早朝アルバイトです。自分のライフスタイルを考え両立できる職場を選ぶようにしましょう。

早朝手当がある仕事について

アルバイトの手当といえば深夜手当が有名です。労働基準法によって、深夜帯に出勤する従業員及び深夜まで残業している従業員等には上乗せした賃金が支払われるよう義務づけられています。一方、早朝手当は法律で定められていないために、特に早朝帯でもバイト代を高く設定していない職場は珍しくありません。しかし、アルバイトの募集率を上げるなどの理由から経営者判断で早朝手当を実施している職場も見られます。早朝バイトに応募するときは、早朝手当があるかどうかも確認したいポイントです。たとえば24時間営業のファーストフード店などは出勤前のサラリーマンや夜勤帰りの人々でにぎわうことがあります。そんな状況に対応できるよう早朝手当を実施して早朝のシフトを確保しようとするケースもあるでしょう。また、コンビニやレンタルビデオ店も深夜帯にアルバイトの人気が集中しがちで、早朝帯が手薄になることもよくあります。そこで、早朝手当によって少しでもシフトに入ってくれる人員を増やそうと考える職場もあります。深夜帯は給料がよく作業量も少なくなるメリットがありますが、生活リズムが崩れやすいデメリットもあります。早朝手当が出るなら早朝帯の仕事も検討してみてはいかがでしょうか。

主婦・主夫へのオススメポイント

早朝のアルバイトは高校生やフリーターだけでなく、専業主婦・主夫の方にもオススメできます。理由としては、まず学生アルバイトではカバーできない時間帯に働くことができるからです。学生は、深夜や早朝のシフトに入ることで勉強に支障をきたすことがあります。しかし、主婦・主夫であれば幼稚園に子どもを送ったり、家事を本格的に始めたりする前の早朝帯のアルバイトに入る事が多い傾向にあります。スーパーマーケットや清掃業などでも貴重な戦力と見なされています。安定した勤続を期待できるのもが受け入れられやすいポイントです。学生アルバイトはテストや部活の影響でシフトを休むことが考えられますが、主婦・主夫ならば安定してシフトを埋めてくれる傾向があります。職種によっては実務的なスキルも役立てられます。飲食店の厨房、清掃業などでは家事の経験を活かし、すぐに仕事を覚えることも可能でしょう。

ページトップへ