入出荷(バイヤー)

チューイチ

入出荷(バイヤー)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

入出荷(バイヤー)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。入出荷(バイヤー)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    バイヤーとは、商品などを仕入れる仕事を行う人のことです。物を購入することを英語でBuy(バイ)といいますが、それに「する人」を表すerをつけたものがバイヤーです。バイヤーの仕事では、百貨店業界や食品業界、アパレル業界やネットショッピングなどのセレクトショップ業界で売れる生鮮食品や海外の雑貨、衣服などを見つけるセンスが問われます。品質が良いことや安定した納期が確保できる商品を見つけるだけでなく、できるだけ安く購入するという価格交渉力も問われます。優秀なバイヤーになると、一般的な取引ルート以外を開拓するというスキルを持っており、優秀なバイヤーの存在は他社との競争において有利になります。 また、製造業などにおいては、製品の部品を安く安定的に購入する役割を持つ部門を調達部門、資材部門などと呼びますが、そこで働く人もバイヤーと呼ばれることがあります。バイヤーにも能力の差があり、経験や知識があまりないバイヤー未経験の人が行う仕事内容は、すでに購入先や取引量が決まっている取引先からの購入手続きを行うアシスタントといった位置づけの仕事が多くなるでしょう。パートやバイトの場合は、バイヤーアシスタントの仕事をするのが一般的です。経験を積んで実績をあげることで、仕入先の選定を任されたり価格交渉裁量権を与えられたりするバイヤーになれる場合もあります。

未経験からバイヤーの仕事につくには

バイヤーの仕事は、その人の能力や経験によって大きく変わってきます。一般的に、仕入先の選定や購入価格交渉をまかされるバイヤーになるためには、アパレルや雑貨、生鮮食品等取扱商品に関する豊富な知識、そして海外からの輸入を代表とする購入業務の経験を積む必要があります。そのため、未経験のバイトやパートが、本格的なバイヤーの仕事を任されることはほとんどないでしょう。しかし、将来的にバイヤーとしてやっていきたいという希望がある場合は、未経験でもできる範囲のバイヤーのアシスタントの仕事を探してみることをオススメします。仕入伝票の整理や納品確認、契約書の管理など、アシスタントの仕事をしながら、優秀なバイヤーの仕事の進め方を勉強するのです。そうすることによって、バイヤーとしての知識と経験を少しずつ蓄積していくことが可能になります。また、バイヤーアシスタントのバイトやパートをする場合は、同じ商材を扱う数社でバイトやパートをすることで深い知識や経験を得るというやり方もありますし、扱っている商材が違うさまざまな会社でパートやバイトをするというやり方もあります。自分がどのようにバイヤーとして成長したいのかを考えた上でバイト先やパート先を選ぶことをオススメします。

倉庫管理・入出荷の社員・正社員の求人情報
ページトップへ