ドライバーのアルバイトを探すならドライバーバイトル

新着仕事一覧

この条件で探している人に、人気の条件はこちら

長距離ドライバーのお仕事内容

長距離ドライバーの仕事は小型トラック(2トン)や大型トラック(10トン)などにさまざまな荷物を載せて、目的地まで運ぶ仕事です。この仕事の特徴はひとりで作業をする時間が長いことが多く、人間関係に悩まされてしまうことが少ない傾向といえます。会社によっては、日本各地を行き来することもあり、各地の情報に詳しくなれるのも魅力の1つです。基本的な仕事としては積み荷を載せて目的地まで向かい、受け取りのサインをもらうことで仕事が完結します。届け先からさらに荷物を預かり、別の目的地に運ぶといったこともあります。交通渋滞などで荷物をスムーズに運べなかったりする場合には、残業をすることもあるので念頭に置いておきましょう。仕事をする上での注意点は荷物を破損したり、所定時間内に目的地に到着しない場合にはペナルティが課されてしまうこともある点です。道路事情に熟知し、安全かつスピーディーに仕事をこなしていく必要があります。普通免許では扱えるトラックの種類にかぎりがあるため、中型・大型免許などの取得も必要だといえます。自動車が好きで免許を活かしたいと思っている人は、運送や物流の業界で働くことも考えてみましょう。

深夜ドライバーのお仕事内容

深夜ドライバーの仕事内容は基本的には日勤と変わりません。深夜の時間帯での勤務となるため、給与面では日勤と比べて高くなる傾向があります。ただ季節によっては道路工事が行われていたりして、交通渋滞に巻き込まれることもあるので、勤務時間が長くなってしまうこともあるでしょう。また、深夜の仕事は不規則なスケジュールとなりがちなので、疲労が溜まりやすくなります。運転中はひとりであるため事故を起こしてしまうことにも注意が必要です。体調管理や適切な睡眠時間の確保が重要になってきます。また、長時間座って運転をしていると、腰痛や肩こりに悩まされてしまうこともあります。無理をせずに、適度な休息をはさんで仕事をする姿勢が大切です。深夜に働くドライバーの仕事としてはトラック運転手のほかに、タクシーやバスのドライバーといった職業もあります。コミュニケーションが得意という人であれば、タクシーやバスなどの乗客と接する仕事を選んでみるのもいいでしょう。ドライバーの仕事は荷物や乗客を時間通りに目的地までたどり着かせるのが仕事ですが、一番念頭に置いておきたいのは「安全運転」ですので、無理なスケジュールなどを課される場合にはきちんと勤め先に確認をとりましょう。

ドライバー助手のお仕事内容

ドライバーをサポートする役割の配送助手の仕事は、荷物を搭載したトラックにドライバーと一緒に乗り込み、目的地に向かうところから始まります。目的地に着くと、ドライバーと一緒になって指定の場所に荷物をおろし、次の目的地に向かうといった作業を数件繰り返します。重たい荷物を運ぶ際は破損させてしまう恐れもあるため注意が必要です。引っ越し作業の場合には冷蔵庫やベッドなどの重たい荷物はドライバーと一緒になって運ぶこともあります。設置をする場合には顧客が指定した場所まで運ぶ必要があるため、荷物の損傷を避けるために布製のマットなどを補助材として使って運んでいきます。またドライバーは会社や顧客とのやりとりがあるので、細かな作業などは配送助手に任されます。家具の組み立てや荷物を開封することで出てきたゴミなどを片づける作業などです。荷運び以外の時は車の助手席に座っていることが多いため、勤務時間全体で見るとそれほど無理なく働ける仕事だといえます。荷物を運ぶことで体力もつくため、運送や物流の仕事に興味がある人は、配送助手の仕事を検討してみるといいでしょう。

ドライバーのバイト/アルバイト/パートの求人情報

ドライバーのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。短期の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!
ページトップへ