調査・モニター

チューイチ

調査・モニターのバイト・アルバイト・パートの求人情報

調査・モニターのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    短期間・短時間OKで人気のモニターバイト。化粧品や洗剤、食品などの普段使う生活雑貨のテスト。指定されたお店に直接出向いて商品を購入したり、サービスを受けたりして、その感想をレポートとして提出するなど、その仕事内容はさまざまです。また、他のアルバイトと違って、モニターバイトは自分の予定に合わせて働ける仕事ですが、楽な仕事だと思って気軽に応募するととんでもない失敗をすることもあります。モニターバイトに応募する際は、どんなバイトなのかを見極めてから応募することが大切です。条件をしっかり確認して、空いた時間を上手く使って働けるモニターバイトで楽しく働きましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    調査・モニターの仕事は、在宅勤務や短期・単発、短時間で終わる仕事もあり、働く時間帯が比較的選びやすい仕事です。そのため、空いた時間を使って働きたい人にピッタリです。モニターの仕事では、未発売の商品を実際に試して、その意見や感想をレポートで提出するため、発売前のさまざまな業界の商品をいち早く知ることができます。詳細なレポート作成を行うことで、文章をまとめる力や伝える力が身につき、自分自身のスキルアップにもつながります。そのスキルはあらゆる仕事に活用できるため、ほかの職種に就いた際にも大いに役立つでしょう。時給ではなく日給のケースが多いため、お小遣いが欲しいときに単発で仕事ができるのも、魅力の1つです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    調査・モニターの仕事は、日給として給与を受け取る単発の場合が多いです。交通量調査の仕事は拘束時間が長めですが休憩時間も頻繁にあり、東京近郊は他エリアよりも日給が高めです。コスメや食品などのモニター調査では、実際の購入層に近い人の意見を求めることが多く、特に女性向けの商品が多い傾向にあります。子育てで忙しい人でも空いている時間が活用でき、新しい商品を手にする機会となりますので、心身ともに充実できる環境が生まれます。1人で行う調査・モニターも多く、人間関係の煩わしさもありません。街頭でアンケート調査を行う場合は、明るい声かけが大切で、幅広い年齢層の人とコミュニケーションをとる機会が増えます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    調査・モニターの仕事は、特別なスキルは必要とせず、集中力と根気があればできる仕事です。一般的に、「1日のみ」「土日だけ」といったサンプリング調査や交通量調査など単発の仕事が多く、アルバイト経験のない人でも簡単にできます。空いた時間を利用して、アンケートや発売前の商品を試した感想などをレポートにまとめて提出する作業もありますので、普段から商品の紹介や説明が得意な人、細かい作業をまじめにコツコツ努力するタイプの人に向いている仕事です。覆面調査は、飲食店やスーパーマーケットで、店舗を調査する仕事ですが、一般のお客様を演じながら調査を行うため、演技力も必要とされます。また報告書の内容をしっかりとまとめなければならないため、レポート能力の高さも求められます。

バイト体験談

男性
モニターは商品テストなど自宅で試せるものも多いため、自分の好きな時に気軽にできるのがメリットです。主婦はもちろん、OLの方や忙しい方でもサクッと稼げて話題の商品や新製品が使えるので、応募者殺到というのもよくあることです。
男性
モニターに応募する方の志望動機のあるあるとして、職場に出向かず、人とのコミュニケーションが必要ないから気軽というのがよく挙げられます。人間関係に疲れたとか、職場の人間関係が苦手だったという方でも、これならできると人気です。
男性
化粧品や洗剤、食品など普段使うものを試すテストが多く、仕事というより日常生活で当たり前の行動をするだけでお金を稼げます。日常が仕事になり、こんなにお得なことはないというのが、モニターをするメリットです。
女性
新商品のテストや新しいサービスの体験など、普通の人がまだ使っていない商品やサービスにいち早く触れられるのが働いていて面白いと思うところです。担当した商品が発売され、私の声が反映されているとつい自慢したくなります。
女性
試した商品は使い終わった後に送り返す必要がありますが、いずれにしてもその間、普段使う化粧品や洗剤などを節約できます。食品なら食費の節約につながるので、収入と同時に節約というお得が手に入るのも嬉しいところです。

私はコレで失敗しました

失敗談1

好きだけど荒らしてはいません

一言言いたい主義の私は、大のモニターバイト好き。あらゆるモニターバイトにエントリーしては、いそいそと出かけています。その日も、コメントをアンケート用紙からはみ出すくらいに書き、ヒアリング調査でもここぞとばかりにまくしたててダメ出しをしていました。一通り終わって帰り際、会場のペンを持ってきたことに気付いて返却に戻ったとき、ふと目をやったのが机に置かれた自分のアンケート用紙。プロフィールに担当者の補足メモが書き込まれていたのですが、そこには「セレブに憧れる主婦風」「モニター荒らし?」などのメモ書きが。一瞬、担当者と目が合い何ともいえない空気が流れていました…(25歳/フリーター)。
失敗談2

初めての体験報酬はミステリー

テレビなどで取り上げられていて興味のあった飲食店のモニターバイト。覆面調査にワクワク。「今日から私もミステリーショッパー」なんて喜んでいたけれど、いざやるとなると超緊張!指定金額以上食べると自腹になるので、メニュー選びも超慎重!メモを取ってはいけないので頭はフル稼働!一点を見つめながら、無言で食べ続ける私に同行した友人も固まっていました。しかも、レポートと一緒に提出するレシートを無くしてしまったのです!レシートがないと飲食費は払えないとのことで、結局飲食代は自腹に…。きっとこれも慣れなので、またどんどん挑戦できればいいな…(28歳/OL)。
失敗談3

スマホ中毒にはご注意あれ

アンケートモニターは自宅や授業の合間にもスマホで簡単にできるので、小遣い稼ぎにはもってこい!ということで、複数の調査会社のモニターバイトに登録しました。彼女の誕生日も近いし、たとえ1000円でも!と思い授業中も、彼女とのデート中や食事中もスマホにかじりつく僕は、まるでネット依存症のよう。彼女には浮気メールをしていると間違えられるし、誤解は解けたものの、「一緒に居ても楽しくない」と振られてしまいました…。授業も聞いてなかったのでテストもやばいし、何事もほどほどに、が大切ですね(20歳/学生)。

失敗しないための探し方虎の巻

秘伝1

モニターバイトってどんな仕事?

イベントスタッフのアルバイトを頑張っている方に、どのくらい収入を得ているかを尋ねると、月間で1万円以上3万円未満という方が24%ほどいますが、3万円以上5万円未満の方、5万円以上10万円未満の方もそれぞれ20%を超えて拮抗しており、10万円以上という方も10%ほどいらっしゃいます。イベントの仕事というのは、そう毎日あるわけではありませんが、仕事ができる頻度に対して、この月収はかなり高いといえるのではないでしょうか。このリサーチ結果は、1回あたりの収入が高く、単発で1回だけ仕事をしても1万円以上3万円未満は稼げるということを物語っています。さらに月に数回、土日などイベントがあるたびに働けば、5万円以上、10万円以上とガッツリ稼げることを意味しているのです。イベントのある日を中心に働き、それ以外の時間は自由に使っても、1回の収入が高ければ十分に生活していけます。イベントという非日常に携われるうえ、生計も立てられる魅力的な仕事といえるでしょう。
秘伝2

モニターバイトの報酬

稼げるか稼げないかは、ズバリ案件によるところが大きいです。商品やサービスをタダで試せるメリットだけのとこもあるし、プラスアルファの謝礼が出ることもある。お店や企業に出向く場合は、交通費が出るかどうかや、モニター代との差し引きをキチンと計算することが大切です。手軽な在宅アンケートモニターだと謝礼はポイントで支給され、貯まってから商品券などと引き換えになる場合があるので要注意。数万円から数十万円を稼げるという、新薬を試す治験モニターなどもありますが、拘束時間が数週間に及ぶこともあり、身体への影響もないとは言えないため、しっかり考えてからやるべきです。
秘伝3

コツコツタイプは真面目に取り組もう

時間や場所にしばられないとはいえ、モニターバイトもきちんとした仕事です。軽い気持ちでやったら意外と大変だった、なんてこともあります。アンケートコメントはきちんとチェックされているので、回答がちぐはぐだったり一貫性がなかったりすると書き直しを依頼されることもあります。レポート項目の細かさは調査会社によって違うので、試してみるのもアリでしょう。基本的には、真面目で細かいことをコツコツ、キチンとできるタイプの人にオススメです。商品やサービスの開発に興味があったり、レポートを書くのが好きな人なら楽しんで働くことができるでしょう。宿題を最後まで溜めるようなタイプは少し気が重くなってしまうかもしれません。

面接ここが大事

point1

自分の意見を伝えるべし

モニターのバイトには、インターネットで応募した商品が送られてきて自宅で使用してレポートを送るタイプや、会場に出向いて行うタイプなどさまざまな方式があります。応募して抽選で仕事を得るケースもありますが、面接が行われるケースもあります。面接が必要な場合は、自分の意見をしっかり言えることをアピールしましょう。もっとも、特定の商品やブランドに肩入れしているのはマイナスなので、客観的な意見を簡潔に話すのがポイント。細かなチェックや気づきが求められるので、性格の細かさや細かい作業などもいとわない性格であることを伝えましょう。モニターでは報告書の提出が求められるため、履歴書もしっかり書き、報告力や字がきれいなことなどもアピールしておきたいところです。
point2

常識とマナーが大事

モニターは、企業が自社の改善点や消費者目線での意見を求めたい時に募られる仕事です。この仕事で求められることは、まずは一般的な社会人としての常識やマナーです。消費者目線での意見が求められるので、独自性やユニークさより一般常識を備えた感性が必要になり、偏りのない客観的な意見が求められます。その上で細やかなところにも気づく繊細さや、物事を見逃さない洞察力も必要になってきます。こうしたモニターチェックは秘密裏に行われることも多いので、企業の内情を外部に漏らさない秘密を守れる人間かどうかも、面接ではチェックされています。会社のサービスや商品を客観的な目でチェックできる一般常識や洞察力を持ちつつ、人として信頼できる方が採用の対象となるのです。
point3

志望動機がカギ

副業としても人気のモニターバイト。新商品やサンプルを試してアンケートに答えるモニターや、飲食店にはじまりコンビニ、エステ、美容院などのサービスを利用して、スタッフに知られないように覆面調査を行うミステリーショッピングの仕事などが主です。これらは時間にとらわれず自由に参加することができる仕事であるため、主婦・主夫や学生、そしてサラリーマンやOLの間でも副業として人気が高くなっています。基本的に、リサーチ会社やマーケティング会社に委託をされて調査は行われています。面接では、志望動機などをもとに採用が決まるケースがあります。志望動機は最も肝心です。 応募者数が多数のため、やはり動機は重要な採用ポイントとなっており、例えばミステリーショッピングであれば調査対象のお店などを利用したり、調べてみて感じたことや、お店の役に立ちたいという点を上手く伝えると良いでしょう。
調査・モニターの社員・正社員の求人情報
ページトップへ