チューイチ

夜のバイト・アルバイト・パートの求人情報

夜のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    夜の仕事は、さまざまな職種の中から自分に合ったものを選ぶことができます。接客に興味があれば、居酒屋やコンビニエンスストア、ファミリーレストラン、ファストフード店など深夜まで営業している店舗がたくさんあります。また、人とは接しないアルバイトが希望なのであれば、警備員やビル清掃などの職種もあります。接客は注文を聞いて商品を提供したり、時にはお客様の問い合わせの対応をしたりします。お客様と直接かかわる機会が多いため、言葉遣いや丁寧な応対が必要です。また、警備員や清掃業務では、作業中はほとんど人と接することがありません。黙々と自分の職務を全うすることが大切なので、自己管理できる人が向いています。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    夜のアルバイトは、職種によってさまざまなスキルを身につけることが可能です。居酒屋やファミリーレストランなどの接客業では、さまざまなお客様の対応をしなくてはならないため、接客スキルの幅を広げるチャンスでもあります。また、長期間働いて能力が認められれば、アルバイトのリーダー的な存在としてスタッフを引っ張っていく役割を与えられます。その分、給与にも反映されることも多いので、やりがいにもなるでしょう。警備員や清掃員などの仕事も、勤続年数やまじめな勤務態度によって昇給できる可能性があります。日中はほかの仕事をしていて、さらに稼ぎたい人には、夜のアルバイトが有効となるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    夜のアルバイトは、日中と比べて時給が高いことが多く、やりがいも出ます。コンビニエンスストアや警備員の夜勤務は男性スタッフが多いですが、繁華街にある飲食店は女性も多く活躍しています。職種によって駅の周辺や住宅街、オフィス街など勤務地もさまざまで、通勤しやすい場所を選ぶことが可能です。接客業の場合、さまざまな年齢層の人と接する機会があります。ほかの業種でも、職場の同僚や管理会社の人とのコミュニケーションが必要な場合があります。夜から深夜にかけての勤務の場合は、ライフスタイルが乱れがちになります。朝と夜が逆転した生活を続けること、体に負担を与えることがあるため、休日に生活リズムを整え、日々の体調管理に努めましょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    夜のアルバイトには、特に資格が必要でない職種も多くあります。しかし、ドライバーは運転免許が必要で、飲食店の調理業務には調理師免許が応募条件のこともあります。選ぶ職種によって求められるスキルは異なります。コンビニエンスストアや居酒屋などの接客がメインの職種では、人とのコミュニケーションスキルや丁寧な対応が求められます。たとえほかの業種でも、接客や販売の業務に携わったことがあれば役に立つでしょう。勤務が深夜までおよぶ場合は夜型の人が向いていますが、体調管理を怠らない人でないと難しいです。また、警備員や清掃員の場合は、まじめにしっかりと業務をこなすことができる人でないと勤まりません。
夜の社員・正社員の求人情報
ページトップへ