理容師・美容師

チューイチ

理容師・美容師の正社員/契約社員の求人情報

理容師・美容師の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。理容師・美容師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    正社員の美容師として働く場合、美容師免許を取得したのちアシスタントとして美容室に入社するのが一般的です。入社後は、店舗内の清掃や先輩社員のヘルプ、受付などの雑務をメインに行います。閉店後や休日には、シャンプーやカット、カラーやパーマなどのトレーニングを積み技術を身に付けます。そのトレーニングによって、一定のスキルが認められれば、お客様へのシャンプーなど簡単なメニューから任せてもらえるでしょう。入社した店舗によってトレーニング期間に違いがありますが、数年でアシスタントからスタイリストとしてデビューするケースが多いです。スタイリストになったら、お客様の要望にこたえる形でカットやパーマなどの施術を行います。日々、流行は変わっていくのでお客様の要望に応えられるよう、スタイリストになってからも勉強やトレーニングは欠かせないものとなるでしょう。美容室によっては、担当客の人数によって給料や歩合給が決まるというケースが少なくありません。数年間スタイリストとして経験を積んだ後は、後輩の技術指導やマネジメントを任されることがあります。全国にチェーン展開している美容室であれば、店長として抜擢されるケースもあり、頑張り次第で仕事の幅が広がります。

面接の対策と心構え

美容師の面接では自己紹介や志望動機などさまざまな質問を受けます。その際、マニュアル通りに話そうと力みすぎると印象が悪くなってしまうことがあります。面接官が知りたいのはあなた自身の人間性です。そのため、どんな問いかけであっても自分の言葉で伝えるようにしましょう。緊張で多少文脈が乱れてしまっても、それが合否に大きくかかわることは少ないでしょう。自分の気持ちをしっかりとした言葉で伝えることを意識してください。もちろん、接客業である以上「さわやかさ」や「最低限の常識があるか」などは非常に重要です。服装は清潔感のあるものを身に付け、はきはきと元気よく受け答えしましょう。また、志望動機に関しては履歴書を書く段階から「どうしてこの美容室を選んだのか」という点を明確にしておきましょう。数ある美容室のなかで、どんな特徴にひかれたのか、自分の気持ちをまとめわかりやすく伝えましょう。そのためには、自分自身が応募する美容室について調べ、特徴や経営方針を理解しておく必要があります。ホームページやSNS、パンフレットなどに目を通し企業研究することが大事です。

ページトップへ