研究職・技術職

チューイチ

研究職・技術職の正社員/契約社員の求人・募集情報

研究職・技術職の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。研究職・技術職の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    研究職は、製品を開発するための原材料や素材の研究などを行う仕事です。食品メーカーや製薬会社などでの基礎研究が主な業務となり、新しい素材や機能の研究や検証を行います。研究内容によっては、成果が出るまでに数年から数十年かかる場合もあります。技術職は大きく開発技術者と製造技術者に分けられ、製品化に向けた業務を行います。具体的には、製品や機械、システムなどの設計や開発、生産管理、品質管理を行う仕事です。製造業のほぼすべての分野にかかわりを持つ仕事であり、車の金型設計や食品の開発などをする場合もあります。研究職も技術職も、ものづくりの根幹にかかわる非常に重要な役割を持つ職業です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    研究職のメリットは、自分が長年学んできた、もしくは興味がある学問を仕事で活かせるということです。成果が出るまでに時間がかかることもありますが、やりがいを持って研究を進めることができます。自身が長年研究してきたものが、新商品となって社会に貢献できたときには、なによりも大きな達成感を感じることでしょう。これまで学んできた事柄について、さらに見識を深めていきたい人であれば、社会人になっても研究を続けられる研究職は、まさにうってつけといえます。研究職は常に新しいものを求め、学んでいく職業です。積極性がある人や、新しいものにどんどん挑戦していく「フロンティアスピリット」がある人にもおすすめできます。毎日試行錯誤を続けながらも、自分を深めていくことのできる仕事です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    研究職・技術職では研究機関やメーカーなど民間企業の研究部門、大学などの教育機関などが勤務先としてあります。研究機関によって収入に幅があり、民間企業の研究部門は他部署と年収や福利厚生があまり変わらない場合もあります。大学などの教育機関、自治体の研究職などに就く場合は、地方公務員・国家公務員などの扱いになります。企業の研究職は、研究の実績により褒賞や手当てが出ることもあります。さらに研究の幅を広げるために、ほかの分野について勉強をし、英語などのスキルを身につけることで、仕事の幅が広がるため、さらなるキャリアアップが図れます。いずれも自分自身の努力がしっかりと結果に表れる仕事です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    研究職の仕事では、研究したい分野について専門的な知識を持っていることがまず求められます。大学卒もしくは大学院卒の知識が必要です。これまで自分が研究してきたと、企業が研究したいと考えている分野が一致する職場には就職しやすい傾向があります。一方で、未経験のジャンルからのチャレンジを受け入れてくれる研究職もあるため、調べてみるといいでしょう。技術職も、専門知識が必要となる場合が多いので理系の大学卒以上の知識が求められる場合があります。また、研究職、技術職ともに基礎的な知識だけではなく、常に新しい知識を吸収していく向上心も必要です。社内のさまざまな部署とチームを組んで仕事を行う場合が多いため、自分の研究内容や考えを相手にわかりやすく伝えることができるコミュニケーション能力も大切です。
研究職・技術職のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ