セラピスト

チューイチ

セラピストのバイト・アルバイト・パートの求人情報

セラピストのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。セラピストの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    「美」を仕事にしたい人は、セラピストの門を叩いてみるのはいかがでしょう。エステやアロマ、マッサージ、整体などの仕事は経験者、未経験者を問わず、学生歓迎、主婦・主夫歓迎の求人情報も年中問わず多数掲載しています。未経験の方は先輩がイチから丁寧に教えてくれるため、がんばったぶんだけスキルが身に付く環境です。また美について厳しいお客様も多いため、美意識がグンと高まるといったメリットも。さらに、日給でのアルバイト募集から業務委託による完全出来高制まで、募集の形態もさまざま。給与面などのご希望にあわせて働けるのも魅力です。一口にセラピストといってもバリエーション豊かな求人が揃っていますのでできるだけ広い範囲で探せる検索条件を設けることで、思いもよらなかったバイト先に出会えるかも知れません。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    セラピストという仕事の大きなメリットは、将来にわたって活躍できる技術を身につけることができるところです。未経験から採用しているところも多く、研修制度も整っていますので、手に職をつけたいと思っている人にオススメの仕事といえます。施術だけでなく接客するうえでも、相手を気遣う優しさやていねいなおもてなしの心が身につけられますので、コミュニケーション能力のアップにつながります。そういった接客対応は、どの仕事にも通用するスキルとなるでしょう。また、勤務先にもよりますが、空いている時間にセラピスト同士で施術をし合える場合もあり、自分自身の健康にもつながります。自分の技術を向上させることで、お客様にいやしを提供できますので、やりがいを感じられる仕事です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    セラピストの仕事は、お客様の身体や気持ちをいやす仕事であり、親身になって向き合える人や人とのコミュニケーションをとることが好きな人に向いています。リラクゼーションサロンやエステティックサロン、スポーツジムなどの施設も増えており、「美」と「健康」、「いやし」を提供するセラピストの需要も高まってきています。給与形態は、店舗によって異なりますが、時給制もしくは歩合制の店舗が大半です。時給の場合は平均1,100円ほどで、店舗によって指名料などのインセンティブが支給される場合があり、頑張りしだいでは高収入も期待できます。勤務日数や時間も、比較的自分の都合に合わせやすく、スタッフは30歳前後の女性が多い職場です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    マッサージ師は、リハビリや代替医療とされていることから、鍼灸師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格が必要となります。一方でセラピストとして働く場合は、資格取得は特に必要ないため比較的チャレンジしやすい業種といえます。未経験で働くことができる店舗も多いですが、技術だけでなく身体に対しての知識も増やしていく必要があるため、勉強は欠かせないでしょう。技術のレベルアップをはかるための研修に参加するなど、積極性も求められる仕事です。マッサージ師のような国家資格はありませんが、さまざまな団体の認定資格を取得することができ、そのような資格を持っている人やマッサージ師・セラピストの経験がある人は、その経験を十分に活かすことができます。お客様の身体の様子を把握するためには会話が重要ですので、コミュニケーション能力が備わっているとよいサービスができるでしょう。

バイト体験談

女性
何事も急いでやるのが苦手な私ですが、この仕事は決して急いではいけないリラクゼーションを提供する仕事なので、私のペースにあっています。テキパキこなすのが苦手な人でも、マイペースにやってお客様から指名される人気セラピストになれます。
女性
おしゃれな印象と癒しの仕事ということでこの業界に入ったのですが、実際にやってみると完全な肉体労働です。毎日多くのお客様に施術して身も心もスッキリしてもらっているのですが、私もときどき癒されたいという気持ちになります。
女性
サロンで働く仲間の間では度々スピリチュアルなものがブームになります。パワーストーン、フラワーエッセンス、夢占い、レイキなどなど。人を癒すということは体だけでなくこうしたスピリチュアルなところに行き着くのかもしれません。

面接ここが大事

point1

安心を提供すべし

セラピストはエステやアロママッサージ店などで、心身ともに癒しを与える仕事です。業界の認定資格はあるものの、特別な資格がなくても研修や実務経験を積みながらスキルを身に着けることが可能です。面接を受ける際は、人に安心感を与える態度と笑顔がポイントになります。癒しを与えるからとおっとり話すとか、はっきりしない受け答えではいけません。セラピストとしてお客様にどのようなサービスを提供したいかや、この職業に就いて将来自分がどうなりたいかなどのビジョンをしっかり語りましょう。経験者はその実績や経験を話すことも大切です。一方、未経験の方はスキルをしっかり覚えるための努力をすることをアピールしましょう。
point2

技術+コミュニケーション

疲れた方や、なんとなく調子が悪い方を施術で癒すのがセラピストの役割です。揉みほぐしやアロマ、リフレクソロジーなど多くのセラピーがありますが、やはりもっとも重要なのはセラピーの技術をしっかり習得しているという技術力です。技術力があれば、お客様が満足してリピーターとして再びサロンに来店してくださいますので、サロンにとって戦力となるでしょう。また技術力の他に求められることは、コミュニケーション能力です。お客様の中には、施術だけではなく話を聞いてもらいたい方が来店される方も多く、カウンセリング能力やコミュニケーション能力はセラピストにとって必須となります。大きな声でハキハキとする接客というよりも、お客様の心に寄り添いお話を伺うという姿勢があることをアピールすると良いでしょう。
point3

実績や目的を伝えるべし

セラピストは、今多くのサロンで求められている人材です。エステティシャンの資格やアロママッサージ検定などの国家資格は必要なく、民間の資格を取得した方が働くことができます。ただしサロンで即戦力として働くためには、それまでの実績をアピールすることが大事です。どのようなサロンでどれだけの人数を施術してきたかという実績は面接の際に大変有利になります。サロンでの勤務経験のない方は、資格取得の目的ややる気をアピールするのが良いでしょう。また、どのような時間帯のシフトにも入れる準備をしておくことで採用率が高くなります。土日や長期休暇中など、サロンの繁忙期にシフトに入れる方は採用率を上げることができます。
セラピスト・リラクゼーション・アロマの社員・正社員の求人情報
ページトップへ