電気工事士

チューイチ

電気工事士の正社員/契約社員の求人・募集情報

電気工事士の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。電気工事士の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    電気工事士の仕事は、ビルや住宅、病院やショッピングセンターに至るまで、世の中のありとあらゆる建物に付随する電気設備の設計・施工を行う仕事です。建物が建てられれば電気が必要ですが、その電気設備の設置やメンテナンスを一挙に引き受ける、非常に重要な仕事といえます。仕事は屋内外問わず、電球交換や照明器具の取り付けなどの小さなものから、変電所のメンテナンスなどの公的な仕事まで多岐にわたるため、幅広い知識と技術が必要です。依頼される仕事が大きくなればなるほど、個人ではなくグループとして作業を行うことが多くなります。その場合は、電気工事士以外にも建設関係の他職種と協力しあって仕事を進めていくのが一般的です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    電気工事士の仕事に就くメリットは、やりがいがあるということです。私たちにとって電気は必要不可欠であり、電気工事士の仕事はそんな人々の暮らしに大きく貢献する仕事です。とくに災害時には電気の復旧に全力をそそぐことになり、この働きが人々を支えています。また、インターネットをはじめとする電機産業や電気自動車の普及にともない、電気工事士の需要が増えてきており、さまざまな働き口があるのも大きなメリットです。請け負う仕事内容によっては高収入が期待でき、正社員でありながら日払いや週払いで給与を受け取ることができる会社もあります。資格を取得して現場で経験を積むことで、将来的には独立も可能な職業です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    電気工事士は、請け負う仕事によって働く現場が異なります。定時が決められている場合が多いですが、現場や作業内容によって勤務時間が変動する場合もあり、指定された時間や場所に自宅から直接出勤するという勤務もめずらしくありません。また、気候にかかわらず1日中外で作業することも多く、場合によっては高所に登ったり深夜に現場に急行したりする可能性もあります。女性は少なく、男性が多く活躍しているのが現状です。電気工事士の仕事はなによりも期日厳守が基本となるため、今次の進捗状況によっては期日前に残業や休日出勤が発生する場合もあります。その場合は、別途手当てがついたり振替休日をもらえたりすることが多いようです。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    電気工事士として働くには、国家資格である「電気工事士」の資格を取得する必要があります。資格には「第2種電気工事士」と「第1種電気工事士」の2種類があり、第2種は年齢や学歴などの受験資格制限がないため、就職先によっては未経験で就職し、働きながら資格取得を目指すことも可能です。一方、第1種免許取得にはより高度な技術が必要となるため、実務経験5年以上あるいは大学の電気科や専門学校卒業+実務経験3年の条件を満たす必要があります。第2種は一般の住宅や店舗など600ボルト以下で受電する施設に関する工事を行うことができ、第1種はそれらに加え、最大電力500キロワット未満の高圧電力を受電する大規模な施設やビルの工事を担当することができます。
電気工事士のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ