掛け持ち

チューイチ

掛け持ちのバイト・アルバイト・パートの求人情報

掛け持ちのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。1日4時間以内(短時間)OKの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    掛け持ちで仕事をする場合、時間帯を分けて複数の仕事をするケースと、日によって別の仕事をするケースとがあります。たとえば、昼間はファミリーレストランやカフェなどのフロア業務をして夜はコンビニエンスストアのレジ業務をする、平日は事務の仕事をして週末だけ塾の講師をするなどといった働き方が考えられます。いずれにしても働き方や場所、時間が多岐にわたるため、自分にあった仕事を見つけることが大切です。シフト制になっている職場や月に数回しかない仕事、勤務時間が明らかに違う職場などは掛け持ちがしやすいといえます。また在宅ワークと勤務先に出勤する仕事の組み合わせも、掛け持ちしやすいでしょう。無理のない範囲で働くよう心がけないと「ダブルブッキング」の可能性もあるので、正確にシフト管理をし、職場に迷惑をかけないよう十分な注意と配慮が必要です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    掛け持ちで仕事をすることのメリットはたくさんあります。空いた時間を有効に使って収入を増やせることはもちろん、異なった業種や雰囲気の職場で働くことで、キャリアに対する視野が広がっていくことも考えられます。興味がある仕事に少しでも触れてみたい、未経験で自信がないけど少しずつでも仕事を覚えていきたいなどといった気持ちがあるのであれば、掛け持ちをしながらスキルアップを目指すのもいいでしょう。昼間はずっと座ったままのデスクワークなので、週に複数回ヨガのインストラクターをして体を動かすというように、ライフスタイルのバランスをとるために掛け持ちで仕事をする人もいます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    働く環境は勤務先によってさまざまですが、複数の仕事を掛け持つため、どの職場でもシフト管理が重要となってきます。無理をして働きすぎて体調を崩してしまうと、それぞれの職場に迷惑をかけることになるので、体調管理やシフト管理には十分注意をしましょう。無理なく掛け持ちを続けるためには、休日の単発の仕事や週に数回の仕事からスタートするといいかもしれません。また、掛け持ちをする際は、必ず掛け持ち、ダブルワークをしてよいかを勤務先に確認することが大切です。勤務先によっては掛け持ち、ダブルワークを禁止していることもあります。最悪の場合、両方の職場で働けなくなってしまうケースも考えられます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    掛け持ちでアルバイトやパートをする際にもっとも重要なのは、スケジュール管理のスキルです。2つの仕事を同じ期間内にするわけですから、当然、自分がこなさなければならない仕事の量も増加します。シフトが重ならないように注意することはもちろん、任された仕事を期間内に確実に終わらせるために作業量をコントロールする能力が必要となるでしょう。シフト管理アプリなどを利用して効率良くスケジュールを組むことをおすすめします。また、掛け持ちを歓迎している仕事には、初心者でも無理なく働ける職種が多いため、ときには応募者が殺到するケースがあります。面接では働く意志や意欲をはっきりと伝え、責任感の強さをアピールすることも大事でしょう。

シフト調整を上手にしよう

掛け持ちでバイトやパートを行っていくためには、「シフトの調整」が大事になってきます。複数のバイト・パートを掛け持ちするには、それぞれの時間的な拘束が厳しいとシフトの調整も難しくなってしまうものです。仕事が重なってしまって後から慌ててしまわないためにも、働き始める前にしっかりとスケジュールを組んでおくようにしましょう。一番管理がしやすい方法は、「曜日ごとに働く仕事を決める」ことです。月・水にはAという仕事、火・木はBという仕事、金・土はCという仕事といったように組んでいけば、仕事が重なってしまって困るといった事態を防ぐことができます。勤務時間に合わせて、夕方Aの仕事が終わったら夜はBの仕事というように組んでしまうと、万が一Aの仕事で残業が必要になってしまった場合に困るものです。ただ、いくら効率的にシフトを組んでも働き過ぎには注意が必要です。週に1日は最低でも休みがとれるようにして、無理のない範囲でシフトを管理することも大切になってきます。そして、何かあったときのためにも、バイト・パート先には必要に応じて掛け持ちで仕事をしていることを伝えておきましょう。

志望動機の書き方・話し方

バイトやパートの掛け持ちをしようとする場合、履歴書で志望動機を書くときに気をつけておきたいポイントとして「ダブルワーク志望」としっかりと書き、採用担当者に掛け持ちで働きたい意志を示しておく必要があります。そのうえで、「自分のアピールポイントをしっかり整理しておく」ことです。学生時代の経験やこれまで磨いてきたスキル、取得した資格を応募先で活かせるものなどのアピールを盛り込んでみましょう。また、ダブルワークをしている点も志望動機の内容として活かせます。「とにかく一生懸命に仕事がしたい」「この曜日はしっかりと働けるので頑張りたい」といった、仕事に対する意欲を示すことも大切です。人気の仕事であれば応募者も多数となってしまうので、内容が伝わりやすく書くことも大切になります。「結論」から書くことを意識して、具体的なエピソードを絡めながら話題を展開していきましょう。自分の体験を語るときにはつい視点が偏ってしまいがちになるので、5W1H(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どうなった)を意識して書いていきましょう。志望動機は面接まで進むことを念頭にして書く必要があるため、背伸びをしてむやみに自分を良く見せようとしてはいけません。あくまで誠実に志望動機を伝える姿勢が大切です。しっかりとした志望動機ができていれば、面接のときには落ち着いて話をすれば問題ないといえます。

副業・WワークOKの社員・正社員の求人情報
ページトップへ