棚卸し

チューイチ

棚卸しのバイト・アルバイト・パートの求人情報

棚卸しのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    棚卸のアルバイトの主な仕事内容はひたすら商品を数えることです。倉庫で働く場合は人と話すことが少ないので、接客が苦手な人に向いている仕事です。カウンターで商品を数える人と、その数を記入する人の2人セットで仕事に取り組むこともありますが、1人でやる場合が多いでしょう。バーコードリーダーのような棚卸の機械を使って行う場合は多少作業が楽になりますが、そうでない場合は1つずつ丁寧に目視でカウントしていきます。商品を数えるだけなので重い商品を運ぶということがないので、力に自信がない人でもできますが、なにより正確性が重要になる仕事です。 仕事場によっては棚卸だけを行うということではなく、ショッピングセンターなどの小売店の場合は接客の仕事も行うこともあるようです。自分の適性に合った方を選びましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    棚卸しの仕事は、お店にある商品の在庫数を専用の端末や目視でチェックしていく作業です。在庫数をチェックするだけですが、正確に素早く数えることが必要となるため、集中力や根気強さが身につきます。どなたでも気軽にはじめられるところが魅力で、コツさえつかめば未経験者でも難なくこなせます。限られた時間内でコツコツと手際よくこなすことが得意な人は、やりがいを見いだせるでしょう。お店の棚卸しは閉店後に行われることが多く、深夜の時間帯に勤務する場合は、時給も高くなる傾向にあります。年末から3月までが棚卸しの繁忙期ですので、その時期に空いた時間を有効利用してお金を稼ぎたい人にはぴったりです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    棚卸しを行う場所は、お店の売り場や倉庫です。勤務時間帯は朝から夕方までと夜間の2パターンが多く、お店の場合は閉店後の深夜作業になることもあります。倉庫の場合、空調設備のない場所での作業も考えられますので、夏は飲みものや着替えを用意したり、冬は防寒対策をしたりなどの準備が大切です。また、ほこりっぽい場合もありますのでマスクを用意しておくとよいかもしれません。手を伸ばして商品を取ったり、立ったままで数えたりの仕事もありますので、動きやすい服やスニーカーの着用が望ましい環境です。仕事場によっては、棚卸し以外に接客も任される場合がありますので、募集要項をよく確認しましょう。重たいものを持ち運ぶ場面が少ないところもあるので、力に自信がない人も活躍できます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    棚卸の仕事とは、並んでいる商品の数を正しくカウントすることです。どのくらい売れているか、すぐに発注が必要かなどを判断するために必要な情報なので、経理のことにも関わってきますし、企業にとっては非常に重要な仕事と言えます。 棚卸だけをする場合は、人と話すこともなく自分の担当する部分の棚の商品数をチェックするだけなので、コミュニケーション能力などは特に必要ありませんが、場所によっては二人一組で仕事をすることもあるので注意が必要です。なによりも正確に数を数えることが大切なので、几帳面な方が向いているでしょう。 細かくて数が多い商品は数を数えることがたいへんな事もあり、コツコツと同じ作業を続けることが好きな人が向いています。また、最終的に正しい数を把握するのが目的なので、仮に自分の間違いに気づいた時は不正をせず、しっかりと申告できる倫理感を持っていることも重要でしょう。

ワンポイントアドバイス

棚卸のアルバイトはとても簡単な仕事で特別な能力は特に必要ありません。初心者でもしばらく仕事から離れていた人でも安心して仕事に就くことができます。そしてその割に給料もよいのでオススメです。ただ時期によって仕事の忙しさにとても波があるので、長期で働きたいと考える場合は、仕事が少なくなる期間があることを把握しておいたほうがいいでしょう。

棚卸しの社員・正社員の求人情報
ページトップへ