メッセンジャー

チューイチ

メッセンジャーのバイト・アルバイト・パートの求人情報

メッセンジャーのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    メッセンジャーを一言で言えば「配達員」です。ただし、多くの輸送業が採用している配達員がバイクやトラックを運転して荷物を届けるのに対し、メッセンジャーは自転車を使って荷物を届けます。 どうしてメッセンジャーが必要なのかというと、近距離で急ぎの配達をしたい場合、バイクや自動車よりも早いからです。バイクや自動車は渋滞などの交通状況に左右されがちです。また、駐車場がなければ停車できない場合もあり、それだけでもタイムロスになってしまいます。 何より、バイクや自動車の配達は会社ごとに決められたスケジュールを守って運行しているので、特別に自分の荷物だけを早く届けてもらえるわけではありません。そこで、送り主から直接荷物を受け取り、そのまま相手に届けるメッセンジャーが重宝されるようになったのです。特に都市圏では多くのメッセンジャーの需要があります。 メッセンジャーは自動車免許もいらない仕事内容なので、誰もがバイトの面接を受けることができます。学生のアルバイトや主婦(夫)のパートとしても、検討してみる価値はあります。体を動かすのが好きな人、自転車が大好きな人は趣味も兼ねた仕事として、充実感を味わいながらお金を稼げるでしょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    メッセンジャーのアルバイトをすると、常に自転車に乗って担当エリアを走り回ることになります。担当エリアの道のプロフェッショナルになれることが第一のメリットといえるかもしれません。また、身体を動かす仕事なので、体力の増進・維持にも役立ちます。自転車好きにはうってつけの仕事といえるでしょう。また、さまざまな職種の依頼主やチームメンバーと接することになるので、コミュニケーション能力も磨かれます。何かトラブルが起きたときには、瞬時に対応しなければならないため、対応能力も高くなるでしょう。営業力も身につき、社会人としてのスキルアップにもつながるので、メッセンジャーで身についたスキルは、将来どんな仕事に就いても役に立つはずです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    メッセンジャーの給与形態は時給制と歩合制のどちらかがほとんどです。はじめは時給制で、慣れてきたら歩合になる場合が多く、歩合は売り上げの40%から60%が相場となっています。勤務時間や日数は会社によって異なりますが、フルタイム勤務の場合が多く、しっかりとした収入が得やすいはずです。屋外で働く時間がほとんどなので、暑さや寒さに対してある程度の対策と覚悟が必要でしょう。男性が多い職場ですが、女性のメッセンジャーが活躍しているところもあります。また、仕事に必要なユニフォームとヘルメットを貸与しているところが多く、自転車は「会社支給」「会社レンタル」「持ち込みOK」など会社によってさまざまです。事前に確認しておきましょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    メッセンジャーの仕事では、預かった荷物を一刻も早く届け先に運ぶことが重要になります。担当地域に土地勘がある人、地図を見ることに慣れている人は働きやすいでしょう。とはいえ、自分の知識には限界があり、地図を見ながらでは時間がかかってしまうことがあります。新しい道を覚えることや早く届けるためのルートを考えること、機転が利くことも、メッセンジャーとして活躍するための大切な要素です。一方で、ただ急げばいいとはいえません。交通ルールを順守することは絶対です。急ぐ気持ちを抑える自制心も求められます。さらに、集荷・配達の際の依頼主とのやりとりや、チームメンバーとの円滑なやりとりができるコミュニケーション能力があれば仕事がしやすくなるでしょう。

仕事でよく使われる自転車

メッセンジャーの仕事ではスピードが命なので、一般的に流通しているいわゆる「ママチャリ」は不向きです。ロードバイクと呼ばれる、自転車競技にも使用される自転車が使用されるのが一般的です。メッセンジャーが乗る自転車は会社が用意してくれるケースもありますが、メッセンジャーとの相性を考えて自前のロードバイクを使用しているケースも目立ちます。ロードバイクでのサイクリングが好きな人は、メッセンジャーの面接を受ける際に、自前の自転車を使えるよう会社と交渉してみるのもいいでしょう。 しかし、メッセンジャーの仕事で市販のロードバイクをそのまま使用すると、支障をきたすこともあります。ロードバイクは競技用自転車であり、重い荷物を乗せて走ることを想定していないからです。そこで、多くのメッセンジャーがロードバイクをカスタマイズして使っています。耐久力の強い素材にパーツを取り替えたり、長時間の操縦を見越してサドルの形を変えたり、業務内容に沿ったカスタマイズをすると仕事が効率化されます。 また、交通量の多い狭い道も走らなければいけないメッセンジャーは、自転車にも頑丈さ以上に、しなやかな走行を可能にするカーボン素材を好む傾向があります。

バイク便・メッセンジャーの社員・正社員の求人情報
ページトップへ