職場環境

― 配送ドライバー 編
助け合い精神強めな仲間たちが、全力でバックアップ

入社後、まずは1か月ほど先輩ドライバーと一緒に、配送先の店舗がどこにあるのか、どういうルートで配送するのかを覚えていくことからスタート。同時に商品の扱い方やカゴ車・カートラといった運搬用台車への商品の積み方など、基礎的なところから習得していきましょう。
研修期間中はいろんな先輩ドライバーが同乗して、アドバイスをしたり、相談に乗ったりしています。仲間想いで助け合い精神が強いドライバーばかりなので、少しでもわからないことや困ったことがあれば、遠慮なくなんでも聞いてください。
1か月の研修じゃまだ不安…という場合は、もう少し長めに先輩が付いてくれるなど、一人ひとりにあわせたサポートをしているので、未経験の方や運転に自信がない方もご安心を。
ほかにも、安全運転大会を年に1回開催し、安全運転はもちろんのことですが、日頃のスキルを思う存分、披露できる場をご用意。上位者は丸和運輸機関グループの全国大会に出場できるチャンスがあります。

― 物流マネージャー 編
ゼロからキャリアップやスキルアップできる研修が盛りだくさん

座学研修では、物流とはどんなもの?からはじまり、会社のことや仕事のことをゼロから学んでいきます。それが終わると、次は倉庫内でのOJTがスタート。約1か月、パートさんたちと一緒に仕分け作業をしながら、仕事の流れを覚えていきましょう。先輩社員がマンツーマンでつくので、質問や困りごとがあれば、いつでも気軽に聞ける環境。慣れてきたら、ミスなく・事故なく・効率よく商品を仕分けるには、「どういうルールが必要か」、「今あるルールで改善できる点はないか」、先輩やパートさんたちの意見を聞きながら改善していきます。
座学研修やOJTのほかにも、フォローアップ研修や現場リーダーを育成する研修、センター長を目指せる研修など、キャリアアップ・スキルアップを目的とした豊富で丁寧な研修をご用意。未経験でも、安心してキャリアやスキルを積んでいくことができます。

社員が口をそろえて語る、人間関係のよさと相談のしやすさ

― 配送ドライバー・小室さん より
入社して感じたのは、仲間同士、協力し合う気持ちが強いということ。
たとえば、「こういう風に商品を降ろすと効率いいよ!」、「明日からこの区間、通行止めになるよ!」、「ガソリンスタンドはあそこに行くと速いよ!」とか、些細なことでもみんなの助けになりそうなことであれば、共有しあっているんです。
また、私が物損事故を起こしてしまったとき、現場に仲間が駆けつけて来てくれて荷物の積み替えを手伝ってくれたことも。凹んでた私に「起きてしまったことは仕方ない。同じことが今後起きないよう運転すればいいんだよ」と励ましの言葉までもらえて、元気づけられたし、仲間のありがたさや絆を実感しました。

― 物流マネージャー・佐山さん より
私も上司になんでも言うし、パートさんたちにも「遠慮せずなんでも言ってね!」と伝えています。
実際この間、パートさん同士の人間関係を相談されてすぐにセンター長と部下とで対応したり、学生バイトさんから就活相談をされたりも。私自身も「研修に積極的に参加したい」とセンター長に相談したら、快く「がんばって参加してこい!」と言ってもらえました。
人間関係や風通しの悪さが原因でストレスを溜めたり、辞めたりするのは、みんなにとっても会社にとっても不利益なので、人間関係の構築やなんでも言える環境づくりは、すごく大事にしています。会社として、人を大切にしていこうという想いも強く感じますしね。それが働き心地のよさにつながっているんだろうなと思います!

© 東北丸和ロジスティクス or dip Corporation. Powered by バイトル