オープニングスタッフ

チューイチ

オープニングスタッフのバイト・アルバイト・パートの求人情報

オープニングスタッフのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    オープニングスタッフの仕事はオープン前とオープン後では内容がかなり違います。オープン前は仕事場の準備や業務のシミュレーション、トレーニングが主な仕事です。マニュアルを覚え、実際に自分がどんな場合にどう動くのかをイメージしながらシミュレーションを重ねてオープン後にスムーズに働けるようにします。リハーサルも何度も行われるでしょう。ショップの場合はスタッフが模擬のお客様になって、レジを済ませお見送りするところまで実際と同じように行います。飲食店の場合では接客、オーダー、調理、配膳、会計、片付けといった一連の流れが満席の状態でもスムーズに行えるまでトレーニングします。 オープン後は一般のスタッフとして働きますが、いくらシミュレーションをしていても実際にスタートするとなかなかマニュアル通りにはいかないもの。問題点を見つけて報告や改善をするのもオープニングスタッフの大切な仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    オープニングスタッフとは、ショップや飲食店・アミューズメント施設などが新規オープンする際、オープン前から準備に加わり研修を受け、スムーズにオープンさせるためのスタッフです。もちろんオープン後もスタッフとして働き続けます。まったく何もかも新規で始める場合もあれば、チェーン店などレギュレーションやマニュアルがしっかり出来上がっている場合もありますが、スタッフ全員が先輩・後輩の区別なく同じようにスタートできるため、未経験の仕事でもすんなり職場に馴染みやすいというメリットがあります。アルバイト体験自体が初めてという人でも、オープニングスタッフなら気分的にリラックスして溶け込めるでしょう。 ただし、しっかりマニュアルが完成していない職場の場合は自分でいろいろと仕事の流れを考えたり、仕事の役割分担などで自分の意見を求められたりといった「参加意識」が必要な場合もあります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    オープニングスタッフの仕事は、ほかのスタッフとスタートラインが同じことが多く、未経験者やはじめてアルバイトをする人にも入りやすい環境です。大型アミューズメント施設など大量募集をする店舗の場合、数多くの新規スタッフが集まりますので、人間関係を構築しながら、仲間たちと楽しく意欲的に仕事に取り組むことができます。オープンしてからの目標を掲げ、それを達成する喜びを一緒に感じることができ、仲間との連帯感が高まりますのでモチベーションアップにもつながるでしょう。お客様のクレームやトラブル対応では、スタッフ同士でフォローし合う一体感が生まれます。オープン前の店舗に勤務することは、仲間とともによりよいサービスが提供できるよう知恵を出し、自分自身を成長させます。既存店舗に勤務するときにはない貴重な経験と店舗運営のノウハウを得ることができます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    オープニングスタッフのアルバイトはスタッフの多くがゼロからスタートするため、未経験者可の求人が多いです。店舗がオープンするまでに研修やトレーニングを行いますのでスキルはとくに必要ありません。しかし「レジの経験がある」「接客業の経験がある」場合、スムーズに対応できるでしょう。また、ポップやイラストを描くスキルがありますと、雑貨店やコンビニエンスストアでも活躍できます。オープニングスタッフは「笑顔で明るくおもてなしをする」ことが基本的に重要になってくるため、人を喜ばせることが好きな人が向いています。また、新しく作り上げていくことも多いので、アイデアを出すことが好きな人、何事にも挑戦する意欲がある人にぴったりです。

面接ここが大事

point1

好印象を与えられるかがカギ

オープニングスタッフは開店までの準備期間や研修する時間もあるため、未経験でも可という求人が多くあります。もっとも未経験だから誰でも採用されると思ってはいけません。オープニングスタッフは新たに開店するお店の顔となる人材であり、お客様への好印象を残し、リピーターを生めるかのカギを握っています。清潔感があり、真面目で一生懸命、仕事を覚えることに貪欲な方が求められています。一緒にお店を作っていくメンバーとして協調性が高く、チームワークを持って仕事ができる方やリーダーシップが取れることも必要です。面接では笑顔で明るくハキハキと受け答えしながら、このような求められる要素を持っていることをアピールしていきましょう。
point2

協調性と意気込みが大事

オープニングスタッフは、名前の通りお店の開店時に働き始めるメンバーなため、職場の人が全員同期ということになります。お店側はオープニングスタッフを募集して面接する際に、スタッフメンバーが互いにうまくやっていけるように人を選んでいくのです。空気が読めない人や、ただお店の近くに住んでいるから試しに面接に来たというような人は、すぐに不採用にされることは間違いないでしょう。面接を受ける際には、「この店を自分たちの力で一から盛り上げていこう」という意気込みを見せる事が大切です。また人当たりが良くないと、せっかく来店した客をリピーターにする事が難しくなるので、できる限り笑顔を絶やさないでいられるように、あらかじめ訓練しておいた方が良いでしょう。面接ではその笑顔を自然に出しましょう。
point3

明るくハキハキと答えよう

オープニングスタッフは、スタッフ全員がゼロからスタートする仕事であり、採用人数も比較的多いため希望者が多いのが特徴です。飲食店やスーパー、ホームセンターなどのショップ、娯楽施設などがオープンする際に必要となるスタッフですから、明るく元気な方が採用されやすいでしょう。面接の際は明るくそしてハキハキと受け答えをし、挨拶もしっかり行うように心がけて臨みましょう。前述のようにゼロからのスタートとなるので、研修などが事前に設けられているケースもあり、未経験の方でも不安になることなく安心して勤めることができます。ただ採用人数が多いと応募人数も多くなりますから、その分倍率も高めになるケースが高いです。面接官の目にとまるような志望動機などもしっかり押さえておきましょう。

オススメポイント

お店のオープンから携われる、オープニングスタッフとして働くメリットはたくさんあります。まず新規でオープンするお店で働くこととなり、スタッフのスタートラインが皆同じです。先輩などの上下関係もほとんどないため、わからないことはお互いに聞きあうなどして和気あいあいと仕事に携わる事ができます。またアルバイトだけでなく、社員や店長も合わせて一からお店を起ち上げていくことになりますから、全スタッフの連帯感が生まれます。スタッフ同士も仲良くなりやすいと言えるでしょう。店長や正社員の方も繁忙期のオープニングから一緒に携わってきた信頼感から、シフト面でもある程度融通を利かせてくれるようになることもあります。お店がチェーン店などではない場合は、マニュアルやノウハウ自体が探り探りの状態で、確立されていないケースもあります。自分のやりやすいやり方を見つけて仕事に取り組むことも可能です。

ワンポイントアドバイス

オープニングスタッフに大切なのは「みんなで新しい職場を育てていこう、盛り上げていこう」という参加意識です。オープニングの前後はとても忙しく、予期しないトラブルもいろいろと発生しやすいですから臨機応変に対応する柔軟性も大切です。いちいち動揺せず、なにがあってもマイペースでいられる性格の人が向いているかもしれません。

ページトップへ