働き方や、新業態の開発。

ヒマラヤは、世の中の変化、
お客様のニーズにお応えするために、
未来に向けた挑戦を続けています。

いまの自分を変えたい、
スポーツを通じて世の中に貢献したい
という方への多彩なチャレンジフィールドが
広がっています。

新時代の働き方を推進

たとえば、店長やその先の幹部候補をめざして経験とキャリアを積みたい人は「管理社員」、住み慣れた地元でじっくり働きたい人は転居を伴う異動のない「リージョナル社員」など。
社員一人ひとりの希望やライフスタイルに合わせて、ぴったりな働き方が選べる制度をつくりました。ワーク・ライフ・バランスやダイバーシティが広がりつつある現代において、働き方改革にも積極的にチャレンジする風土があります。

チャレンジ機会の創出

ヒマラヤがめざすのは、自らスポーツの楽しさを発信し、社会に貢献できる人材を育むこと。そのために、社員にはさまざな体験や学びの機会を豊富にご用意。定期開催されるメーカー研修では、新商品について学ぶことができ、実際に使用してみることでその魅力を体感。
また、市民マラソン大会に企業枠で参加し、自ら走ることで、感想をお客様にお伝えする機会もあります。一つひとつが、ヒマラヤだからこそできる貴重な体験です。

INTERVIEW01

梶島 健伍さん(入社13年目・店長代行)

常にチャレンジを与えてくれるヒマラヤで成長

梶島 健伍さん(入社13年目・店長代行)

主な役割は店舗のマネジメントで、アルバイトさんを含めた人員の配置やシフト管理を、一人ひとりの日々のコンディションを確認しながら行っています。学生の頃からスキーをずっと続けてきたので、入社後すぐにウィンタースポーツ売場を担当させてもらえました。スキーの板やウェアなど、自分が使用して良かった商品の魅力をお客さまにお伝えできたので慣れるのも早かったです。
その後は、テニス・ゴルフ・アウトドアなど毎年、他のコーナーも担当する機会をいただき、気がつけばスポーツ全般に詳しくなれていました。シーズンごとにメーカーのご担当者がお店に来られて、商品勉強会を開いていただけたので常に新しい情報も入りました。
ヒマラヤの強みは接客力ですが、豊富なチャレンジ機会や、成長できるプロセスが用意されていることを実感しています。

INTERVIEW02

度會 美希さん(入社6年目・正社員)

子どもが産まれても、辞める選択肢はなかった

度會 美希さん(入社13年目・店長代行)

今年で入社6年目。3歳の子どもがいますが、9時から15時45分までの時短勤務で正社員として働いています。周りの友達は、結婚を機に専業主婦になるという話をよく耳にしますが、私の場合、ヒマラヤを辞めるという選択肢はありませんでした。理由は産休・育休制度が充実しており子育てしながらもお仕事復帰しやすい環境が整っていたから。
子どもが生まれてから1年間、しっかりお休みをいただけましたし、職場への復帰後も、子どもが急に熱を出したときなどに周りの方がフォローしてくれました。先輩のママさん社員が多く活躍しているので、子育てのアドバイスをもらえたことも嬉しかったです。
アウトドア好きが多いので、休みの日に家族ぐるみでバーベキューを楽しむことも。こうした人間関係のよさと、働きやすさがヒマラヤの魅力だと感じます。

Copyright© Himaraya Co.,ltd. or DIP Corporation , All Rights Reserved. Powered by バイトル