運転代行・送迎

チューイチ

運転代行・送迎のバイト・アルバイト・パートの求人情報

運転代行・送迎のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    運転代行の仕事内容はまず代行会社で待機して依頼が来るのを待ちます。依頼が入ったら、2人1組で現場に向かいます。現場に着いたら片方が依頼主の車に乗り、依頼主は自分の車の助手席に乗ります。そして依頼主の自宅もしくは目的地まで運転していき、もう片方はその車に付いていきます。最後に車を駐車場まで入れたら依頼完了で料金をいただいて終了です。 次の依頼が入っている場合はその足でまた次の現場に向かって同じことを繰り返します。最後に会社に車を戻してその日は終わりです。多くの場合は3時くらいまでの稼働時間になるようです。依頼者の車を運転する場合は、慣れない車を運転する技術も必要です。また依頼者が酔っ払っていたりすると、助手席で寝てしまうことがあるので、そういった対応も業務の一環です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    運転代行・送迎のアルバイトは、さまざまなお客様の車が運転できますので、車の運転が好きな人に魅力ある仕事です。道に詳しくなくてもカーナビ付きの車が用意されていることもありますので、問題ありません。また、経験を積むことによって道に詳しくなります。ほかに、あらゆる車種についての知識も習得できます。勤務先によっては、第二種運転免許を取得したい人のために支援をしてくれますので便利です。勤務時間は夕方から深夜の時間帯が多く、肉体労働もありませんので、限られた時間に効率よく働きたい人やダブルワークを希望している人にもオススメの仕事です。運転経験を積むことで、タクシー運転手へ転職する人もいます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    第二種運転免許が必要のない随伴車と、第二種運転免許が必要な客車があり、第二種運転免許を保持しているほうが時給が高くなります。給与は時給制の会社や、出来高制を採用している会社もあります。運転代行は、夜間から深夜にかけてお客様の依頼を受けることが多くなります。年末の繁忙期に合わせて短期で働くこともオススメです。男性が多い職場で、40代〜50代やシニアも多く、長く続けられる仕事です。送迎ドライバーは病院や学校、駅などを往復をすることが多く、朝や昼間に勤務することが多いため、夜が苦手な人にはオススメです。お客様を乗せて運転しますので、安全運転はもちろんのこと、コミュニケーション能力も必要になります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    運転代行とは飲酒により運転できなくなった人のために2人1組で現地に向かい、運転を代わりに行って依頼主と依頼主の車を無事自宅まで届けることが仕事です。 運転代行のアルバイトで一番求められることは、安全運転ができることでしょう。また、求められる能力としては広い視野や注意力の高さが求められます。運転代行が行われるのは主に夜間であり、周りは暗くて視界が悪いばかりでなく自転車や歩行者の急な飛び出しも多いため、注意が必要です。また、先導車にしっかりとついていかなければいけないため、周りへの注意力が足りなくなり事故が起きやすいとも言われています。これらのことから、周りにもしっかりと注意をして安全運転ができる人が求められています。

ワンポイントアドバイス

運転代行は行う仕事の内容が非常に簡単なものであるため、給料は他のドライバー系の仕事に比べると安くなりがちです。しかし、待ちの時間は休憩や仮眠をとることもできるので、昼間働いているサラリーマンでも、それほど肉体を酷使せずに収入を得ることができます。 運転代行だけで生活するというよりはあくまで副業という意識でやると気楽に長く続けることができるでしょう。

運転代行・送迎の社員・正社員の求人情報
ページトップへ