事業内容

スーパーや大手ECサイトなど、様々な顧客に向けた3PL事業を展開

当社は株式会社丸和運輸機関のグループ会社として、スーパーマーケットをはじめ大手ECサイトやドラッグストア、アパレルショップなど多岐に渡り、お客様に向けて3PL(※参照)事業を展開しています。
扱う商品は、食品や医薬品・医療品、衣服など。1日の商品の取り扱い点数は、営業所によっては20万個以上。
入荷・出荷業務から在庫管理、仕分け作業までフルアウトソーシングし、お客様の物流事業の拡大と運営効率化の推進を図り、経営支援に取り組んでいます。
私たちの仕事は外から目立つことはなく、みなさんもイメージしづらいかもしれませんが、実は人々の生活にとても密着した必要不可欠なモノ。身体でいえば、まさに『血流』であり、とても意義ある仕事なんです。

※3PLとは…
サードパーティ・ロジスティクスの略で、お客様から一括で物流業務を受託し、お客様に代わって在庫管理や入出荷、配送などを行うこと。

食品物流に強く、物流の垣根をこえた提案や取り組みで競合と差別化

特に我々は、食品を扱うスーパーマーケットの3PLに注力しており、「常温・冷蔵・冷凍」という3つの温度帯を管理できる物流センターを運営し、物流からお客様の経営をサポートしております。
また、お客様の目線に立ち、加工・梱包作業を行うプロセスセンターの運営委託など物流の垣根をこえた提案や取り組みをすることで、お客様のかゆいところに手が届くサポートを提供。こうした点が当社の強みとなっており、大手企業を中心に数多くのお客様からご依頼いただいています。

災害時でもお客様や地域の方々に安心していただける強い企業づくり

近年、自然災害やコロナウイルス感染拡大により大きな打撃を受けた日本経済。同様に人々の生活を支える物流業界も打撃を受けた中で、現在当社は非常時でも「安全・安心・安定」した物流基盤の構築と物流支援、災害支援活動を行う「BCP物流事業」の強化に注力しています。
また、2015年に親会社の株式会社丸和運輸機関を中心に「AZ-COM丸和・支援ネットワーク」が創設され、1500社を超える運送事業社のネットワークに当社も参画。お客様や地域のみなさまに安心していただける非常時に強い企業づくりに向けて、グループ一丸となって取り組んでいます。

昔話・桃太郎をもとにした、企業文化「桃太郎文化」が根付いています

誰もが知っている、昔話・桃太郎。
私たちは、従者である犬を勇敢・敏速、猿を知恵・計画性、キジを情報収集・慎重性、鬼ヶ島から取り戻した宝物をお客様からお預かりした大切なお荷物に例え、私たち自身が桃太郎となり、お客様の大切なお荷物を運んでいくという「桃太郎文化」を企業文化としています。
当社の輸配送サービスである「桃太郎便」も「桃太郎文化」を象徴としたサービスとなります。

© 東北丸和ロジスティクス or dip Corporation. Powered by バイトル