エステティシャン

チューイチ

エステティシャンのバイト・アルバイト・パートの求人情報

エステティシャンのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。エステティシャンの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    エステの目的は、「きれいになりたい」というお客様の願いを叶えることです。そのためにお客様ひとりひとりの肌や身体の状態や特徴を確認し、それに合わせて手技や用具を使って施術を行います。施術方法や内容はサロンによって異なりますが、大きく分けるとフェイシャル(顔)ケアとボディケア、そして脱毛です。フェイシャルケアのなかにも美白に特化したコースがあったり毛穴洗浄に絞ったコースがあったりと、お客様の目的に合わせてさまざまな施術が提供されています。それはボディケアと脱毛も同様です。どれかひとつを専門にしているサロンもあれば、すべてのコースを提供しているサロンもあります。そして、お客様がどのような希望を持っているのか、一番合ったコースは何かを判断するために、エステでは施術の前にまずカウンセリングが行われます。アレルギーの有無や年齢など基本的なことを確認しつつ、お客様の悩みを引き出してそれを解決するためのケアを考えていきます。そのため、エステティシャンは肌や身体のこと、美容に関する知識や流行など、さまざまなことにアンテナを張っておく必要があります。また、エステティックの技術が必要なのはもちろんのこと、カウンセリングや施術中にお客様と話す機会が多く、コミュニケーション能力も求められる仕事です。美容という目的を通して、「お客様に喜んでもらいたい」と思える人に向いているでしょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    エステティシャンは美容の知識や技術を学びますので、自分の普段のケアにも活かすことができ、それによって自分自身も美しくなることができるでしょう。仕事で覚えたハンド、フェイシャルマッサージは、お客様だけでなく家族や友だちに施術すると大変喜ばれます。また、新製品の化粧品を試すことができたり、新しい施術を体験できたりするというメリットがあり、よい刺激にもなります。サロンに来店するお客様は基本的に体や肌に悩みを持っている人が多く、お客様の悩みを解決するお手伝いができます。自分の知識と技術を活かしてお客様に喜んでもらえることは、大きなやりがいや達成感にもつながります。技術を磨きステップアップしていけば、独立して自分のサロンを開くことも可能です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    エステティシャンが活躍できる場所は、エステティックサロン以外にもリラクゼーションサロンやホテル、旅館や温泉施設などさまざまな場所があります。店舗によって勤務時間や勤務日数も異なりますので、自分の生活スタイルに合わせて決めるとよいでしょう。給与形態は歩合制を取り入れているところも多く、その場合は経験や技術がある人ほど多くの収入を得られる場合が多いです。未経験者でも、自分の頑張り次第で高い収入を目指すことができます。土日祝日は出勤日となることが多い職種で、それらの日に勤務ができる人は重宝されます。エステティシャンは女性が多い職場で、女性が長く働けるような職場づくりをしている企業も増えていますので、働きやすい環境が整っている職場を探して選ぶことをオススメします。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    エステティシャンの仕事をするうえで必要な資格はとくにありませんが、お客様に満足してもらうためには知識や技術、経験が必要となります。店舗ごとに研修制度を設けている場合が多く、未経験でもそういった知識を勉強してから実際にお客様を担当することができます。また、エステティック協会が認定している民間資格がありますので、働きながら知識や技術を身につけて資格を取得するとよいでしょう。すでにそういった資格を持っている人は、採用や給与面で優遇の対象にもなりその技術を活かすことができます。技術だけでなくお客様にいやしの場を提供できるような人柄も重要視されますので、話しやすい雰囲気づくりや自然な笑顔など、お客様にリラックスしてもらえるような気配りが必要です。美容に興味がある人、人と接することが好きな人に向いている仕事です。

エステサロンの受付業務

エステサロンの受付は、そのサロンの“顔"ともいえる存在で、サロンを訪れるお客様をお出迎えする仕事です。フロント、受付、レセプションと、サロンによって呼び方が違うことがありますが、基本的な業務内容は同じです。まずは電話対応の仕事があります。取引先からの電話に応対したり、お客様からのお問い合わせや予約を受け付けます。予約管理では、お客様のご希望に合わせた予約が取れるように調整します。施術にかかる時間を考えながら、無駄な時間を作らないようにスケジュールを組み立てていきます。予約は電話で入ることもあれば、インターネットを経由することもあります。そして、接客の仕事もあります。受付をしてからお客様を部屋へご案内し、施術が終わったあとには会計を行います。サロンによっては待ち時間や施術後にドリンクを出すこともあります。いずれの業務でもお客様と接する機会が非常に多く、きちんとしたマナーとコミュニケーション能力が求められるでしょう。お客様から施術について質問をされることもありますので、メニューの内容や料金を把握しておく必要があります。それだけでなく、美容に関する流行や情報にも気を配り、お客様のあらゆる質問に答えられるようにしておきましょう。特別な資格は不要ですが、予約管理などはパソコンを使うことが多いため、基本的な操作はできたほうがいいです。

未経験からエステの仕事につくには

エステティシャンはさまざまな知識や技術が求められる仕事ですが、実は公的な資格制度がありません。専門学校や通信教育などでエステについて勉強することはできますが、それはあくまで民間団体や企業が認定している資格を取得するためのものです。もちろん、そこで学んだ技術はその後のキャリアに活かせるものでしょうが、絶対に取得しなければならない資格ではないのです。そのため、未経験からでもチャレンジしやすい仕事といえます。実際、未経験OKの求人を出しているサロンは少なくありません。その場合は、必要な知識や技術を入社後の研修で身につけていくことになります。研修では一般的なビジネスマナーのほか、美しく見えるための立ち居振る舞いなど、サロンならではの接客も学んでいきます。肌や身体のことに関する基礎知識を身につけ、取り扱っているメニューや商品の理解を深めるなかで具体的な技術も磨いていきます。また、新人に対してだけでなく、技術向上のためにスタッフ全員に対して継続的に研修を行うサロンもあります。未経験からエステティシャンを目指すなら、こういった研修制度が整っているサロンを選ぶといいでしょう。

面接時の服装について

エステサロンの仕事は受付業務や施術など多岐にわたりますが、基本的には接客業です。そのため、一般的なビジネスマナーやコミュニケーション能力が求められます。面接のときには丁寧な言葉遣いと明るいハキハキとした受け答えを意識し、「感じが良い」と思ってもらえるようにしましょう。面接官は店長やそれ以上の役職の人であることが多く、緊張することもあるでしょうが、なるべく笑顔を心がけましょう。また、美容に関わる仕事なので身だしなみには特に注意を払うべきです。メイクや服装はもちろんのこと、髪型や指先にも気を使い、好印象を目指しましょう。しかし、だからといってTPOをわきまえない派手な服装は常識を疑われてしまいます。特に指定がない限りは、スーツで面接に臨むのが無難です。スーツを持っていないときは清潔感を意識して、オフィスファッションのようなきちんとした印象の服装を心がけましょう。髪色自由なことが多いですが、あまりにも派手な色だと驚かれることもあります。そして、身だしなみを整えるときにはサロンの雰囲気を意識することも重要です。「ナチュラル」「モダン」「オリエンタル」など、サロンごとに大事にしているイメージがあることが多いため、事前にホームページなどでチェックし、適切な面接の服装を心がけましょう。

エステティシャンの社員・正社員の求人情報
ページトップへ