電気工事士

チューイチ

電気工事士のバイト・アルバイト・パートの求人情報

電気工事士のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    電気工事士の仕事において一般家庭にエアコンを設置したり、工事現場で電気配線の作業を行ったりするような場合には、昼間の限られた時間での作業となることが多い傾向です。しかしビルの管理や商業施設の電気設備工事になると夜間に行うことがあります。ビル管理の場合は定期的なメンテナンスや管理が主な業務となりますので、24時間稼働しているようなビルでは、ローテーションを組んで24時間管理しているのです。また、商業ビルでは営業時間中に工事すると集客に影響がでてしまうことがあるため、大掛かりな工事は閉店後に行われます。工事内容によっては、何日間も夜間の仕事が続く可能性があることは覚えておきましょう。また「鉄道電気工事」と呼ばれる、鉄道関係の電気工事も主に夜間に行われます。鉄道電気工事は「変電設備工事」「線路工事」「駅の設備工事」の3つが主な仕事です。変電設備工事とは、通常の電気を電車に適した電圧に変える設備の設置、メンテナンス管理などが主な仕事になります。線路工事は鉄道用の信号や電車へ電気を通す「パンタグラフ」といった部品の設備点検、駅の設備工事は運行情報を表示する電光掲示板や駅の照明だけでなく、改札機や空調設備といった駅全体の電気設備のメンテナンス管理が主な仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    電気工事士のアルバイトは、第一種か第二種の電気工事士免状資格を持っていると手当てが支給されることがあり、資格があれば稼ぎやすいというメリットがあります。第一種電気工事士免状資格保持者の方が、より多くの手当てが支給される傾向となっています。第一種電気工事士免状を取得するには実務経験が必要ですので、第二種電気工事士免状を持っている人は働きながらスキルアップをして、第一種電気工事士免状の取得を目指すことが可能です。一般家庭からビル、工場など活躍できる現場はたくさんありますので、スキルを上げることでキャリアアップに直結します。他業者とのコミュニケーションも大切にして人脈を築いていくことで、独立開業の道も十分に目指せる仕事です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    持っている資格によって、給与に上乗せされる手当ては変わってきます。電気工事士の資格がなくても実務経験がある人は採用してもらえる会社があり、資格を取得するためのバックアップまで行っている会社もあります。一般家庭の電気工事にはお客様との対話がありますが、ビルや工場の現場ではお客様と接する機会は少ないです。勤務地や勤務時間は働く現場によって変わることが多く、ビルのメンテナンスなど24時間動いている現場はシフト制であったり、商業施設はお客様がいない夜間に作業が行われたりします。力仕事もあるため女性は少なく、20代から40代ぐらいの男性が多く働いていますが、エアコンの取りつけなどで女性の家に行く場合は女性の作業員が重宝されることもあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    電気工事士のアルバイトは、工事の内容によって資格が必要な場合があります。そのため、国家資格である第一種電気工事士免状か第二種電気工事士免状を取得していると応募の際にとても有利です。第二種電気工事士免状は、一般住宅にエアコンを取りつけるときの電気配線や小規模店舗の電気工事を行える資格です。第一種電気工事士免状は、ビルや工場などの大きな施設の電気工事まで行える資格です。電気工事は、ささいな不注意や油断が感電事故や転落事故、漏電火災につながる危険がありますので、責任感があり常に仕事に集中して働ける人に向いています。また、夏や冬でも冷暖房設備が整った場所で仕事ができるわけではありませんので、環境への適応力も大切です。

電気工事施工管理の資格について

電気工事施工管理技士の資格は、電気工事の施工管理をするためのものです。この資格には1級と2級があり、1級を取得すると「監理技術者」となることもできます。監理技術者とは工事発注者から直接仕事を請け負った場合に、下請けの金額が4,000万円以上の現場に配置なければならないとされており、現場の監督をする人のことを指します。この監理技術者がいないと大型の工事を受注することができないので現場での評価が非常に高く、電気工事施工管理の資格取得を考えている人は1級まで取得することを目指している人が多い傾向です。試験については学科と実地に分かれており、どちらの場合も6割の正答率が合格基準となっています。合格率は学科と実地ともに5割前後です。ただし、2級については学科と実地の試験を同日に行いますが、1級はまず学科を例年6月中旬に行い、その合格者だけが10月中旬に行う実地試験に臨めるという方法です。1級に関しては学科が不合格である場合は実地試験に進むことはできませんので注意しましょう。1級と2級の合格率はともに6割前後で、それほど変わりません。これは電気工事施工管理の資格は1級を取得することで高い評価をされるため、2級を取得した人が期間を開けずにそのまま1級を目指すことが多いためです。受験を考えている人は1級の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

未経験・資格無しから電気工事の仕事につくには

電気工事の仕事は専門的な資格が必要とされますが、未経験者でも働くことは不可能ではありません。実際に求人情報には、「未経験者歓迎」というものもあります。ただし、電気工事士として働くために必要な能力として、体力や作業をスピーディーに行うためのコミュニケーション能力などが求められます。電気工事士の仕事は主に電気設備の設置工事で、配線や配電盤の取り付けといった仕事です。未経験の方は、現場で道具を運んだり補助をするなどの雑務を任されることが多いでしょう。また、夏の暑い時期や冬の寒い時期に仕事をすることも多く、建設中の建物の冷暖房設備が整った条件での仕事というのは、あまりありません。そのため、どのような気候でも変わらず仕事をこなせる体力が必要です。また、配線の仕事など電気工事士の仕事は他の工事と並行して行われることが多いため、スムーズな工事のためには他の業者とのコミュニケーションがかかせません。電気工事士は専門的な仕事が多いのは間違いありませんが、仕事をこなす上で最低限のコミュニケーション能力は求められるのです。また、実務経験がある人は未経験者でも優遇されることがありますので、「未経験・資格なし」の人はアルバイトやパートなどを経験しておくと仕事につきやすくなるでしょう。

電気工事士の社員・正社員の求人情報
ページトップへ