産休・育休あり

チューイチ

産休・育休ありのバイト・アルバイト・パートの求人情報

産休・育休ありのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    女性が多く働く会社のほとんどは、産休や育休があります。たとえば、化粧品会社や保険会社などが挙げられるでしょう。化粧品メーカーは、化粧品を開発する製造部門の仕事や卸先を開拓する営業、百貨店で美容部員と販売を兼ねて行う仕事があります。販売する人が出産のたびに辞めていたら、お客様も定着しないため、理解のある会社が多いといえるでしょう。また男性が育休を取りやすい職場としては、保険会社や電話会社などがあります。保険会社では、主婦・主夫が多く働いているため、子育てや家族のことも考える「保険」という企業イメージもあるのでしょう。どの保険会社でも産休・育休制度が充実しています。ほかに医療系の看護師や医療事務があります。医療事務は専門職に近いため、頻繁に人の入れ替えができず、産休があり、またアルバイトという形で復帰しやすい職場でしょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    子供を産むたびに職場を転々とすることを経験した主婦・主夫からすれば、産休や育休を取得したあと「職場に復帰することができる」ということは、何にも代えがたいメリットでしょう。アルバイトでも産休や育休が取得できる会社は、福利厚生などがしっかりしていて、有給休暇などを取得しながら子供を育てる環境が充実しています。そして長く務めることができるため、スキルアップやキャリアアップもしやすく、プライベートのライフプランが立てやすいでしょう。看護師など、常に人材が不足している業種では、アルバイトでも時給が高く、キャリアに応じ時給も高くなっていきます。また同じ職場で働く子育ての先輩たちに、子供の悩みや病気のときの対処など、すぐに聞けるのもポイントです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    産休・育休制度がしっかりしている職場は、手当についても充実している会社が多いでしょう。「出産手当(産休手当)」として、会社が加入している健康保険から給与の50%から70%がアルバイトの人へも支給されます。また産後休暇は、出産翌日から8週間と設定されていて、この期間が出産手当金の対象となります。それとは別に、出産祝い金が出る会社もあるようです。子育てにも理解がある会社が多く、産休を終え復帰したときに、短時間勤務やフレックスタイムで働く時間を考慮してくれたり、育児サービス費用の補助をしてくれたりするところもあります。男性も育休を取りやすい環境にあるなど、子育てのさまざまな支援をしてくれるところが多いでしょう。医療事務は専門職に近いため、頻繁に人の入れ替えができず、産休があり、またアルバイトという形で復帰しやすい職場でしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    産休・育休ありの仕事の職種はさまざまで、業務内容によって必要になる資格やスキルは異なります。女性が多い会社は、産休や育休制度が充実していて、子育てにも理解があるため、産休後も復帰しやすいでしょう。看護師や保育士など資格を必要とする職場にいた人は、アルバイトという形で復帰することがあるようです。またパソコンスキルやコミュニケーション能力、ビジネスマナーがある人は、産休後も必要とされることが多いでしょう。また産休や育休を気持ちよく取るためには、普段から職場でのコミュニケーションを大切にし、周りから頼られるような仕事をすることが必要です。業務の引き継ぎがきちんとでき、周りに対する感謝の気持ちがあれば、仕事と子育ての両立を応援してもらえるでしょう。

アルバイトの産休取得条件

産休・育休ありのバイトやパートがあるということを知っていますか?働く女性にとって、職場に在籍した状態で出産・子育てできるかどうかは、仕事を選ぶ際の重要なポイントのひとつですよね。実は、正社員でなくても産前産後休暇を取得できるというのは、法律れ定められた権利であるため、バイトやパートの方も産休をもらえます。日本では労働基準法第65条の産前・産後という項目で、6週間以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合や産後8週間を経過しない女性を雇い主は働かせることができません。女性自身が仕事を再開することを望み、更に医師が認めた場合のみ、産後6週間で働くことは可能です。アルバイトであっても雇い主と就業者の関係であることに変わりはないので、この法律が適用されるのです。しかし、雇い主によっては、雇用契約期間などを理由に、解雇という形で産休を認めないこともあり得ます。就業する際に説明される就業規則に記載があるはずなので、仕事を始める際に就業規則を確認し、内容を事前に確認しておくようにしましょう。そのほか福利厚生の一環として、独自で出産手当などの手当金を設けている会社も多く存在しますので、その部分も併せて確認しておくと良いでしょう。

産休・育休取得実績ありの社員・正社員の求人情報
ページトップへ