ガールズバー

チューイチ
しごと体験ができるお店のお仕事一覧へ

ガールズバーのバイト・アルバイト・パートの求人情報

ガールズバーのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    ガールズバーのアルバイトは、カウンター内でお客様にドリンクを作り、お客様と会話をしたり接客をしたりする仕事です。お客様の隣に座っての接客はなく、接客はあくまでもカウンター越しです。お客様の隣に座って会話をする仕事が不安な人や苦手な人でも気軽にはじめられます。コスプレのような露出度が高い服装をするお店もありますが、ブラウスに黒スカートのような制服か私服で勤務するお店もあります。特定のお客様に対してじっくりと応対するスタンスではなく、来店するお客様に対してほかの従業員と手分けして応対するのが一般的です。お酒やカクテルの知識がなくても、ドリンク作りを1から学べますので未経験からはじめる人も活躍しています。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    ガールズバーの仕事は、飲食業のなかでも時給が高く、高収入が期待できることがメリットの1つです。お店によって異なりますが、時給制にプラスして成績に応じた給与を支給しているお店も多々あります。短期間で高収入を得たい人や、お小遣い稼ぎをしたい人にもぴったりの仕事です。普段出会うことがない、さまざまな業種の人たちと知り合えることもメリットといえます。幅広い業界の人との会話は、今まで知らなかったことや面白い話をたくさん聞けるチャンスです。ガールズバーの仕事は会話が大切な仕事ですので、コミュニケーション能力が自然と身について、人との会話が不得意だった人がとても話し上手になることもあります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    時給だけでなく、歩合制の報酬を用意しているお店もありますので、頑張り次第でさらに多くの収入を得ることができます。飲食店のアルバイトの中では、ガールズバーのアルバイトは高収入が期待できる職種といえるでしょう。幅広い年齢層の、さまざま業種で働くお客様が来店し、男性ばかりではなく、ときには女性を相手に接客することもあります。勤務時間は19時から翌朝5時の範囲が多く、帰宅するのが深夜や早朝になることもあります。なかには車で送迎してくれるお店もありますので、帰りの交通手段がない人は、求人情報で送迎の有無を確認して、応募の検討材料にすることも重要です。一緒に働く人たちは女性が大半で、店長やボーイなど男性スタッフがいるお店もあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    ガールズバーで働くために必要な資格はありません。ドリンク作りとお客様との会話が主な仕事になりますので、お酒の知識やコミュニケーション能力が高い人は優遇される場合があります。居酒屋で働いたことがある人やお酒が好きな人、お話をすることが好きな人ははじめやすく、仕事内容も難しく感じることはないでしょう。もちろん、お酒の知識がなかったり、会話が苦手だとガールズバーで働けないというわけではありません。ほとんどのガールズバーでは、お酒の作り方やお客様との会話の仕方をしっかりとレクチャーしてくれます。働いていくうちにお酒の知識も豊富になり、いつの間にかコミュニケーション能力もアップするでしょう。気配りが上手にもなり、ほかの仕事でも活かせるようになります。

バイト体験談

女性
ガールズバーでバイトするようになって何度か受けた注意が、お客様からお酒が薄いと不満を言われたことです。お酒は好きだけど、本格的に作ったことがなかったので、手順もおぼつかなく味も分からず適当にお酒を作ってしまうことがありました。今では反省を活かし、練習も重ねたので美味しいお酒を作れるようになりました。
女性
私のバイト先のガールズバーの制服は、超ミニスカートです。ムダ毛処理は必須ですし、冷え性の方はちょっと大変かもしれません。冬は制服を崩さない程度の防寒対策が必須です。
女性
女性としては嫌な気はしないのですが、やっぱりお客様に誘われることはガールズバーのあるあるです。 難しいのは、お客様の気を悪くしないように、いかに断れるか。先輩から教えを受けて上手な断り方を習得中です。
女性
バイトしていると、お客様にほのかな恋心を抱くこともあります。イケメンやエリートサラリーマンも多いし、カッコ良い人が来ると自分が付きたいなと思うことはよくあります。ガールズバーで働く中での楽しみの1つかもしれません。
女性
オーナーや一部のバーテンダー以外は基本的に女性ばかりの職場で、同年代が多いので仕事の前後は女子校のようにワイワイ盛り上がっています。あのお客様がカッコ良かったとか、あのお客様は対応に困るねとか、女子会ネタで盛り上がります(笑)。

私はコレで失敗しました

失敗談1

ストーカー注意報決死の脱出作戦

ガールズバーでバイトをしていた数年前、まだ若くてキレイだった私は、自分で言うのも何ですが結構な人気者でした。毎日通ってくれるお客様もいて、楽しくバイトをしていました。ただ、その中の何人かがプチストーカー化してしまったんです…。毎晩お店に来ては、閉店時間を過ぎても居座ったり、挙句の果てには外で帰りを待つように。そのたび、私は裏の非常階段から脱出していました。お店は6階、雨の日も雪の日も風の日も毎日。お酒も多少飲んでいるので、階段は恐怖です。転んだり、滑り落ちたり…。何度命の危険を感じたか分かりません(26歳/フリーター)。
失敗談2

失敗カクテル、その名に注意せよ

私がバイトしているガールズバーは、結構本格的なバースタイル。最初はお酒のことが分からず、「ウイスキー、ダブル」の注文でウイスキーを2杯出すというベタな失敗なんてこともありました。そんな私も、今や何とか独り立ち。ただ、最近困るのが「僕をイメージしたカクテルを」と頼むベタなお客様。「そんなもんねーよ!」と心の中で毒づきながら、笑顔でシェイカーを振り適当なものをお出ししていました。しかし、ある日いらっしゃったお客様はカクテルに詳しく「あれ?これって”キス・ミー・クイック”だよね。何か深い意味があるのかな」とニヤリ。しばらくお店に通っては、ニヤニヤしていました。それ、適当なレシピで作っただけなんですけど…(22歳/学生)。
失敗談3

掛け持ちバイトの憂鬱な朝

昼間は読者モデル。夜はガールズバーでバイトをしています。見た目も多少自信があるので、もちろん自称ナンバーワン。でも、顔は笑っていても辛いのが一晩中ヒールで立ちっぱなしの足!むくんで自分の足とは思えない太い足首を、毎朝マッサージするのが至福の時でした。ある日、夜遅くに翌日のモデルの緊急要請が入ったんです。ヤバイとは思いつつ、朝までガールズバーのバイトを頑張り、ほぼ寝ずに撮影現場に現れた私を見てスタッフは硬直。そう、当然足はむくんでまるで象のよう。おまけに顔も目もブヨブヨでした…。モデル失格。調子に乗ってお酒飲まなければ良かった…(22歳/フリーター)。

失敗しないための探し方虎の巻

秘伝1

ガールズバーで働くなら

ガールズバーの仕事は、カウンター内でお酒を作ってお客様と会話をする接客業。横に座って接客をするキャバクラやクラブと違い、カウンターを挟んだ対面式の接客なので、酔ったお客様に触られたりすることがなく、比較的気軽に始められる高時給バイトです。指名ノルマやメール・電話での営業活動などの必要がないことも、より気軽に楽しめるバイトとして人気のポイントだ。ただ、お客様に勧められてお酒を飲む場合もあります。18歳以上なら働けるけれど、未成年の飲酒は絶対にNGです。お客様にお酒を勧められたときは、未成年である旨を伝えたり、ソフトドリンクを頼んだりしましょう。
秘伝2

お店選びは慎重に

ガールズバーのバイト探しで大切なのは、事前にどんなお店かをしっかり調べることです。まずは制服。私服やTシャツといったカジュアルな店から、白シャツにタイトスカートといったセクシー系、メイドカフェ風の萌え系、肌の露出の多いコスプレ衣装などの過激系もあります。時給との兼ね合いも考えながら、自分に合ったお店を選びましょう。求人に載っている画像や動画からも、ある程度雰囲気はわかります。また、接客がメインでお酒はバーテンダーが作るお店もあれば、それぞれのスタッフが全て作る場合もあり、多少のお酒の知識が必要になることもあります。未経験OKのガールズバーが多いので、バイトとして働きながら覚えていきましょう。
秘伝3

女の子の笑顔がウリ!楽しい接客を目指そう

ガールズバーは女性の接客がウリのお店のため、お客様に楽しくお酒を飲んでもらうことが大切な仕事です。笑顔や化粧などの身なり、話を盛り上げる会話力も問われる。カウンター越しという微妙な距離感は、意外と話術が試されるかもしれません。また、ゲームなどで盛り上げることもあるので、明るく元気な女性がより向いていると言えるでしょう。ただ、酔った男性相手の仕事なので、何を言われても聞き流す技術なども必要です。出勤シフトが少なくても良い場合や、友達同士での応募OKのお店、体験入店があるお店も多いので、夜の仕事は興味があるけれどキャバクラやホステスには抵抗感があるという方は挑戦してみても良いでしょう。

面接ここが大事

point1

女性の魅力を惹きだすべし

ガールズバーで働くには、まず女性的な魅力があることが求められます。トレンドのファッションや髪型と、ばっちりメイクで臨みましょう。スタイルやルックスの良さをアピールするのがポイントです。お客様とのコミュニケーション力が問われますから、面接時の受け答えは笑顔で好印象を残すようにしなければなりません。お店によってどのような接客をしているかは異なるものの、やはり面接時にはなるべく丁寧な言葉遣いで答えましょう。ガールズバーではお客様にお酒を作るので、もしお酒が好きで知識があるなら、そういった面をアピールするのもオススメです。一方、お酒が飲めない方はあらかじめその点をしっかり伝えて、無理に飲まされることがないように気を付けましょう。
point2

清潔感を出すべし

華やかなガールズバーで働くためには、たくさんのお客様と楽しく会話ができるコミュニケーション能力が必要になります。お客様のタイプに合わせて会話のキャッチボールができ、なおかつ愛想良く笑顔で対応できる女性が採用されやすいでしょう。面接時にアピールしておくポイントとしては、しっかりとした受け答えとやる気や向上心を表現することです。ガールズバーは接客業。面接時はお客様相手に仕事をすることができるかが判断される傾向にあります。容姿はあまり関係なく、大切なのは清潔感とオシャレな雰囲気を持っているかという部分です。スタッフの第一印象でガールズバーのイメージが決まりますので、印象が良い服装や髪型で面接に挑みましょう。
point3

雰囲気をつくりだせ

ガールズバーのバイトに魅力を感じている人は多いようですが、お店の採用担当が「こんな人に来てもらいたい!」と思う条件を知っている人はあまりいないそうです。基本的にガールズバーは接客スタイルやお客のペース配分の管理など個人の裁量が非常に大きいですから、管理能力が非常に重要になってきます。面接でもその点を問われるかもしれません。一見難しいと思われるかもしれませんが、基本的には場に飲まれない、場に流されないと言う点が重要になってきます。もちろん、お酒の相手ができるに越した事はありませんが、単にお酒好きというのだけではダメです。ガールズバーは対面するお客様との場の雰囲気を自分でいかにして作るかというのが重要ですから、面接ではまず相手をお客様だと思って場の雰囲気を作るように振る舞うと良いでしょう。

オススメポイント①

ガールズバーは一般的な飲食店に比べて時給が良く、魅力あふれるバイトです。居酒屋などの飲食店よりも時給が高く、短期間で稼げるのが特徴でしょう。さらに、ガールズバーではカウンター越しの接客なので、お客様と直接接触することがないのも安心です。また、いわゆるバーテンダーの仕事もこなすので、お酒をつくる知識や技術を身につけることもできます。酔っ払ってしまってはお客様に美味しいお酒を提供できないため、無理にお酒を飲まされることもないので、あまり強くない方でも働けるというメリットがあります。キャバクラなどでは、自分もたくさんのお酒を飲まないといけないシチュエーションが多いのですが、ガールズバーなら美味しいお酒を作って提供することのほうが重視されるのです。接客が上手く、聞き上手な方なら常連のお客様の心を掴んで時給アップすることもできるでしょう。

オススメポイント②

ガールズバーのバイトは、男性とコミュニケーションをとるのが好きな方やお酒が好きな方、お洒落な衣装を着て賑やかな場所で楽しく働きたいという方には魅力的な仕事です。同世代の女性たちと働くことができ、お客様は紳士的な方や、年上の男性なども多く来店しますので、大人としての対応を身に着け、社会人経験も積めるメリットもあります。ガールズバーでは容姿を重視されるケースもあり、自分の顔やスタイルに自信がある方にとっては活躍する大きな機会が与えられます。ピアスや茶髪なども許されるのが基本で、他の飲食店に比べて個性を生かしたまま働けます。シフトについても比較的自由なお店が多く、週に1度、2時間程度から可能な環境もあり、短時間で働きたい人にもオススメです。

ページトップへ