1日4時間以内(短時間)OK

チューイチ

1日4時間以内(短時間)OKのバイト・アルバイト・パートの求人情報

1日4時間以内(短時間)OKのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    短時間勤務を募集するアルバイトの職種はさまざまです。スーパーのパック詰めやコンビニエンスストアの接客、レジ業務、製造工場スタッフ、コンパニオン、テレフォンアポインターなどがあります。単発で人手を要するオープニングスタッフや混雑する忙しい時間帯のサポート業務、人材を確保しにくい時間帯の業務も多いです。ほとんどがシフト制になっているため、遅刻厳禁・時間厳守で出勤をすることが第1条件となってきます。自分の都合のよい時間帯で仕事ができるため、自由度は高いといえるでしょう。テレフォンアポインターは土日祝日や時間帯によっては時給が高く、成果報酬が支給される企業もありますので、短時間で高収入を得ることが可能です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    少しでも空いた時間を有効活用したいという人にとっては、短時間の仕事は好都合です。デパートの総菜売り場での食材パッケージ詰めや陳列の仕事で出向いたついでに夕食のお買いものをすることも可能です。日中のレストランの仕事では、まかない食が出る職場もあり、1食分のおいしいランチがお得に味わえます。仕分け・梱包などの軽作業やスーパー勤務では、短時間勤務の主婦・主夫同士が多いため、子育ての話をしたり家庭の話をしたりして、職場で会話が楽しめて仲のよい友だちができることもあるでしょう。資格を必要としない簡単な業務や単純作業が多く、すぐに仕事を覚えられますので、はじめやすく長い期間働きやすいというメリットもあります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    スーパーやデパートの食材売り場では、家事と子育ての合間に働く40代から60代の中高年が活躍しています。主に主婦・主夫や会社員と接します。1日に3時間から4時間、週に2日から3日のシフトでも働けます。勤務する人は女性がやや多い傾向にあります。検品や仕分けのアルバイトは、1日5時間ほどで、週1日から働けます。勤務先は比較的静かな場所で、こちらも比較的女性がやや多い職場です。お客様との対話が少ないため、接客が苦手な人でも働きやすい仕事です。ほかにも、フードデリバリーやケータリングサービスなどのキッチンスタッフは、1日3時間、週1日のシフトでも働けますので、空いた時間を有効に使いたい人にオススメです。学生や主婦・主夫、会社員の人と接する機会があり、勤務する人は男性がやや多い傾向にある職場です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    1回の勤務時間が短いため、時間内に効率よく仕事をこなすことが求められます。特別な資格を必要とする仕事は多くありませんが、相応のスキルや資格を持っていますと、短時間で高収入が得られる求人があるかもしれません。たとえば塾講師や医療スタッフがまさにそれにあたり、3〜4時間で高給与が望めます。他にも、保育士資格があれば短時間だけ保育園で働くことも可能です。運転免許証があれば、宅配業者で配達のアルバイトもできます。日本語ワープロ検定や情報処理技能検定といったパソコンのスキルがわかる資格がありますと、データ入力や資料作成などの仕事で活用できます。データ入力の仕事は正確性も大事ですので、まじめにきちんと取り組む人に向いています。

面接ここが大事

point1

明るくハキハキと

短時間のバイトは人材が確保しづらい夜間・早朝の仕事や、お店が混雑する忙しい時間帯のヘルプ的な仕事が多くなります。そのため、短時間でもサッと働ける人材が求められています。未経験でもかまいませんが、仕事に馴染みやすくお客様や他のスタッフとのコミュニケーション力が高い人が好まれます。面接時には誰からも好まれる、明るくハキハキとした印象を与えるよう心掛けましょう。また効率的に働けるフットワークの軽さや、事務処理能力の高さをアピールできると望ましいです。誰とでもすぐに馴染める協調性の高さや、上司や先輩の指示に従える素直で真面目な性格などもアピールポイントになります。短時間である以上、遅刻厳禁で時間のルールを守れることもアピールしましょう。
point2

柔軟性をアピール

空き時間を有効に使いたいと考える方にオススメの短時間バイト。この仕事は早朝や深夜など、あるいはお店が人材を確保しにくい混雑する時間帯にサポートのような形で入ることを求められる場合が多いです。職種はチェーン店からコールセンターとさまざまで、同僚となる人も色々なタイプの人がいるでしょう。このようなバイトで第一に求められる能力は、柔軟性と吸収力の高さです。短時間バイトは未経験者でも採用される可能性が高い一方で、即戦力となる人材を求めている場合が少なくありません。仕事を教える時間も少ない場合があるので、必然的に能力の高い人材を求められることが多いのです。面接でそれらの能力を的確にアピールし、合格への道を掴みましょう。
point3

シフトにたくさん入るべし

短時間バイトはコンビニや飲食店など、さまざまなシチュエーションで求められる求人です。このカテゴリーは深夜の時間帯、早朝の時間帯など希望する人員が少ない時間帯にシフトに入れる方が重宝されます。他の方が希望しない時間帯でも、すぐに入れるということをアピールしましょう。またお店によって、混雑する時間帯に人員の補強として短時間で入ることが求められるケースもあります。混雑するランチの時間帯や、帰宅時間など忙しく余裕のない時間帯にどれだけ的確に仕事をこなせるかが問われます。仕事を早く覚えて戦力になるという、やる気のアピールも欠かせないでしょう。職場の求める短時間という限られた時間内で、能力を発揮できることを面接で伝えることが必要です。

オススメポイント

短時間バイトはさまざまな業種の仕事に、短い時間でシフトに入れます。飲食店や販売店などではお客様のピークの時間帯がたいてい決まっており、その時間だけスタッフの補強をするということがよくあります。店舗や工場などが一番忙しい時間帯でシフトに入ることも多く、短い時間で効率的に稼げるのが魅力です。また夜間や週末などスタッフが少なくなる時間帯を補強するための求人も多く、本業がある方でも副業的に負担をかけずに働くことができます。短時間での業務のため、未経験者OKのところやスキルを問わない職種が多く、スキルが無いので自信を持てないという方でも安心して働けるケースが多い仕事です。子供が帰ってくるまでの午前中だけ、仕事帰りの時間だけ、というように自分の都合に合わせてシフトに入ることができるので、気軽に働けるのが短時間バイトの特徴といえるでしょう。

ページトップへ