運転代行・送迎

チューイチ

運転代行・送迎の正社員/契約社員の求人・募集情報

運転代行・送迎の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。運転代行・送迎の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    運転代行・送迎の仕事には、お酒を飲んで運転ができないお客様を送迎する運転代行の仕事や企業や施設を利用する方の送迎の仕事、タクシードライバーなどさまざまな仕事があります。運転代行の仕事は、2名1組になってお客様が指定する場所まで迎えに行き、1名はお客様の車に乗って指定の場所までお客様をお送りし、1名が別の車でうしろから付いていくのが基本です。企業や施設での送迎の仕事は、会社の要人の運転手やスクールバス運転手などがあり、1日に数回、利用者の方を車で送迎します。老人ホームや障がい者施設などの送迎の場合は、バスの乗り降りの介助も含まれることがあります。タクシードライバーはお客様を目的地に送り届ける仕事です。どの仕事もお客様の安全をなによりも配慮し、注意深く運転することが求められます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    運転代行・送迎の仕事に就くと、会社が業務上必要になる資格取得の支援をしてくれる場合も多く、補助金などが受け取れるケースもあります。基本的に未経験から働けることもメリットで、運転免許を持っている人なら特別な経験やスキルがなくてもはじめることが可能です。シニアの方でも運転技術に問題がなければ採用される場合も多く、50代から60代の男性、女性も活躍しています。ブレーキやアクセルの踏み方など、スムーズな運転技術が身につくので、運転が必要となる他の仕事に転職する場合も有利です。移動の多い仕事なので、1つの場所にとどまっているよりも、さまざまな場所で働きたい人にオススメの仕事です。給与が歩合制の会社もあり、頑張っただけ成果が見えやすい面もメリットです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    運転代行・送迎の仕事は、職種によって給与や働く時間などが変わってきます。企業や施設などの利用者送迎は、送迎時間が短い場合に月給も下がる傾向にあります。飲酒されたお客様などを送迎する運転代行の仕事は、基本給は低めになっていますが、送迎の件数によって歩合給がプラスされるようになっている会社が多いです。飲み会帰りのお客様を送る場合が多いため、18時から19時頃に仕事を開始し、夜中や朝方まで働く場合もあります。飲食店が混み合う週末は送迎件数が多くなるため、仕事も忙しくなるでしょう。タクシードライバーの仕事は月給制の会社と歩合制の会社があり、日勤の場合も夜勤の場合もあります。どの業種でも、20代から60代まで幅広い年代の方が男女問わず活躍しています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    運転代行・送迎の仕事には、普通自動車免許が必要です。タクシードライバーの場合は第二種運転免許が必要で、企業や施設の利用者を送迎する仕事は、バスなどを運転することもあるので中型自動車免許も必要になる場合があります。第二種運転免許を取得するには普通自動車免許を取得してから、3年以上経過している必要があります。すでに資格を持っている人は、履歴書に記載することで有利に働く場合もあります。過去に送迎の仕事などを経験されている人は経験者として即戦力になることも多いので、面接の際はアピールポイントとして活用しましょう。運転代行・送迎の仕事は、お客様の命をお預かりする仕事ともいえるので、責任感を持って勤務できる方が向いています。
運転代行・送迎のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ