TOP

  • FRENCH Blue
  • AT EASY
  • AZUL

ワクワクとドキドキは、
    自分で作るんだ

ABOUT

ABOUT

会社紹介

多彩なライフスタイルを提案し、多くのファンから熱烈な支持を得るブランドを展開する当社。
流行を上手に自分のモノにして、自分らしく楽しみたい、人と同じじゃつまらない、そんなスタッフが集まり、毎日たくさんのワクワクとドキドキを生み出しています。

INTERVIEW

INTERVIEW

インタビュー
AT EASY  セールスパーソン
お客さまと自分の気持ちが
ピタッと一致する瞬間がたまらない
AT EASY セールスパーソン

お客さまと自分の気持ちが
ピタッと一致する瞬間がたまらない

AT EASY  セールスパーソン

主に店頭での接客を行っていて、最近ではレイアウトの作成や変更も任せてもらえるようになりました。接客で一番大事にしているのは、嘘をつかないこと。お客さまに安心してお買い物を楽しんで頂くためにも、自分が感じたことを素直にお伝えするようにしています。学生時代にアパレルでバイトをしていたことがあるので、その経験を活かすこともあります。ある時、お客さまが何色の靴にしようか迷われていた時に、靴に合うボトムスなどのコーディネートも提案したら、反応がすごくよかったんです。自分を信頼してくれたことと、お客さまと自分の気持ちが同じになったのを実感してとても気持ちがよかったですね。

もちろん、苦しんだこともあります。知らなかった業務を教えてもらって、なんとなく「できるつもり」で売り場に出てしまったことがあるんです。もうできるだろう、って自分を過信していたんですね。でも、いざその業務を一人でやらなければならなくなったとき、うろ覚えだったこともあって、焦って時間がかかってしまい、お客さまにも店長にも迷惑をかけてしまいました。それから、理解して行動に移せるようになるまで、何度も先輩たちに確認したり、実践を繰り返すようになりました。当社のいいところでもありますが、先輩や上司、仲間たちみんながいつでも丁寧にサポートやフォローをしてくれるから、不安も少しずつ解消できていると思います。いい意味で先輩たちとの距離も近くて、風通しがいい環境で働けているし、教育面も充実しているので、自分の成長を早く感じながら働けています。

無印良品 副店長
「あなたがいると思ってまた来ました」
丁寧な接客でお客さまとの
つながりをより深いものに
無印良品 副店長

「あなたがいると思ってまた来ました」
丁寧な接客でお客さまとの
つながりをより深いものに

無印良品 副店長

僕たちが目指しているのは、お客様の暮らしを豊かにすること。お客さまへの商品のご案内やご提案、商品整理、売り場のクリンリネスなど、居心地の良さを感じてもらえるお店づくりに力を入れています。一番やりがいを感じるのは、自分が対応したお客さまが笑顔になってお帰りになったとき。お客さまのニーズに沿ってご案内をすることで、「丁寧に案内してくれてありがとう」「また来ます」などの言葉をかけて頂くと、販売員としてとてもやりがいを感じます。一番うれしかったのは、入社後すぐに接客したお客さまが数か月後に、「お久しぶりです。あなたがいると思ってまたここに来ました」と再度ご来店くださったこと。自分のことを覚えていてくれただけでなく、自分の接客を求めてくれたことは、ほんとうにうれしかったですね。

また、当社の教育制度として、入社してからの一年間は、教育担当として先輩が一人ずつ付くことになっています。業務について教わるだけでなく、仕事をする中で感じる疑問や悩みが相談しやすいし、できるようになったことや嬉しかったことを共有できたり、いつも高い意欲と目標意識を持って働ける環境が整っています。まだ業務に慣れていない頃、どうしても時間がかかることを悩んでいたんですが、「ゆっくりでもいいから、一つひとつを確実に終わらせよう」と当時の先輩がアドバイスしてくれました。そのひとことのおかげで、早く終わらせることよりも正確さが大事なんだと気づくことができ、徐々に仕事を着実に終えられるようになりました。目の前のことに焦らず一生懸命取り組めるようサポートしてくれる先輩たちにとても感謝しています。

MINIPLA セールスパーソン
入荷された商品を売り場内でどう見せるか
考えて、実行に移すのがとても楽しい
MINIPLA セールスパーソン

入荷された商品を売り場内でどう見せるか
考えて、実行に移すのがとても楽しい

MINIPLA セールスパーソン

雑貨屋衣料品の担当として売り場を作成したり、発注業務を行っています。売り場づくりはとても楽しいけど、入社してしばらくは、売り場のつくり方も商品の見せ方も全く分からなくて、ほとんどが“とりあえず並べただけ”の状態でした。でも、ある時に他のスタッフを手伝ったことがあったんですが、完成した売り場がすごくキレイで見やすいことに感動したんです。多くのお客さまが足を止めて下さって、商品の売れ方が以前より上がったのを目の当たりにして、売り場づくりの大切さを学びました。同時に、売り場づくりを楽しんでいる自分にも気づいたんです。お店には毎日のように新商品が入荷されますが、今では「この商品は、こんな風に見せたい」と自分で考え実行することを楽しめるようになりました。

接客には、売り場づくりとはまた違ったやりがいがあります。奥様の誕生日プレゼント選びをお手伝いしたお客さまは、後日「プレゼント、喜んでもらえたよ!」って伝えに来て下さって、次はお嬢様の誕生日プレゼントを一緒に選ぶことができました。“お客さまと店員の関係”を少し越えて、世間話ができるようになるとやりがいも大きくなりますね。売り場を作るにも、接客するにも、商品知識はとても大切。圧倒的に知識量が少ない入社すぐの頃は、お客さまからの問い合わせにうまく対応できず、声を掛けられることを恐れていました。でも、わからなかったことを調べたり、実際に商品を使ってみたりするうちに、問い合わせにうまく対応できることが増えて、少しずつ自信がもてるようになりました。「あの商品よかったよ」と感想を伝えてくださるお客さまもいらっしゃるので、自分の成長が実感できてうれしいです。

AZUL 副店長
自分が店舗を動かす
原動力であることを実感
AZUL 副店長

自分が店舗を動かす原動力であることを実感

AZUL 副店長

店舗の責任者として店舗の運営全般を任されています。在庫管理やシフトの作成など店長としての裏方的な業務もありますが、アパレルスタッフであることにかわりはないので、仕事のメインは店頭での接客や売り場の編集です。今までで一番楽しいと感じたのは、初めて予算を達成できたとき。お客様のために取り組んできたことが“達成”という結果になったと思うので、達成感がありましたし、その過程も楽しむことができました。また、自分ひとりでは絶対に達成できないので、仲間と一緒にひとつの目標を目指すことがいかに大切かも学ぶことができました。この店舗は、目標達成意欲の高いスタッフが多いので、チーム一丸となって働く雰囲気がとても気持ちがいいんです。その中で、自分がチームを動かす役割を担っていると感じる瞬間は何よりうれしいですね。逆に、店長になってから特に人に何かを伝えることの難しさを感じています。学生の頃みたいに、友達みたいな横のつながりではなく、社会の中の“先輩後輩”、“上司部下”など、年齢や立場が違う相手に接することがほとんどなので、自分が意図しない形で伝わってしまったり、何も伝わらなかったり…。相手が納得できるように伝えることにこんなに苦労するとは思っていませんでした。でも、この経験は、今後の人生において自分の成長のためになるんだと、信じています。

当社の良いところは、風通しがいいこと。自らの努力や言い続けることは必要ですが、店舗の施策から人事・採用に関することまで、下からの意見を会社が柔軟に聞き入れてくれます。通常であれば経験できないことがこの会社でならできる、これはとても大きな特徴だと思います。

FRENCH Bleu 店長
自信が持てなかった新人時代
先輩や周りのサポートで
前向きな姿勢を持てるように
FRENCH Bleu 店長

自信が持てなかった新人時代
先輩や周りのサポートで
前向きな姿勢を持てるように

FRENCH Bleu 店長

店舗運営やスタッフの育成など、店舗責任者としての業務全般を行っています。今でこそ「とにかくやってみる」という姿勢を持てるようになりましたが、新人時代はとにかく自信がなくて(笑)。何をするにも恐る恐る。なんとかしなきゃ!と思ってもうまく動けず、結局先輩に迷惑をかけてしまったり。うまく出来なかったらどうしようっていつも不安でしたが、みんなが辛抱強くサポートしてくれました。初めて店舗責任者に着任したときも、社員やスタッフにうまく指示が出せず思うような結果が出なくて落ち込むことが多かったですね。その時もスタッフのサポート、そしてお客さまの優しさに助けられました。 そんな中、お店やお仕事への愛着とやる気がより一層大きくなった体験があります。お世話になっているブランドのPOP UP SHOPを出したことがあるのですが、限定のアイテムとノベルティを作って頂いて、さらにデザイナーさんによるコーディネート相談会を実施したんです。イベントの開催までに、「こんなお洋服がないかな?」というお客さまのちょっとした言葉を拾っていったり、そこから限定アイテムのデザインに広げたり、スタッフみんなで考えて準備をしました。責任が大きい分チームワークも強くなったし、みんなで作り上げることができて、この仕事の楽しさを改めて実感できました。

当社は、商品の発注やイベントの企画などを入社後すぐに任せてもらえることがあります。意欲的なスタッフが多いので、何をするにもみんなが参加して一緒に作り上げるところが魅力だと思います。また、お客さまも本当にやさしくて、私自身たくさんの方に支えて頂きました。上司への相談も気軽にできるので、わからないことや不安なことも丁寧な指導を受けながら働くことができますよ。

無印良品 インテリアアドバイザー
お客さまと接することが
好きな私が選んだ道は、
インテリアアドバイザー
無印良品 インテリアアドバイザー

お客さまと接することが好きな私が選んだ道は、
インテリアアドバイザー

無印良品 インテリアアドバイザー

無印良品の店舗でインテリアアドバイザーとして、お客さまが描く理想の暮らしが実現できるようインテリアをご案内しています。昔から人と接すること自体は好きだったんですが、人前で話すことが苦手でした。入社当初は、お客さまに話しかけたり会話を続けることができずに悩みましたね。そんな時に先輩から接客のロープレやアドバイスをたくさん頂けたんです。おかげで、どうお声掛けしたらうまくいくか、話をどう組み立てたらスムーズに会話ができるかなど、接客話法を身につけることができ、うまくいくようになりました。また、いろいろな研修にも参加させてもらえる中で、お客様のくらしやお客様がしたいと思っていることを聞き出すことの重要性を学んだので、今後の接客に活かせるよう頑張っています。

当社のいいところは、たくさんの可能性があるところ。私の同期は、採用教育担当や店長になった人など、それぞれのやりたいことをさまざまなポジションで実現させています。私はインテリアアドバイザーの道を選びました。理由は、お客さまと接することが好きだから。「この前のダイニングとてもいいよ~!」とお客さまが報告に来てくださったり、無印良品の商品を通してお客さまが笑顔になってもらえることが、私にとっては一番うれしいことなんです。

思い返してみると、新人時代は悩みはあったけど、毎日が新しく覚えることばかりで、とても充実していました。先輩もスタッフもとても優しくて、あたたかい職場に安心したことを覚えています。仕事で悩んだ時も、親身になって相談にのってくれる上司もいるし、ほんとうに素敵な人が多い会社です。

AT EASY バイヤー
自ら動き、自分で自分を管理する
部下の為になることを優先する
これが僕の軸
AT EASY バイヤー

自ら動き、自分で自分を管理する
部下の為になることを優先する
これが僕の軸

AT EASY バイヤー

クロックスのバイヤーとして、計7店舗のバイイングや在庫管理、販促計画、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング:店舗を見やすく、購入しやすい状態にすること)を行っています。また、ひとつの店舗の店長も兼務しているので、商品管理や販売なども行います。バイヤーと店長を兼務することで、事業部で扱うすべての商品が把握しやすい立場にいるため、店舗を巡回するときは、売場全体を見てアドバイスするようにしています。

商品を自分で仕入れて、お店に並べて、接客して、最終的にお客さまに笑顔になって頂くことは、大きなやりがいであり仕事の面白さであると思っています。

仕事をする上で心がけていることはふたつ。ひとつは、自ら動き、自分で自分を管理すること。人は、油断するとどうしても自分に甘くなってしまうと思っています。だから、自分に厳しく接して、「やるべきことをやる」ことが大切だと考えています。ふたつめは、部下の為になることを優先すること。誰かのためにやったことって、巡り巡って自分に返ってくると思うので、同じようにみんなが周りの人のためを思って行動できるようになれば、気持ちよく仕事が楽しめるんじゃないかなと感じています。 この会社の魅力は、チャレンジ精神を持って新しい挑戦をすることを認めてくれる環境があることだと思います。自ら行動することによって、いろんな経験ができて知識を身につけることができます。また、社長との距離が近く、自分にはない経験や知識を持った人と触れ合えるので、視野が広がりますね。

nanoUNIVERSE スーパーバイザー
組織の主役は自分
成長すれば経営に携わりながら
活躍できるように
nanoUNIVERSE スーパーバイザー

組織の主役は自分
成長すれば経営に携わりながら
活躍できるように

nanoUNIVERSE スーパーバイザー

スーパーバイザーとして、目標達成に向けて、各店舗の店長、社員、スタッフとコミュニケーションを取りながら、サービスや接客力の向上に取り組んでいます。

入社した頃は、とにかく早く店長になりたくて常に全力で働いていましたね。その姿勢は当時の上司がしっかりと見てくれていて、比較的早いタイミングでチャンスを得ることもできました。実際に店舗に立ってみると、先輩たちにはたくさんの顧客様がついていました。それを見て、「山本君に会いに行こう」「山本君から買いたい」と思ってもらえるスタッフになりたいと考えるようになりました。それからは、お客さまのお名前とお顔を一生懸命覚えて、顧客様ノートを作って毎日書いていました。そういうことをコツコツ続けていたら、あるお客さまから「この間はありがとう。手紙までもらっちゃって。」と言って頂けたんです。涙が出るほどうれしかったですね。そのお客さまは今でもお店に来てくださいます。商品を通して人と繋がることができる素晴らさ、これこそがこの仕事の最大のやりがいだと感じました。

僕がいつも取り組んでいるのは、目の前の1日を全力でやりきること。もちろん、半年後、1年後、3年後…将来どんな自分になっていたいか、明確な目標を持つことも大事ですが、今日1日を振り返った時に「もっとできることがなかったか」と出来る限り後悔しない仕事ができるよう意識しています。僕たちは常にお客さまと接するので、お客さまにご満足頂けるよう、常に全力で行動することが大切だと思っているので。

この会社は、社員の意見を尊重してくれるし思いが伝わりやすいんです。「組織の駒」ではなく、「組織の主役」になって事業部の経営に携われるようになるのも、この会社の大きな魅力だと思っています。

無印良品 採用教育
新人時代に「しつこい」と言われるくらい
質問していた僕が、今では教育担当に
無印良品 採用教育

新人時代に「しつこい」と言われるくらい
質問していた僕が、今では教育担当に

無印良品 採用教育

店長、副店長、社員、新入社員など全スタッフの育成を担当しています。また、無印良品のことを1から教える新人導入も行っています。その他、新入社員の研修を毎月行ったり、スタッフの入社や退職までの労務管理の研修、障がい者の方の導入やアフターケア、接客ロールプレイングのお手本、その台本づくり、事業部内で使用するマニュアルや規定の作成など業務は多岐にわたります。

新人時代、とにかく無印良品が好きだった僕は、早く仕事を覚えて「困っているお客さまやスタッフの手助けができる店長」になりたかったんです。だから、疑問に思ったことはすぐに質問していたので、店長からは「しつこい」と言われるくらいでしたね。質問して教えてもらったことは、自分だけではなくスタッフみんなに役立つことなので、スタッフ間で情報を共有する連絡ノートに書いたり、朝礼で発信していました。今思えばずいぶんおせっかいな新人だったと思います。 今、採用教育担当として一番うれしいのは、入社して右も左もわからなかったスタッフが、お客さまや仲間と笑顔で話ができるようになったのを見ること。新しい業務に取り組むときの不安そうな表情から、できるようになった時の笑顔への変化を目の当たりにする瞬間は、たまらなくやりがいを感じますね。新入社員が成長して店長になったときは、実は毎回ひとりでこっそり泣いています(笑)。

心がけていることは、自分に関わる全ての人に常に笑顔で、そしてポジティブシンキングで相手の個性を大切に接すること。また、教えるときは常にやって見せるか体感させるかの見極めを課題として取り組んでいます。この会社は自分の能力を活かして輝けるチャンスが多いんです。僕が「教える仕事がしたい」と言い続けたことを、現在できるようになっていることには、感謝の気持ちでいっぱいですね。

鎌倉シャツ 店長
このお客さまと次に会えるかはわからない
だからこそ、精一杯のおもてなしをしたい
鎌倉シャツ 店長

このお客さまと次に会えるかはわからない
だからこそ、精一杯のおもてなしをしたい

鎌倉シャツ 店長

入社して16年、鎌倉シャツに異動してから7年目です。18歳のときに入社して、最初はアルバイトとして浜松の無印良品で勤務していました。20歳くらいのときに社員になって、いろんな店舗を経験しました。アルバイトから社員になって感じるのは、良くも悪くも自分の行動に対して結果がきちんとついてくることと、結果が出たときの達成感とやりがいが大きいことですね。

今は、比較的安くファッションを楽しめる時代なので、鎌倉シャツが販売しているお仕事用のシャツが5,900円~っていうのは、お客さまによっては高いと感じてしまうこともあると思います。でも、ウチの商品って日本の工場で丁寧に作られていることと、首回りや袖の長さに合わせてサイズを選べるので、一度着ればその心地よさはわかって頂けるんです。そうやって、二度、三度とご来店頂けるお客さまもいらっしゃいますね。一番うれしいのは、商品だけじゃなくて自分のことを覚えてくださるお客さまがいらっしゃること。名指しで「今日は澤木さんいる?」って言ってもらえたり。この店舗は空港内にあるので、頻繁にいらっしゃるわけじゃないけど、出張のたびに立ち寄ってくださったり。でも、このお店の魅力ってそういう一期一会の部分かもしれません。もう会えるかわからないからこそ、精一杯のおもてなしをしようって思えるし、僕自身がこの会社で働こうと思わなければ、お客さまとも出会えなかったわけですしね。

上司や仲間、仕事をする環境はほんとうに恵まれているなと感じます。社長も意欲的で冒険心に溢れる人で、距離も近いです(笑)。以前、社長と2~3日一緒に仕事をする機会がありましたが、実際に現場で働いていることもあって、それを目の当たりにできたことはとてもいい刺激になりました。

SEARCH