派遣

チューイチ

派遣のバイト・アルバイト・パートの求人情報

派遣のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。派遣の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    経理・簿記の正社員は、企業経営に密接にかかわることのできる仕事です。例えば、コスト、売り上げ、利益など、会社全体のお金の流れも把握することができ、会社が円滑に動いていくための「重要な仕事」としてのやりがいも持てます。会社のさまざまな部門との関係も大事になるので、コミュニケーション能力の重要性、コミュニケーションの大切さを知ることもできるでしょう。決算時期には多忙になりますが、それ以外の時期は残業がそれほど多くはないのが一般的です。定時に退社して、仕事以外の時間を有効に活用することもできます。もし、すでに簿記などの資格の保有者であれば、自分の持っている簿記検定のさらに上の級を目指すことや公認会計士、税理士の資格取得へとキャリアアップを目指すことも可能です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    保育士・保育園の仕事は、園児たちの成長を間近で見ながら、その成長をサポートできることに魅力があります。子供好きの人には、とてもやりがいを感じることのできる仕事の1つといえるでしょう。園児たちの元気な姿や笑顔を見ることで、自然と仕事へのモチベーションがアップするようです。現在では待機児童の問題もあり、保育士の仕事は恒常的に人手不足の状態が続いています。責任感、やる気、スキル、そして、何より「子供が好き」という人であれば、保育士の仕事を通じて充実感を得ることができるでしょう。園内で行うさまざまなイベントなどを計画することもあり、イベントが無事に成功したときには、達成感も得られるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    保育士・保育園の仕事は、働く環境によって給与が変わります。保育園には公立と私立があり、給与は公立のほうが高い傾向があります。公立は運営しているのが地方自治体で、私立は法人や民間企業などが経営している保育園です。公立の保育園で働くためには地方自治体の試験に合格する必要があり、就職後は地方公務員扱いになります。公務員なので数年に1度は異動があります。私立は独自の方針があったり英語教育に力を入れていたりするなど、個々に特色を持つ保育園が多いです。働いている人は女性が多く、公立保育園は募集人数が少ないため平均年齢が高めです。一方、私立は平均年齢が低いところが多い傾向にあります。勤務時間は朝から夕方までですが、特別な行事の日や事前準備が必要な場合は時間外に働くこともあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    経理・簿記の正社員は、会社の総務部門や経理部門などの社員として働くスタイルと、経理業務に特化したアウトソーシング会社に勤めるスタイルがあります。いずれの場合も、経験やスキル、資格によっても異なりますが、総じて高い給与が期待できる仕事といえるでしょう。実務経験を積むことでさらなる給与アップも可能です。経理・簿記の仕事は会社の営業時間内に終了することが多く、決算時期を除いては残業も少ないのが一般的です。仕事の時間や仕事内容がある程度決められている中で、きちんと仕事をこなしていくことになります。また、働いている人は性別を問わず、年齢層も幅広い傾向にあります。資格やスキルがあれば長く続けられる仕事といえます。

バイト体験談

男性
バーでのバイト代だけでは生活が厳しく、Wワークとして派遣に登録しました。最初は慣れない環境なのでは?と不安でしたが、登録後すぐに働いたイベントスタッフが楽しくて、その後もバーを続けながら休みの日にイベントスタッフとして働いています。派遣は日払い制で、イベントスタッフだと1回の仕事で1万円前後の収入を得ています。週2日のペースで働くことで、派遣だけでなんと月7万円稼げました!派遣は自分のタイミングやペースに合わせて働ける、魅力的な仕事だと思います。(20代・男性)。
男性
元々居酒屋で働いていましたが、オフィスワークがしたくなり派遣会社に登録しました。契約期間が3~6ヶ月の派遣先企業を選んで働いているため、オフィス系の職種を中心に数社の職場で働くことができ、とても充実しています。業界や部署がそれぞれ異なるため、たくさんの人と出会う機会も派遣の働き方の魅力。新しい職場に行くたび新しい出会いがあり、飲みに行く友達が居酒屋でバイトしていたときの倍近く増えていることに気がついたとき、仕事の幅だけでなく友達の幅も広がる派遣独自の魅力を感じますね。(30代・男性)。
女性
専業主婦歴15年の私が派遣登録会に参加したきっかけは、社会との接点をもつためでした。平日のお昼から夕方の4時間を使ってオフィスビルの清掃をしたり、旦那と子供が遠出している休日にコールセンターで働いたりしています。派遣の仕事を始める前は、空いた時間が無駄に感じることや家族や近所の奥様との付き合いだけの生活に、社会から切り離されたような焦りがありました。家事や育児の空き時間を有効活用して仕事をすることで社会との接点を持てるようになり、今は充実した日々を送っています。(40代・女性)。
ページトップへ