HOT PALETTE ホットパレット

中途採用募集一覧

10年の店長行脚で
経験したことを
今度は育成に生かしていきたい。

Kousuke Miyagiスーパーバイザー

就職活動もせず流れに身を任せて
ペッパーランチの社員に。

 大学生のとき、アルバイトに明け暮れすぎまして就職活動を全然していなかったんです。当時アルバイトをしていた店舗で「社員にならない?」ってお声がかかり、まったく深く考えずに「やります」と返事をして社会人デビューしました。正社員になれるならという、かなりライトな感覚で、完全に流れに身を任せた感じでしたね。

僕は他の社員とは違って少し特殊なキャリアで、お店の”起ち上げ専門”の店長というか、オープニング店舗の最初の店長として今まで全国を転々とまわってきました。そのお店が軌道にのったら、新店長に引き継いで次のオープニング店舗へという流浪の社員だったんです(笑)。だからどのお店も数カ月くらいしかいない幻の店長という感じで、僕の連絡先リストはキャストさんで埋まっている状態ですね。”友だち”いっぱいです。

岡山、富山、宮城、NY、福島、横浜…その合間に新宿や錦糸町など都内の新店も手伝ったりして、10年で本当にいろんな所に行きました。目まぐるしい日々でしたがこの流浪の店長業務が僕にとってはすごくおもしろかったんです。充実感がすごかった。

イチから作ることの
おもしろさに気付く。

 当たり前ですが全員初めましての状態で「よろしく」って顔合わせをして、その3日後くらいにはオープンするんです。皆の入社書類とかを捌きつつ、ペッパーランチについて何も知らないまっさらなスタッフに教えて、僕も最初はオペレーションにガッツリ入るんです。手探りの中もちろんミスもいっぱい起きたりするけど、徐々にみんな動きが良くなって、連携とれてスムーズに回るようになったころに、次のお店っていう(笑)それの繰り返しでした。最初はもう文化祭を何度もやっているみたいな感覚でしたが、この”全員新人”の状況を何回も経験して、後半はもうかなり落ち着いて店長をやれてましたよね。

 今はSV(スーパーバイザー)という立場で、主に直営店とFC加盟店様に訪店して、現場の指導や売上をあげる提案とかをしています。あの経験があるからこそ「あ、この店のケースだとあの時のパターンがいいかも」といった引き出しの多いSVだと自覚しています。誰もこんなに多くの数の店舗をやってきてない、この場数の多さは、僕だけの強みです。

22歳の自分からは想像できない今の自分。
人は成長する。

 SVという仕事に変わってからはまた試行錯誤、新しいことの連続です。今まではお店にいたから自分が把握して自分が直接解決するというのがミッションだったけど、SVは月に数回しか訪店しないし、改善していくのは僕ではなくあくまで現場のスタッフたちです。今の立場は提案したことを理解してもらい、実行してもらうことがミッションになった。

 だから、マネジメントの事から経営の事まで、学ばなきゃいけないことが増えたし、得なければいけない情報も多いし、課題をさばく数も多い。今が新たな成長ポイントだなと気合入れています。

 22歳の自分からは想像ができないですね。だいぶ変わったなと…当時、展望と呼べるものはまったくなかったけど、今はすこしなりたい姿が見えてきました。

 SVになったからわかるのですが、より現場に近いポジションにいたいなと思うようになりました。現場の店長の知識とかスキルレベルを直接あげる立場、つまりトレーナーのような人間になりたいと考えています。

 自分だけがその知識やスキルを持つのではなく、次の人にちゃんと受け継いでいくのが、会社の成長には欠かせないと思うので、多くの現場に直接関わって教えていくキャリアを歩んでいきたいと思っています。