1泊2日 笠間市 ものづくりのまちでつくりたい!を探す旅

茨城県にある笠間市は、山々に囲まれた台地が広がる自然豊かなまち。盆地ならではの気候が美味しい
農作物を生み育てます。笠間市は都内へのアクセスも良く、歴史や文化も豊か。生活しやすく、住みやすい
と評判です。農業を始めたい・興味がある方にとっての移住先として、今注目されています。

移住に興味のある方へおすすめ!
茨城県笠間市の魅力を体験

笠間市1泊2日
美しい里山に囲まれて農業体験ツアー

<1日目> 10月24日(水)

7:30

・新宿駅に集合。貸し切りバスで移動

10:30

・笠間稲荷神社で参拝
日本三大“稲荷”のひとつ、全国より年間を通じて多くの参拝客が訪れる笠間稲荷神社で参拝を行ないます。ご祭神は「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」、五穀豊穣、商売繁盛などにご利益があるといわれています。参拝後は、笠間稲荷神社の参道門前にある商店街で、笠間名物の笠間いなり寿司や、茨城県産のお米を使った稲荷せんべいなどのショッピングをすることができます。

12:30

・庭カフェKULAにてランチ
江戸時代に建てられた酒造の蔵を、和モダンなカフェにリノベーションした「庭カフェKULA」にて、ランチを堪能します。
※写真のメニューとは異なる場合がございます

14:00

・大自然のなかで農業体験
下記いずれかの農家さんのもとで就農体験を実施

いこまらいすせんたあ
笠間市は、もともとおいしいお米の産地。堆肥を使った土作りや、農薬の使用を抑えた昔ながらの農法により、安心でおいしい米づくりに取り組んでいます。
こちらでは、飼料用の水穂の収穫調整作業などが体験できます。

株式会社ヴァレンチア
農薬を使わず、子どもや赤ちゃんも安心して食べられる野菜の供 給を目指し、葉物野菜などを栽培しています。熱中消毒で雑草の 発生を抑え、独自のオーガニック肥料を適切に与える農法にも取 り組んでいます。
こちらでは、葉物野菜の収穫調整作業などが体験できます。

株式会社カモスフィールド
土の中にいる微生物の力を使って、化学肥料や農薬に頼らない、野菜づくりをおこなっています。無農薬でつくられた小松菜やトマト、なすなどは絶品。
こちらでは、葉物野菜の収穫調整作業などが体験できます。

※体験先は選ぶことができません
※天候により体験内容を変更させていただく場合があります

18:00

・本日の宿泊施設「あたご天狗の森スカイロッジ」に到着
あたご天狗の森スカイロッジ」は、標高306mの愛宕山山頂近くにあるログハウスで、爽やかな風や澄んだ空気、広がる眺望が人気を集めています。

19:00

・地元の人と一緒に懇親会を実施
地元の人とバーベキューをしながら懇親会を行ないます。地元の人たちが語る笠間市の魅力を、リラックスした雰囲気のなかで聞くことができます。

<2日目> 10月25日(木)   

7:30

・農家さんのもとで農業体験
1日目同様、農家さんのもとで就農体験を実施
※前日農業体験をした農家さんと同じ場所になります

12:00

・レストラン「kitchen晴人」にてランチ
笠間市の野菜・肉を中心に茨城の食材を積極的に使用している、 地元の有名レストランでランチを味わいます。
※写真のメニューとは異なる場合があります。

14:00

・クラインガルテンにて移住に関する勉強会を実施
「クラインガルテン」とは都市部に暮らす人々が気軽に農作業を 体験できる“宿泊施設付き市民農園”です。利用者たちが集い、コ ミュニティ形成の場としても利用されています。ここでは、移住 に関する勉強会や質問会を行ないます。笠間市は移住者に対する 施策が充実しています。気になることがあったらどんどん質問し ちゃいましょう。

16:00

・工芸の丘でお土産を購入
伝統工芸と新しい造形美術をテーマとした公園“笠間芸術の森公 園”内にある「工芸の丘」で地元産品のお土産ショッピング。笠間 の伝統技術を使ったさまざまな、笠間焼などの工芸品を鑑賞、購入できます。

19:00

・新宿駅解散

開催概要

旅行期間 2018年10月24日(水)~10月25日(木)
集合場所 JR新宿駅
(参加が決定した方に詳細ご連絡いたします)
申込締切 2018年10月21日(日)中
※都合により募集期限を10月21日(日)と変更させていただきました。
旅行代金 1名様 4,000円
※代金にはツアー中の交通費(貸し切りバス代金)、各種入館料、体験料、食事代(朝食1回、昼食2回、夕食1回)が含まれます
※ご自宅⇔新宿駅までの交通費は自己負担となります
持ち物 帽子、動きやすい服装、長靴、スニーカー、作業用手袋、飲料水
募集人員 最少催行人数 10名(添乗員1名が全行程に同行します)

お申し込みはこちら

満員御礼!
募集終了いたしました

  • <旅行企画・実施会社>
  • 株式会社JTB
  • 観光庁長官登録旅行業64号
  • 〒140-8602
  • 東京都品川区東品川二丁目3番11号
  • 日本旅行業協会正会員 旅行業公正取引協議会会員
  • <お問い合わせ先>
  • 株式会社JTB 虎ノ門第四事業部 営業第三課
  • 担当:深井
  • 総合旅行業務取扱管理者:鶴本
  • 〒100-6051
  • 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング23階
  • 営業時間:9:30~17:30
  • 定休日:土日・祝祭日
  • TEL:03-6737-9324
  • E-mail:ijuteiju@jtb.com
  • ※雨天時にプログラムが変更となる場合がございます。
    ご了承くださいませ。
  • ※スケジュールは一部変更になる可能性があります。
  • ※添乗員が全行程に1名同行いたします。
  • ※代金にはツアー中の交通費(貸し切りバス代金)、各
    種入館料、体験料、食事代(朝食1回、昼食2回、夕食1
    回)が含まれます。
  • ※催行が見込めない場合には既にお申し込みの方へ
    10月12日(金)~10月19日(金)にご連絡いたします。
  • ※当ツアーは株式会社JTBの旅行企画・実施となります。
  • ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • ※旅行の内容はご参加決定後、株式会社JTBよりご案内いたします。
  • ※ディップ株式会社は「移住促進に係る試験的事業実施業務」を笠間市より受託しています。
  • ※旅行代金の一部は「移住促進に係る試験的事業実施業務」により負担されています。

まちの魅力

「笠間焼」で知られる笠間市は芸術のまちとしても知られています。優れた近代陶芸作品が見られる茨城県陶芸美術館や、洋画を専門に展示している笠間日動美術館など、アート好きが見逃せないスポットも。

笠間稲荷神社をはじめ、合気道の聖地と言われる合気神社など、多くの歴史的建造物が点在。比較的歴史が新しく、縁結びのご利益で知られる常陸国出雲大社では、日本最大級のしめ縄がお出迎えします。

冬空の下、参拝者同士で罵声を浴びせあい、お供え物を奪い合う奇祭「悪態まつり」は笠間市の伝統行事。春は約8,500株のつつじが咲き誇る「つつじまつり」など、一年中を通してイベントがあります。

茨城県は栗の栽培面積・収穫量ともに全国1位を誇り、そのなかでも特に栽培面積が多いのが笠間市。毎年9~10月に行われる「かさま新栗まつり」では、全国からおいしい栗を求めて人々が集まります。

山々に囲まれた笠間市は、絶景スポットが豊富なまちでもあります。高級石材として知られる「稲田みかげ石」、この石の日本一の採掘場である通称「石切り山脈」は、削られた石の側面が美しく、圧巻の一言。

上野まで新幹線で約1時間で通えるなど、都内へのアクセスが抜群の笠間市。都内だけではなく、市内はJRの駅が6つ、高速道路のICが4つもあるなど、生活する面でもアクセスに困らないまちです。

移住について

移住のご相談はお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ先 笠間市 まちづくり推進課
TEL 0296-77-1101
(平日 8:00~17:15) 
E-mail machizukuri@city.kasama.lg.jp

笠間市暮らしをもっと知りたい方へ

下記のHPもご覧ください!

笠間市では新しく農業を始めたい方のために、農業技術や経営に関する支援、農業機械・施設などの導入にかかる経費の補助などさまざまなサポートを行っています。

また、笠間市では「移住を考えているけれど、実際の生活について不安を感じている」という方のために、空き家に一定期間滞在して、笠間市の暮らしをシミュレーションできる「かさちょこHOUSE」をご用意しています。

満員御礼!
募集終了いたしました