居酒屋のアルバイトを探すなら居酒屋バイトル

エリアから探す

エリアを選択してください

チューイチー

エリアから探す

新着仕事一覧

この条件で探している人に、人気の条件はこちら

キッチン・調理のお仕事内容

居酒屋のキッチンでの調理は、お客様が注文した料理やドリンクを作るのが主な仕事内容です。調理といっても食材を加熱するだけではなく、いくつか種類に分かれます。お皿を用意したり盛り付けをしたりする補助的な仕事と野菜の皮をむいたり切ったりする作業、仕込みが終わった食材の加熱などが調理の主な仕事です。多くの居酒屋では調理用のマニュアルが設けられています。そのため、調理の経験が少なくてもマニュアル通りの手順を踏めば仕事をこなすことはそれほど難しくはありません。初めて居酒屋の調理の仕事を務める場合は、補助的な仕事から始めることが多い傾向にあります。仕事に慣れてくるとだんだんと別の仕事も任されるようになり最終的にはひとりで加熱したり、盛り付けたりすることができるようになるでしょう。また、調理の大切な仕事のひとつに衛生管理があります。衛生管理はキッチンを清掃したり調理器具を除菌したりするだけではなく、手を洗ったり髪の毛が落ちないようにすることも大切です。さらに、病原菌を保菌していないかチェックすることも衛生管理の一部に含まれます。

仕込みのお仕事内容

食材の下ごしらえをしたりドリンクの補充をしたり、またはグラスを冷やしておいたりするのが仕込みと呼ばれる仕事です。付け合わせをお皿に盛り付けておいて調理の人の負担を減らすのも仕込みの仕事内容に含まれます。仕込みの仕事では包丁を使って食材を切ることもあるので、ある程度の包丁を扱うスキルが求められます。しかしバイトやパートを始めた段階ではスキルがなくても、仕込みの仕事を続けていくうちに自然と身につくことが多いため、それほど心配する必要はないでしょう。働き始めのころからいきなり食材の仕込みをすべて任せられるということはほとんどありません。仕込みは通常居酒屋の営業が始まる前に終了しておく必要があるので、時間に追われる仕事です。始めのころは時間内に自分の担当を終わらせられないかもしれませんが、仕込みは早く終わった人がまだ終わっていない人をサポートしてくれるので心配いりません。仕込みの場合、居酒屋が営業する前までが仕事時間のため、主婦(夫)が多く働いているというのが特徴的です。仕込みは居酒屋を運営するための要でもあるので、開店時間までに間に合うように、効率的に仕事を進める事が求められます。

ランチタイム営業のお仕事内容

居酒屋は夕方から夜中にかけて営業するものだと思われがちですが、お店によってはランチを提供しているところもあります。ランチタイム営業のバイト時間は10~14時までなど、午前中から午後の早い時間帯にかけてが多くなっています。ランチタイム営業の仕事は、ホールやレジ、片付けなどさまざまです。居酒屋は一般的にお酒をだすお店ですが、ランチ営業の間はお酒はださないところもあるため酔った人が苦手だという人でも働きやすくなっています。ランチタイムは一般的に夜よりも安い値段でそのお店の料理が食べられるため、会社員や学生など多くの人が訪れます。そのためランチタイムだけの短時間での仕事ですが、忙しくも充実した仕事の時間が楽しめることでしょう。居酒屋で働きたいと考えている人の中には、土日は用事があるため働けないという人がいるかもしれません。ランチタイム営業を行っている居酒屋では平日のみでも大丈夫というところが多いので、平日の昼前後の時間帯にだけ働くことは可能です。子育て世代の主婦(夫)にとっても、ランチタイム営業をしている居酒屋は職場としてぴったりの選択肢といえます。

履歴書の書き方

バイトやパートに応募するためには、まず履歴書を書く必要があります。履歴書はある程度型が決まっているため、型どおりに書くことで基本的なことを理解している人だと相手に思わせることができます。履歴書はまず市販されているものを購入するか、インターネット上にあるものをダウンロードしてプリントアウトします。基本的には手書きで書くことが望ましいですが、パソコンで入力したものでも良いでしょう。顔写真はきちんと指定されたサイズのものを証明写真機などで撮って、丁寧に切り取り貼り付けます。プリクラなどは証明写真になりませんので避けるようにしましょう。居酒屋のバイトの多くは未経験者も歓迎していますが経験者はとても喜ばれる傾向にあります。そのため、以前も居酒屋や飲食店で働いた経験がある人は、その経験を職歴に書いて自己PRするのを忘れないでください。面接担当者に対して好印象を与えることができます。一方、飲食店でのバイト経験がない場合でも、趣味や特技の欄で自己PRをすることは可能です。調理や仕込みで働きたい人は料理が好きだということをアピールし、ホールで働きたい人はスポーツやボランティア活動経験などを記載することで、快活な人だという印象を与えることができます。

志望動機の書き方・話し方

「なぜ飲食店である居酒屋で働きたいのか」または「なぜその居酒屋で働きたいのか」という志望動機を明確にすることはとても大切です。相手が納得できる志望動機があれば、採用される確率がきっと上がることでしょう。履歴書に書く場合は文字数に制限があるため、長々と書かずに簡潔にまとめる必要があります。詳しい志望動機は面接時に話すようにしてください。その際ホールで働くことを希望しているなら、ハキハキと明るくしゃべるのが採用される確率を上げるコツです。志望動機には、お店の料理が好きだからという理由や、家の近くで家族とよく訪れていたというものは、相手に対してプラスの印象を与えます。どの雇い主も、自分のお店の味が好きではない人を従業員として雇い入れたいとは思わないからです。また、学校の近くで通いやすいなどという理由も、志望動機としては好まれる傾向があります。急にバイトの誰かが仕事に来られなくなったとき、ヘルプ要員としてお店にすぐ来やすい人は重宝されます。さらに面接中にはシフトは柔軟に組めることをアピールしておくと、相手に対して良いイメージを与えられることでしょう。

面接の対策と心構え

居酒屋での面接はホールかキッチンに関係なく、清潔感も採用される基準の一つです。そのため、服装や身だしなみは整えていく必要があります。服装は自由と書かれていても、アクセサリーをつけすぎるのはあまり良い印象を与えません。しわだらけのシャツを着たりダメージジーンズを履いたりすることも極力避けたほうが良いでしょう。髪の毛は長い場合は後ろでしばり爪は短く整えておきます。ヒゲやピアスは自由と募集広告に記載されていても、面接のときにはヒゲは剃ったりピアスは外したりしていったほうが良いといえます。なぜなら応募者が2人いてどちらもそれほど能力に差がないと思われたとき、最終的には見た目の印象で判断されることもあるからです。採用される確率を上げるためには、できるだけさっぱりとした印象のある格好をして行くことが大切です。居酒屋の面接でよく聞かれることはシフトについてです。居酒屋は年中無休で営業しているところが多く、できるだけシフトが柔軟な人材を求める傾向があります。シフトについて聞かれて焦ったり黙ったりしてしまわないよう事前にどのくらいの頻度で働けるかをよく考えておきましょう。

居酒屋の社員・正社員の求人情報

居酒屋のバイト・アルバイト・パートの求人情報

居酒屋のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。居酒屋の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!
ページトップへ